ビヨンセ/ジャネール・モネイなど、DCコミックスから偉大な女性17人を紹介するグラフィック・ノベル出版へ

Billboard JAPAN

2020/9/7 13:00



DCコミックスが、『Wonder Women of History』と題された、ビヨンセや政治家のアレクサンドリア・オカシオ=コルテスなどの実在する偉大な女性17名の半生を描いた、ヤング・アダルト向けグラフィック・ノベルのアンソロジーを発売する。

オリジナル・グラフィック・ノベル『Wonder Woman: Tempest Tossed』の作者であるLaurie Halse Andersonが編集したこのコレクションの各話は、全て女性かノンバイナリーの作家が担当しており、DCコミックスのブログによると、物語の主人公たちはそれぞれが科学、スポーツ、エンターテインメント、政治、社会的公正などの分野で「象徴的なワンダー・ウーマンの弟子」と言える活躍を続けている女性たちばかりだ。

『Wonder Women of History』で紹介される女性たちは、ビヨンセ 、ジャネール・モネイ、米最高裁判事ルース・ベイダー・ギンズバーグ、当選時米史上最年少の女性下院議員となったオカシオ=コルテス米下院議員、エリザベス・ウォーレン米上院議員、 米議会初のパレスチナ系女性議員ラシダ・タリーブ米下院議員、カナダで初めて先住民女性が立ち上げた航空会社Iskwew Airの創立者兼CEOのTeara Fraser、LGBTQ+活動家のイーディス・ウィンザー(Edith Windsor)、トランスジェンダー活動家でストーンウォールの反乱の象徴だった故マーシャ・P・ジョンソン、パークランド銃乱射事件の生存者で銃規制活動家のエマ・ゴンザレス、障がい者権利活動家のジューディス・ヒューマン(Judith Heumann)、NASA初のヒスパニック系女性宇宙飛行士エレン・オチョア、新型コロナウイルスがコウモリ由来の可能性が高いことを突き止めた研究チームのリーダーで、中国科学院武漢ウィルス研究所の石正麗(せき・せいれい/Shi Zhengli)副所長、グランド・スラムを23回優勝しているテニス選手セリーナ・ウィリアムズ、米人気コメディアンのティグ・ノタロ、ハワイ出身の日系米国人女優ケイコ・アゲナ、そしてオリンピックの個人種目で初めて金メダルを獲得したアフリカ系アメリカ人体操選手ドミニク・ドーズ(Dominique Dawes)となっている。

『Wonder Women of History』は2020年12月1日に全米の書店に並ぶ予定で、プレオーダーが開始されている。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ