関西 台風10号の影響は7日がピーク 強風、高波、大雨に注意・警戒

日直予報士

東シナ海を北上する台風10号の影響で、近畿地方の陸上では、7日をピークに南寄りの非常に強い風が吹く見込みです。海上では、6日夜から7日にかけて太平洋沿岸や紀伊水道で大しけになる恐れがあります。また、局地的な非常に激しい雨のおそれもあり、風、波、雨に注意と警戒が必要です。

●今後の風と波は

大型で非常に強い台風10号は、6日午後3時現在、屋久島の南の海上を北上しています。中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルとみられます。台風は今後東シナ海に入って九州のすぐ西の海上を北上し、7日朝には対馬海峡付近へ進むとみられます。6日夜以降、近畿地方の西側の地域を中心に風速15メートル以上の強風域に入る可能性があります。太平洋沿岸では、すでにウネリを伴って波が高くなっていますが、6日夜から7日にかけては波がさらに高まり、南部の沿岸で7メートルから8メートル、紀伊水道でも6メートルから7メートルの大しけになる恐れがあります。強風や高波に注意、警戒し、海岸付近には近づかないようにしてください。避難所などへの移動を考える場合は、辺りが暗くなる前に行動するようにしてください。

●雨の降り方にも注意

また、近畿地方では、台風を取り巻く暖かく湿った空気の流れ込みがさらに強まり、大気の状態が非常に不安定になる見込みです。近畿南部を中心に激しい雨の降っている所がありますが、6日夜には近畿地方の広い範囲で雨になり、7日は断続的な雨になる所が多い見込みです。局地的な雨脚の強まりも予想され、南部の多い所では1時間に50ミリの非常に激しい雨、中部では1時間に40ミリの激しい雨の降る恐れがあります。低い土地への浸水や土砂災害、河川の増水に十分に注意してください。雨の強まりが夜間で避難が難しく、屋内で過ごす場合は、雨戸を閉めるなど戸締りをしっかりと行い、懐中電灯や飲料水を準備しておいてください。また、7日午前中を中心に交通機関が乱れる可能性もありますので、運行情報などにも注意してください。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ