数々の2.5次元舞台手掛けるマーベラスがオリジナルドラマ製作 『ハンサムセンキョ』 放送決定

dwango.jp news

2020/9/7 12:00


数々の2.5次元ミュージカル・舞台を手掛けるマーベラスが、テレビ神奈川とともにオリジナルドラマを製作。ドラマ『ハンサムセンキョ』を2020年10月7日(水)から放送する。



本作は架空の都市・新光市を舞台に、様々なアイディアを練り舌戦を繰り広げ、理想の未来の為、全力で市長選を駆け抜ける男たちを描いた、「選挙」コメディドラマ。監督・脚本には舞台演出家の米山和仁(劇団ホチキス)、さらに脚本に三田理恵子を迎え、戦いを熱く描く。

キャストは、本作が初主演作品となる武子直輝、そして一ノ瀬 竜、稲垣成弥、武藤賢人など、舞台を中心に活躍し、今勢いのある俳優たちが勢ぞろい。

加えて今回の放送情報解禁と同時に、投票箱の中に入ったキャストがスーツで決めるメインビジュアルと、15名のキャラクタービジュアルが一挙に発表となった。



ドラマ『ハンサムセンキョ』は、テレビ神奈川にて2020年10月7日(水)から、毎週水曜 深夜24時(15分番組・全12話)に放送。

<あらすじ>

主人公・天童勇樹(武子直輝)は元小学校教師のフリーター。職を求めて、学生時代の同級生であり議員秘書を務める花野 薫(深澤大河)を訪ねたところ「きらめき新党」の古剛栄進(横山真史)に見いだされ、あれよあれよと市長選挙に出馬することになる。
市長選には、現政権を握る「未来自由党」のサラブレッドである白峰誠二(一ノ瀬 竜)や、カリスマ経営者で話題性のある「天晴党」(あっぱれとう)の牧 瑛士(稲垣成弥)、ネットでの広報活動で若者中心に知名度を広げていく「FPP(Free Politics Party)」のキース・篠宮(武藤賢人)といった、強力で個性豊かなライバルたちが出馬。
政治家に必要とされる“三つのバン”、「地盤」「看板」「鞄」のどれ一つとして物足りない勇樹は、果たして市民の心をつかみ、市長に当選することができるのか?言葉や情報を駆使し、人々と交流を重ねながら、新光市の理想の未来を目指して鎬を削る... ハンサム達の熱き戦いを、見逃すな!

<主演:天童勇樹 役 武子直輝 コメント>

この度ドラマ『ハンサムセンキョ』にて主演を務めさせて頂く事になりました武子直輝です。この作品は、選挙を通して僕が演じる天童勇樹が成長していく様、そして、地域を明るくより良い未来を創る為に、前向きに走り続ける男たちの姿を描いたヒューマンコメディドラマです。このドラマに出演させていただき、僕自身も選挙の大切さを改めて考えることができました。皆様も笑って楽しく観られるドラマですので、是非ご視聴よろしくお願い致します!

■ドラマ『ハンサムセンキョ』

放送日時:2020年10月7日(水)~12月23日(水)
24:00~24:15(15分番組/全12話)
放送局:テレビ神奈川

<キャスト>
武子直輝、深澤大河、横山真史/
一ノ瀬 竜、奥谷知弘、八巻貴紀、窪寺 昭/
稲垣成弥、谷水 力、宮澤 佑、中島拓人、本川翔太/
武藤賢人、橋本汰斗、樫澤優太 ほか

<スタッフ>
監督:米山和仁(劇団ホチキス)脚本:三田理恵子/米山和仁
制作プロダクション:ディアステージ
制作協力:TIA・ディープサイド
原作:マーベラス

(C)ハンサムセンキョ管理委員会


当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ