最近変わったよな…彼氏が別れを考える彼女の「残念な変化」とは

愛カツ

2020/9/8 21:45


大好きな男性と両思いになれたら、末永くラブラブでいたいと思いますよね。

でも、残念ながら、付き合い始めてから彼氏に悪い方に変わったなと思われ、フラれてしまう女子もいます。

今回は男性が別れを考えてしまう彼女のガッカリな変化を紹介します。

最近変わったよな…彼氏が別れを考える彼女の「残念な変化」とは

■ 見るからにだらしない

化粧っ気なし、デートなのにジャージ姿……。見るからにだらしないと、当然のことながら彼を幻滅させてしまいます。

そもそも素の状態に戻っただけなのに「変わった」と言われるのは不服かもしれません。

しかし、恋愛を長続きさせるには「相手に夢を与え続けること」が必須なのです。女を捨てている女、は、彼になんの夢も与えません。

彼女に、出会った頃のようなときめきを再び感じたいことが男性にもあります。またデートでは、「ステキな大人のカップル」としてステータスのある飲食店やホテルを利用したい気持ちもあります。

仮に彼があなたの前でオナラをするようになっても、あなただけは女性としての美意識を保つようにこころがけましょう。

■ 彼へのリスペクトがなくなった

付き合いが長くなるにつれて、彼を否定するような言葉が出てくるようになったとしたら……。

自分へのリスペクトがなくなったように感じられ、その変化には、別れも考えさせてしまうことがあっても不思議ではないでしょう。

男性にとって、自分を否定されることはこの上なく嫌なことです。そのため、言いたいことを言うときは、言い方に気をつける必要があります。

「どこに行っていたか何で教えてくれないの!?」と怒鳴ったり、「そんなの絶対おかしいよ」と決めつけたりすると、100年の恋も一瞬で冷めてしまいます。

DVや浮気など、あなたがヒドい扱いを受けた場合は例外ですが、相手に変わってほしいと思うことは、基本的には自分のエゴです。

もし彼にしてほしいことや、やめてほしいことがあったら、できるだけ言葉を選び低姿勢でお願いしましょう。

■ 仕事で後輩にキツく当たっている様子

彼女の仕事の電話を聞いてしまい、後輩にキツく当たっている姿にはドン引きしてしまいます……。

「昨日が締め切りでしたよね。どうしてできなかったんですか!?」
「それ前にも言いましたよね。メモを取っていなかったんですか!?」

責め口調でこんなことを言うようになっていたら、要注意です。

責任ある立場になったことで、あなたもストレスを感じているのかもしれません。

でも男性は、よほどの実力者か、強いリーダーシップを取るような場面を除き、基本的に偉そうにする人間が大嫌いです。

特に自分の彼女においては、可愛げがあってほしいと思うもの。

パワハラで訴えられないためにも、誰が相手であっても、冷静沈着を心掛け、相手を尊重したコミュニケーションをとるようにしましょう。

■ 物事が長続きしない本性を見てしまった

彼女の飽きっぽく物事が長続きしない姿も幻滅ポイントのようです。

たとえば趣味のサークルで知り合った場合、同じ趣味をこの先も一緒に楽しめると思ったから付き合った、ということもあります。

でも、すぐにその趣味に飽きている様子であれば、「彼女と付き合う意味は?」と疑問を抱かせてしまいます。

また、飽きっぽい人は、恋愛はおろか仕事も不安定な傾向になるので何かと不安がつきまといます。

コロコロ気が変わりやすい人は、彼のことだけは大切にする、仕事だけはきっちりやる、などメリハリを分かりやすく彼に見せるようにしましょう。

■ 愛され女子は「自分の甘やかし方」がうまい

気を抜いたり、愚痴をこぼしたり、嫌なことを投げ出したりしたくなることは誰にでもあるはずです。

ここで彼に「変わったな」と思われてフラれてしまう女子と、愛され続ける女子とでは礼儀作法に違いがあると言えそうです。

愛され続ける女子は、周囲にできるだけ迷惑をかけない方法を無意識に選んでいるのです。

意識を変えると行動が変わり、行動が変わると習慣が変わると言われます。

何をするにも、彼や他人に迷惑をかけない方法を意識してみることから始めてみましょう。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ