リチャード・ギア、ブレイク・ライヴリーら豪華キャストでロマコメ映画制作へ

 リチャード・ギア、ダイアン・キートン、ブレイク・ライヴリー、リン=マヌエル・ミランダら豪華キャストで、ロマンティックコメディー映画『The Making Of(原題)』が制作されることが明らかになった。Deadlineが報じている。

ダイアン&リチャード演じる長年連れ添った“フィルムメーカー”夫妻と、ブレイク&リン=マヌエル演じる情熱的な“役者”カップルの2組を中心に描かれる本作。

“フィルムメーカー”夫妻が、自分たちの大恋愛を映画化し、“役者”カップルに自分たちの若いころを演じさせようととキャスティング。しかし、不幸なことに撮影が始まる前に自身の結婚生活が破綻してしまう。夫妻は作品をヒットさせたいが、演じるカップルは真実を伝えたい。実生活と映画が絡み合ったとき、彼らは<真実の愛>と<映画の中の愛>を区別することが出来るのか、というストーリー。撮影は、来年春スタートを予定している。

プロデュースは、『I am Sam アイ・アム・サム』や『ラスト サムライ』を手掛けたエドワード・ズウィックとマーシャル・ハースコビッツが、2人の制作会社ベッドフォード・フォールズ・カンパニーを通じて行い、脚本も手掛ける。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ