『半沢直樹』制作陣、「“倍返し”で恩返ししていきたい」と意欲 

 TBSの10月期番組改編説明会が8日、オンラインで開催され、編成局長の瀬戸口克陽氏、編成部長の福士洋通氏、編成部企画総括の三島圭太氏、国山ハセンアナウンサー(司会)が出席。説明会では、瀬戸口氏が堺雅人主演の日曜劇場『半沢直樹』(毎週日曜21時)をはじめ、好調なドラマについて言及した。

瀬戸口氏は、『半沢直樹』の反響を「世代を超えた多くの人に観てもらっていて、視聴率も期待以上。ありがたい」と感謝し、「作り手が思っている以上に、視聴者の方に様々な角度から楽しんでもらっているのも特徴」と好調の理由を分析。

第8話は制作が間に合わなかったため1週延期し、代わりに『生放送!!半沢直樹の恩返し』が6日に放送されたが、「“最高の時”を届けるためのギリギリの判断でしたが、全国の視聴人数は2800万人でした」と手応えを明かし、残り3回の放送について「最高の『半沢直樹』を届けられると感じている。現場も“倍返し”で恩返ししていきたいと頑張ってくれてます」とコメントした。

最終回の視聴率について願望を問われると、「福澤(克雄)監督と視聴率を追い求めて作ると、ろくなことにならないと話していて。ここはある意味、原点に立ち返って、まずは何がベストになるのかを追求することに集中したい」と明言を避けた。

また、多部未華子主演の火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』や、綾野剛と星野源がダブル主演の金曜ドラマ『MIU404』も好調だったが、瀬戸口氏はその要因を「企画ありきで進めてきたこと」と力強く回答。10月からスタートする森七菜、中村倫也出演の『この恋あたためますか』(毎週火曜22時)、木村佳乃、吉田羊、仲里依紗出演の『恋する母たち』(毎週金曜22時)、妻夫木聡、吉高由里子出演の日曜劇場『危険なビーナス』(毎週日曜21時)に関しても、「制作はプレッシャーを感じず、3作品ともフルスイングしてほしい」と期待を込めた。

ドラマ以外の改編では、立川志らくがMCを務める『グッとラック!』(毎週月曜~金曜8時)が28日からリニューアル。田村淳(ロンドンブーツ1号2号)が全日レギュラーとして参加するが、三島氏は起用理由を「スペシャルウィークで出演した際、評判が良かったことと、より若い人に観てもらいたいと思ったため」と明かし、「スケジュール的に難しかったのを、淳さんが調整してくれた」と感謝。また、「メインコメンテーターになると思う。自由に忖度なく思ったことを発言してほしい」と思いを口にしていた。

ほか、家にいながら人気トレーナーと健康美を目指してエクササイズをする新番組『Let’s!美バディ』(毎週月曜~木曜9時55分)も28日からスタートする。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ