吉祥寺「カフェ&ブックス ビブリオテーク」で、モンブランフェア

IGNITE

2020/9/7 10:30


これから栗の美味しい季節。

東京・大阪・福岡・熊本で展開するカフェ&ブックス ビブリオテーク、吉祥寺タルタートでは、秋の味覚「栗」をたっぷり使ったマロンスイーツ “モンブラン” をユニークに楽しめる『モンブランフェア』を開催する。



■「アイスクリーム“生”モンブラン」が新登場!

今回の『モンブランフェア』には、昨年好評を博した「“生”モンブラン」にフランス発祥の冷んやりスイーツ「ヌガーグラッセ」を組み合わせ進化した「アイスクリーム“生”モンブラン」が新登場。



ナッツやチョコの楽しい食感で口溶け軽やかなフランス発祥の冷んやりスイーツ「ヌガーグラッセ」の上に、香り高い「和栗」を贅沢に使用したふんわりと口当たりの良い「モンブラン“生”クリーム」と生ムースをたっぷりトッピング。

オーダーを受けてから、一皿一皿、絞りたてのクリームとムースで提供する満足度の高い一品に仕上がっている。ふわっととろけるエアリーな食感とともに、和栗特有の上品な味わいが楽しめそうだ。

■王道モンブランデザートが勢ぞろい

同モンブランフェアでは「アイスクリーム“生”モンブラン」に加え、パンケーキやタルト、パウンドケーキといった王道モンブランデザートが勢ぞろい!



「モンブランとプラリネクリームのパンケーキ キャラメルソース」(本体価格:1,400円)は、ちょっぴりラム酒を効かせたマロンクリームとプラリネクリームをたっぷりと贅沢にトッピングした、秋の味覚たっぷりのパンケーキだ。

「2層のモンブランタルト」(本体価格:850円)は、ごろっと栗の入った甘さ控えめのマロンムースとクレーム・シャンティを2層仕立てにし、ほんのりラム酒が香るマロンクリームで仕上げたちょっぴり大人な王道モンブランタルト。栗の美味しさをたっぷりと堪能できる、贅沢タルトケーキだ。



栗をごろっととじ込め、しっとりと焼き上げた生地は栗本来の甘さが際立つよう甘さ抑えめに仕上げた「モンブランパウンドケーキ」(本体価格:820円)や、タルトにパウンドケーキ、ミニパフェのモンブラン3種をひと皿で楽しめる秋の贅沢デザートプレート「モンブラン食べ比べプレート」(本体価格:1,500円)もラインナップ。





この他、モンブランデザートと一緒に楽しめるマロンドリンクも登場する。



やさしいマロンの甘さと豊かな風味で、ゆったりと秋の気分を楽しんでみてはいかがだろう。

【開催概要】
・フェア名:モンブランフェア
・開催期間:2020/9/9(水) より開始
・開催場所:カフェ&ブックス ビブリオテーク全店、吉祥寺タルタート
URL:http://www.bibliotheque.ne.jp/

(Yuko Ogawa)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ