欅坂46 渡辺梨加「早くみなさんの前でライブがしたい」TGCでライブへの思い語る

dwango.jp news


欅坂46の小林由依、土生瑞穂、渡辺梨加、渡邉理佐が5日、オンライン配信にて開催された史上最大級のファッションフェスタ『第31回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 AUTUMN/WINTER ONLINE』(以下、TGC)の「イオンカード」ステージに出演した。



2019年から「イオンカード」のキャンペーンキャラクターを務め欅坂46。グループ改名前、欅坂46としてのラストシングルとなる『誰がその鐘を鳴らすのか?』をBGMに、小林・土生・渡辺・渡邉の4人は、それぞれの手にデザイン違いのイオンカードを持ち、並んでランウェイを歩いた。

ステージの先端では、メンバーらが顔の近くでカードを掲げキメ顔。MCを務めるNON STYLEの井上裕介から改名について聞かれると、小林が「新しいグループ名を私達まだ知らないんですけど、また愛していただけるようなグループになれたらいいなと思います」と笑顔をみせた。

またMCの田中みな実は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、これまで通りのライブ活動がしにくい状況について質問。渡辺は「メンバーのみんなも私もライブが大好きなので、早くみなさんの前でライブがしたいです」と丁寧に答えていた。

「東京ガールズコレクション」とは、「日本のガールズカルチャーを世界へ」をテーマに2005年から年2回開催している史上最大級のファッションフェスタ。31回目となる今回は、昨今の新型コロナウイルス感染症の感染状況や、政府から発表されたイベント開催制限緩和措置の見送り等を受け、オンラインにて開催。最新テクノロジーを活用したファッションショーやイベント業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させ、業界に新しい可能性を導き出すことを“ニューノーマルなTGC”として考え、最新トレンドやニュース、そして熱狂を届ける。

(C)マイナビ TOKYO GIRLS COLLECTION 2020 AUTUMN/WINTER ONLINE

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ