ナイツ塙、週15時間半ラジオ生放送に危機感!?「話すことなくなってくる」


お笑いコンビ・ナイツの塙宣之と土屋伸之が6日、フジテレビのトークイベント『久保みねヒャダこじらせオンラインライブ』にゲスト出演した。

漫画家の久保ミツロウ、エッセイストの能町みね子、音楽プロデューサーのヒャダインによる同イベントは、月1回ペースでフジテレビ本社や湾岸スタジオを会場に開催していたが、新型コロナウイルスの影響で、現在はオンライン形式で実施。これまで、出演者はぞれぞれ自宅から出演していたが、今回はフジテレビの社屋に久々に集結した。

ナイツは、7日からニッポン放送で新番組『ナイツ ザ・ラジオショー』(毎週月曜~木曜 13:00~15:30)がスタート。従来担当している同局『ラジオビバリー昼ズ』、TBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』と合わせ、毎週15時間半もラジオの生番組に出演することになる。

この状況に、能町は「完全にラジオの人になっちゃうなと思いました」と驚き。塙は「思ってもみなかったですね」と言いつつ、「どうしたらいいと思いますか? もう話すことなくなってくると思うんですよ。(新番組は)30分フリートークなんで、なんとか1年くらいは“消しゴムサッカー”の話でいいと思うんですけど…」とボケをかまし、土屋は「誰も聞かないわ、そんなの」と即座にツッコミを入れた。

この“消しゴムサッカー”とは、土屋が10歳の頃に考案した1人遊びで、キン肉マンなどのキャラクターの消しゴムを選手に見立て、ノック式ボールペン、サイコロを使ってサッカーを行うゲーム。今や、リアル大会を開催したり、本格的なサッカー情報番組『FOOT×BRAIN』やスポーツ雑誌『Number』で紹介されたりと、ジワジワ普及しつつある。

ヒャダインは「しっかりルールができてる」と興味を示したものの、久保はいまいちピンときていない様子。そこで、土屋のYouTubeチャンネルで配信されているスーパープレー集をみんなで見てみると、想像以上のアクロバットなプレーに久保も「純粋にすごいちゃんとサッカーっぽい!」興奮した。

ナイツのゲスト時間の多くを消しゴムサッカーの話題で占めることになったが、ヒャダインが「こんな感情的な土屋さん、初めて見ました」と言うほどの“創始者”の熱弁で、トークは大いに盛り上がった。

この模様は、13日23時59分まで追っかけ再生が可能。チケットは、きょう7日23時59分まで販売されている。

そして、放送可能な部分のみ編集し、地上波フジテレビでは25日(26:25~27:25)に放送。後日、同局の動画配信サービス・FODで配信される。

次回のオンラインライブは、10月4日に清水ミチコを迎えて開催される。清水は、3月29日の公演のゲストに決まっていたもののコロナで中止となったため、リベンジ出演となる。

(C)フジテレビ

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ