「カラオケでいまだに歌います」GRANRODEO・KISHOWが “疾走感”をテーマに選んだ曲は?

TOKYO FM+

2020/9/8 20:00

結成15周年を迎えたロックユニット“GRANRODEO”のボーカル・KISHOW(谷山紀章)とギタリスト・e-ZUKA(飯塚昌明)がパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「GRANRODEOのまだまだハートに火をつけて」。9月1日(火)の放送は、番組恒例の選曲企画「ハートに火がつく、プレイリスト!」をお届け。今回のテーマ「疾走感・スピード」で2人が選んだのは、世界でヒットしたハードロック/ヘヴィメタルの名曲でした。



(左から)KISHOW,e-ZUKA

【KISHOWが選ぶ“疾走感・スピード”にあふれた1曲】
「Speed King」ディープ・パープル


KISHOW:わりとタイトルそのまま。“疾走感、スピード”といえば、スラッシュメタル、ジャーマンメタル……メタル系を探ればいっぱいありますよ。疾走感だけだと、いまだギネスにも載っている2秒の曲(「You Suffer」ナパーム・デス)があるし。

e-ZUKA:“ウショショショ~♪”ってヤツね。

KISHOW:それではオンエアに耐えられないので(笑)。僕はわりと王道に近いところで、ディープ・パープルを。

e-ZUKA:おっ、聴いたことはある(笑)!

KISHOW:ディープ・パープルにど真ん中で触れてきた世代じゃないんだけど、ものすごく長いこと続けていて……第何期まであるような人たちでしょ?

e-ZUKA:そうですね。

KISHOW:5人編成で、楽器隊が多くて“カッコいいじゃん!”と。

e-ZUKA:高校生になってから聴いたの? 中学生?

KISHOW:どっちだったかなぁ。ディープ・パープル自体は知っていたけど、俺が高校のときにアルバムを出して、そこで初めて聴いたのね。それで、昔の曲を掘っていったら「Highway Star」だとかが出てくる……つまり(今日紹介するのは)「Highway Star」ではないということですね(笑)。

e-ZUKA:ハハハ。「ハイウェイ・スター」を聴いて、きーやんの年代は“古臭~い!”って思わなかった?

KISHOW:ちょっと思ったかもしれないけど、90年代の人たちのルーツミュージックなのかな、って思った。でも、リフ(反復して演奏するフレーズ)がことごとく新鮮で。それで、今回のテーマ“疾走感・スピード”でいうと、その名もズバリ「Speed King」。調べましたら、1970年にシングルカットされている曲で、ボーカルがイアン・ギランですね。“こういう声で歌ってみたい”と、憧れた時期もありました。やっぱり、“ジャジャ、ツツツツ、ジャジャ♪”が、すごく有名。あぁ……いいシャウトだ。

e-ZUKA:ハハハ。

KISHOW:“Ah~、hahaha!♪”これをやりたかったんだよな(笑)。いまだにカラオケに行くとこれを歌ったりします。

【e-ZUKAが選ぶ“疾走感・スピード”にあふれた1曲】
「Speed」LOUDNESS


e-ZUKA:“スピード”っていうと、俺も“どストレート”。「男の! 炎の!」みたいなところがあるじゃないですか。だから僕はLOUDNESSです。

KISHOW:おー、LOUDNESS。

e-ZUKA:「Speed」は(LOUDNESSの)3枚目のアルバム『THE LAW OF DEVIL'S LAND~魔界典章』に入っているんです。“スピード”という意味では、このアルバムに収録されている「In The Mirror」でも良かったんですけどね。「In The Mirror」や「Speed」は、まだアメリカでアルバムが出てない時代に、あっちの人が多分輸入盤で買って、ラジオ局で流したらLOUDNESSが人気になっちゃって。

KISHOW:へ~!

e-ZUKA:それで、ロサンゼルスでライブをやったんです。その後、高崎(晃)さんはメタリカとかにも誘われたわけですよ。

KISHOW:(もしかしたら、)カーク・ハメットじゃなしに……。

e-ZUKA:(メタリカのギタリストが)アキラ・タカサキになっていたかもしれない。

KISHOW:すごいなぁ、それ。

e-ZUKA:だから当時、晃さんが使っていたESPの「ランダムスター」というギターにも憧れました。ちなみに、高崎さんが今使っているギターメーカーはキラーギターズっていうんですけど、これは“アキラー”からきています。ちょっと話がそれましたけど、「Speed」は海外でも人気があって、すごいスピードのめちゃ速の曲ですね。

KISHOW:疾走感! 高崎晃ここにあり! 二井原実(LOUDNESSのVo)ここにあり!

e-ZUKA:僕らのファンの人は分かると思うけど、(ギターを弾きながら)このAメロのリフは、僕らの曲にもありますよね。“僕らの曲にもあります”っていう言い方もなんですけど(笑)。

KISHOW:(爆笑)

e-ZUKA:先ほどのディープ・パープルの時代から(似たリフが)脈々と続くわけですよ。「Highway Star」のリフを速くすれば、こうなる。LOUDNESSの「Lonely Player」という曲でも使われていますけど、この(ギターでコードを鳴らす)響きがカッコいいんだよね。

KISHOW:もうe-ZUKAさんにはぜひ、「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)に出て欲しいですね(笑)。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年9月9日(水)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:GRANRODEOのまだまだハートに火をつけて
パーソナリティ:GRANRODEO(KISHOW、e-ZUKA)
放送日時:毎週火曜21:00~21:30
番組Webサイト:http://mv-sp.gsj.bz/view.page/menu/program/gr/mada2/top

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ