熊本豪雨で被災した球磨焼酎「大和一酒造元」を応援しよう

IGNITE


令和2年7月の熊本豪雨で被災した「大和一酒造元」に、奇跡的に助かった酒がある。この原酒をもとにして作った焼酎・梅酒を返礼品とする、クラウドファンディングが始まった。



■大和一酒造元

球磨地方は日本で最も水質が綺麗な川として認められた清流川辺川と球磨川、山襞に囲まれている。そんな自然豊かな地域で造られる球磨焼酎は、ウィスキーのスコッチやワインのボルドーと肩を並べ、世界貿易機関(WHO)により、地理的表示の産地指定を受けている数少ないブランドだ。

機械に頼らず、蔵人の五感をフルに活用しながら麹を育てる手造りの製法にこだわり、蒸留も焼酎本来の深い味わいが残るよう、伝統製法の「兜釜蒸留機」を独自で開発。焼酎の原点を大切に、古い製法の再現に取り組む。

一方で、「思い立ったらまずはやってみる」が、大和一酒造元の基本姿勢だ。地域や時代に応じた自由な発想をもち、人吉の温泉を生かした「温泉焼酎」や、熊本の特産品である牛乳を使ったフルーティでなめらかな「牛乳焼酎」と、オリジナル製品の開発も行う。

■令和2年7月豪雨での被災より中身が流出

令和2年7月3日からの豪雨により、球磨川が氾濫。大和一酒造も被災し、建物は高さ3メートルほどまで水に浸かった。焼酎を作るための機械は水に浸かり、原酒貯蔵のタンクは倒れ、中身のほとんどが流出した。



ほとんどの原酒が流出したなか、数少ない甕やタンクは水に浮き、漂い、水が引いたあとに倒れることなく見事に着地したものがある。

今回実施するクラウドファンディングの返礼には、こちらの原酒をもとにした焼酎・梅酒を送る。本プロジェクトを通しての支援金は、大和一酒造元の設備の修理や買い替えなど、復興に向けた資金として使用する。



事業の継続も困難だと思われた、大和一酒造元の奇跡の焼酎・梅酒を飲んで復興の後押しを!

「豪雨の中、流出を逃れた奇跡の甕!Makuake限定 焼酎・梅酒を飲んで応援」プロジェクト

期間:2020年8月31日14:00~2020年11月8日

支援金額:4,000円~100,000円

支援総数:限定 825個

返礼品:玄米焼酎「川の神」と本格梅酒「ここに生きる」

プロジェクトURL:https://www.makuake.com/project/yamato1/

(MOCA.O)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ