メンテ中「新型オービス」で見えた箱の中身は?


警察庁が「モデル事業」として導入した、センシス社の固定式の新型オービス。固定式の「SWSS」と可搬式の「MSSS」があります。現在、固定式のSWSSは埼玉県と岐阜県に配備されています。その「SWSS」のメンテナンス現場に遭遇したことで、新型オービスの内部を確認することができたのです。

メンテ中「新型オービス」で見えた箱の中身は?

新型オービスは定期的にUSBメモリ回収


センシス社のメンテナンスと思われる作業現場に遭遇したのは、埼玉県内北本市に設置されたセンシスの固定式オービス「SWSS」。内部ユニットの交換作業をしていた現場を発見したのです。

センシス社員と、販売代理店であり公判対応などを行う沖電気工業、さらに保守担当の日本ソルテックのエンジニアと思われる作業者各1名が、カメラの交換や動作確認などを行っていました。

オンラインによる集中管理を行っていないSWSSは、定期的に埼玉県警の担当者が撮影データの入ったUSBメモリの回収を行っています、現場に警察官が立ち会っていないことから、個人情報を含む違反データの回収ではなく、純粋なオービスのメンテナンスを行っていたものと思われます。

新型オービスに日本製のデジタル一眼


センシス社の新型オービスにより速度違反の取り締まりを受けた男性による否認裁判で、同社オービスは定期的に内部ユニットがスウェーデンの本社に送られ、校正作業が行われていることが明らかになっています。当日の作業は、まさにこの内部ユニットの交換作業だったようです。

分厚いマニュアルを抱えた作業者が、SWSSの背面扉を開けて内部ユニットを取り出すと、そこにはレンズに赤外線フィルタの付いたニコンのデジタル一眼レフ(D3200?)が見えました。

フィルム時代のオービスには、YASHIKAの一眼レフが搭載されていたもの。最新の海外製オービスにも日本製カメラが搭載されているのは、何とも感慨深いところです。

ユニットの交換やカメラの撮影テストなどを行い、1時間程度で作業は終了。最後に埼玉県警の警察官がオービスのカギを回収して、撤収していきました。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ