「ドコモ口座」で不正利用が発生、一部銀行で登録を停止


NTTドコモは9月8日、一部の銀行で、ドコモ口座を利用した不正利用が発生しているとして注意を呼びかけた。不正に取得された銀行口座番号やキャッシュカードの暗証番号などを悪用したものだという。

ドコモ口座は、NTTドコモの決済送金サービス。一部ATMやコンビニなどからの入金や、d払い加盟店での支払いが行なえるほか、銀行口座を登録し本人確認した場合は、ユーザー同士の送金/受け取り、払い出しなど出金にも対応する。

ドコモ口座の公式サイトによると、「七十七銀行」「中国銀行」「大垣共立銀行」の3銀行について、現在緊急メンテナンスを実施。銀行口座の登録、変更受付を停止しているという。

七十七銀行と中国銀行、および大垣共立銀行では、ドコモ口座において、不正に盗み出された口座番号やキャッシュカードの暗証番号といった利用者情報を使用した不正利用が発覚したと注意喚起している。また、当面の間、ドコモ口座の登録に使用している「Web口振受付サービス」を停止すると発表した。

七十七銀行、中国銀行、大垣共立銀行、およびドコモでは、今回の不正利用は自社システムから情報が漏洩したものではないとしている。ドコモは被害に関する調査、対策について、銀行と連携して対応するとした。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ