恋の結末が見え見え?付き合っても「長続きしない彼氏」の特徴

愛カツ

2020/9/7 15:45


付き合うなら関係が続く彼氏がいいですよね。しかし、相手選びの段階で決まります。

長続きしないタイプを選んだら、そこでもう恋の結末は見えているんです。

安定した恋愛が続かない彼氏とは一体……? 長続きしない彼氏の特徴を詳しく見ていきましょう。

恋の結末が見え見え?付き合っても「長続きしない彼氏」の特徴

■ こだわりが強い

意志が強く男らしい彼氏は素敵ですが、度がすぎると頑固で衝突しやすくなります。

恋愛はお互いの価値観をすり合わせることで良い関係が築けるので、協調性に欠けるタイプはやっぱり長続きしないでしょう。

人の意見に耳を傾けない、小さなことも譲らない、自分の考えを他人に押し付けるといった行動を取る男性には要注意。

どんなに頭が良くても社会的実績があっても、こだわりが強すぎる人と付き合うと疲れてしまいます。

交際を続けるためには自分が折れるしかなく、ストレスが溜まりやすいのです。

「本当は違うんだけど……」「私ばかり我慢している」そんな不満が占めるようならば、自分から別れを切り出す可能性もあります。

■ 落ち込みやすく立ち直りにくい

繊細なタイプは気遣いができて乙女心を読むのも上手ですが、神経が細やかすぎて打たれ弱いところがあります。

たとえば、仕事でミスをするとロクに話もできないほど落ち込み、声をかけても布団にくるまったまま出てこないとか。

人間関係を築くのが苦手で、他人のちょっとした言動に傷ついてしばらく引きずるなど。メンタルのセルフコントロールがうまくできない彼氏は扱いに困ってしまいます。

また、センシティブな彼氏とケンカをすると仲直りするまでに時間がかかるはず。

ひたすらふさぎ込んで話し合いに応じない場合、中途半端な状態でフェードアウトすることも少なくありません。

安定したメンタルを維持できないタイプとはやっぱり長く付き合えないでしょう。

■ 彼女に対する興味が薄い

「彼女に興味を持てないのは好きじゃないってこと?」と思うかもしれませんが、そうではなく。彼女のことは好きだけど興味が持てない男性はたしかにいるのです。

たとえば、性格や行動パターンに共感できて居心地が良いとは思っても、彼女の仕事や趣味にはまったく関心がないとか。

「もうちょっと私のことを知ってほしい」と彼氏に不満を抱くなら、それはもう恋人ではなく友人に毛が生えただけの人でしょう。

このタイプの男性は彼女に文句をあまり言わない分、求めるものも希薄で張り合いがありません。

ひどいと誕生日や大事な記念日すら忘れてしまうので、腹立たしさを通り越して呆れてしまうはず。

「なんでこんな人と付き合っているんだろう?」と疑問を抱くまで、そう時間はかからないでしょう。

恋人同士として付き合うなら、やっぱり自分に興味を持ってくれる人が良いのです。

■ 長続きする彼氏を見つけるために

関係が長く続く彼氏は、今回述べた内容とは真逆のタイプ。以下のような特徴の男性に注目すると良さそうです。

・協調性があり柔軟

・メンタルが安定している

・多角的に興味を持ってくれる

また、二人で新しい趣味を始めるとか、一緒に同じ分野を勉強するなど、同じ視点を持てるカップルは長続きするとも言われます。

「何でも一緒。いつでも一緒」を嫌う男性は多いですし、度を超すと煩わしく思われますが、共通項があった方がまったくないカップルに比べると関係は長く続くでしょう。

ただ一緒にいるだけよりも、お互いに興味を持って語れる話題があった方が良いですから。

外見の良さや直感に惑わされず、内面までじっくり見て長続きする男性を選ぶことが大切です。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ