小芝風花、生霊登場で人生最大の危機『妖怪シェアハウス』第7話


女優の小芝風花が主演するテレビ朝日系ドラマ『妖怪シェアハウス』(毎週土曜23:15~)では、12日に放送される第7話で、小芝演じる目黒澪に人生最大の危機が訪れる。

気弱で空気ばかり読んでいた女の子・澪が、妖怪たちに助けられながら、たくましく成長していく姿を描く同ドラマ。

第7話では、藤井美菜が演じる生霊が登場する。生霊は生きている人の怨霊と言われており、特定の相手に執着するなど、悪影響を与えるとされている。そんな生霊に対しては、妖怪たちさえも怯え、手も足もでない。

これまで澪を窮地に追い込んできた敵とはまったく異なった、最強の敵・生霊。そもそもなぜ澪は恨みを買うことになってしまったのか、そして、妖怪たちさえも太刀打ちできない相手に、澪はどうなってしまうのか。

澪に最大の危機が訪れるなか、ゲスト妖怪としてヨモツシコメ(峯村リエ)が登場する。全身ヒョウ柄ファッションに身を包み、カラオケマイク片手に大阪弁で軽快なトークを繰り広げる、まるで大阪のおばちゃんのような峯村版・ヨモツシコメ。座敷童子(池谷のぶえ)とは大親友という設定で、なぜかクライマックスでは、2人が「大阪ラプソディー」をデュエットで披露する。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ