『CDTV』森山直太朗が大トラブルに…「放送事故みたい」「大丈夫だろうか」

まいじつ

2020/9/8 11:05


(C)StoryTime Studio / Shutterstock 

9月7日放送の『CDTVライブ! ライブ!』(TBS系)に出演した歌手の森山直太朗が、中継で思わぬハプニングに見舞われた。視聴者は「放送事故だ」などと話題にしている。

番組冒頭、森山は千葉の無人駅・上総鶴舞駅に日比麻音子アナウンサーとともに登場し、レポート。登録有形文化財のもとで楽曲『夏の終わり』を歌った。

歌の収録は事前に終えていたようだが、日比アナウンサーは「ただ、ハプニングがあった」と明かす。森山も「ロケならではの予期せぬ、ちょっとだけ予想を超えてくる出来事がありました」と前フリした。

歌のVTRでは、森山はギター1台で歌唱。セミの音が鳴るなど穏やかな天候の中で1番の歌詞を歌い終える。しかし2番のサビに入るところでカメラには水滴がつき、風鈴の紙部分が激しく揺れ始めた。

歌唱中に現場が土砂降り…ずぶ濡れ


森山が示唆していたハプニングはゲリラ豪雨だった模様。大サビでは、激しい雨粒が森山の周辺に打ち付けた。あまりに多くの水滴に、駅舎の屋根からは雨水が大量にしたたる。緑色の森山のシャツはたちまちずぶ濡れに。それでもなんとか歌い上げた。

画面が生放送に切り替わると、森山は「ちょっとだけ想像を超えてきたでしょ?」と口に。「神様の粋な演出に楽しませていただきました」と笑い、後に楽曲『見上げてごらん 夜の星を』をカバーした。

森山の言う通り、思わぬハプニングに見舞われたが、視聴者は無事に歌いきった森山を称えていた。

《途中から風強くなってきて風鈴は大暴れだし、容赦ない土砂降りで最後びしょびしょになってて笑っちゃった…ずるい…》
《森山直太朗、雨すごい!歌い始め全然降ってなかったのに》
《CDTV観てたら、最初止んでたのに、最後には放送事故みたいな土砂降りの中歌う森山直太郎見て元気出たw》
《持ってるねー!ゲリラ豪雨直撃とかなかなかお目にかかれない》
《随分どしゃ降りの中歌ったみたいで。大丈夫なのだろうか》

森山の歌手魂を感じさせる一幕だった。

【画像】

StoryTime Studio / Shutterstock

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ