ヒロシ、YouTuberとして再ブレイク! 初のキャンプ本で愛用道具や実践術などこだわりを公開

BOOKSTAND

 「ヒロシです」のフレーズで始まる自虐ネタで一世を風靡したピン芸人のヒロシさん。今ではソロキャンパーブームの先駆者として人気を集めており、ソロキャンプの様子をおさめた動画を配信するYouTubeチャンネル「ヒロシちゃんねる」は登録者数93万人を超えています。

そんなヒロシさんのキャンプ道具、キャンプテク、動画撮影の極意などを惜しみなく公開した一冊が『ヒロシのソロキャンプ-~自分で見つけるキャンプの流儀~』です。

本書は、ソロキャンプに興味を持つ人、これから挑戦してみたい人にピッタリの内容です。たとえば第1章「ヒロシの全キャンプギア」では、テントやハンモック、寝袋、調理器具など、キャンプに必要な道具について、第2章「実践!いざソロキャンプへ」では、キャンプ場選びやサイト設営、調理などについて詳しく書かれています。ソロキャンプをするにあたってどんなアイテムをそろえればよいか、現地ではどう過ごせばよいかがわかり、初心者向けのソロキャンプガイドとして役立つ情報が満載です。

本書が他のハウツー本と違うのは、「ヒロシ流キャンプ」のこだわりがあふれんばかりに詰まっている点です。ヒロシさんは「自分勝手に載せたい写真を載せ、書きたい文章を書いただけの、これまで僕が出した本の中でもいちばんわがままな本に仕上がった」(本書より)と記していますが、その「わがまま」にこそ、ブーム先駆者の人気の秘密が隠されていました。

たとえば、さまざまな種類があるテントの中でも、ヒロシさんが愛用しているのは「パップテント」。「ドームテントと違ってポールだけでは自立しないし、重量も重く、さらに床の生地がないので建てる場所は限定される」(本書より)というデメリットもあるけれど「何よりサバイバル感を味わえるし、自然との一体感がたまらない」(本書より)とヒロシさんは言います。これがヒロシさんの「僕のキャンプは『無骨さ』がテーマだ」(本書より)というマインドにピッタリ。ほかにも、使っているアイテムやキャンプ場での過ごし方の一つひとつに思い入れがあり、読むほどにソロキャンプの奥深き世界へどんどん引き込まれていきます。

最低限のマニュアルはあるものの、あとは一人ひとりが自分の好きなようにこだわり、カスタムできるところがソロキャンプの醍醐味といえるのかもしれません。達人のヒロシさんを参考に、それぞれが自身のソロキャンプのスタイルを見つけていく。それもまた本書の楽しみ方ではないでしょうか。

当記事はBOOKSTANDの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ