鬼と鬼殺隊の戦いの歴史を北海道で追体験! 『鬼滅の刃』全集中展

2020年10月17日(土)~11月8日(日)の期間、サッポロファクトリー3条館3階にて『TVアニメ「鬼滅の刃」全集中展』が開催されることが決定した。

今年5月に『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)にて完結を迎えた人気漫画『鬼滅の刃』は、コミック累計発行部数が8000万部を超え、社会現象となるまでのヒットを続けている。
その人気を押し上げたのが、2クール、全26話で放映されたTVアニメで、幅広い層に支持を得た。

本展は、TVアニメ『鬼滅の刃』”竈門炭治郎 立志編” の振り返りと、2020年劇場版『鬼滅の刃』無限列車編へと続く内容で、鬼殺隊の新人隊士となって、TVアニメ『鬼滅の刃』にまつわる映像・制作資料等を通じ、”鬼と鬼殺隊の戦いの歴史” を追体験していただくイベントとなっている。
さらには展覧会オリジナルグッズも多数ご用意し、TVアニメ『鬼滅の刃』の世界を存分に楽しむことができる。

チケットは全日日時指定制で、一般 1500円(前売り1300円)、高校生900円(前売り800円)、中学生700円(前売り600円)、小学生500円(前売り400円)。
グッズ付き入場券は3000円(前売り2800円)で一般のみとなっている。音声ガイド引換券(A/B)は700円だ。
9月15日(火)17:00よりローソンチケットにて第一次抽選受付開始しているので、チェックをお忘れなく!

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ