マライア・キャリー、当時の恋人・元大リーガーとの恋愛を楽曲に込めたことを認める

歌姫マライア・キャリーがこのほどインタビューのなかで、自身の2つの楽曲にまつわる疑惑について真相を明かした。長年のファンの憶測通り、その2曲はやはりマライアがかつて恋愛関係にあった超大物メジャーリーガーのことを歌ったものだったようだ。

米出身歌姫マライア・キャリーの回顧録『The Meaning of Mariah Carey』が今月29日に出版される。マライアは同著のなかで、家族との確執やバイレイシャルという自身のアイデンティティーに悩んだ過去、また華々しいデビューを飾った“シンデレラストーリー”などについて語っているほか、男尊女卑や権力との闘いといったミュージック業界の舞台裏や自身が過去に受けた精神的虐待などダークな面についても赤裸々に告白しているそうだ。

そんな『The Meaning of Mariah Carey』の出版に先立ち、マライアはこのほど『Vulture』のインタビューに応じ、著書についてのディテールを明かしたのだが、なかでも1997年にリリースされたスタジオアルバム『Butterfly』に収録されている『The Roof』と『My All』にまつわる“あの疑惑”について自ら語った内容が注目を集めている。

『The Roof』は辛い日々を過ごす中である人物に思いを馳せる強い恋心を歌詞に込めており、マライアがその人物と雨降る夜に過ごしたビルの屋上での思い出を歌ったものだ。当時のマライアは元ソニーミュージック会長のトミー・モトーラ氏と婚姻関係にあったが結婚生活はすでに破綻しており、マライアはニューヨーク・ヤンキース所属のデレク・ジーター選手(当時)との熱愛が噂されていた。そのため「辛い結婚生活から逃れられない苦悩と別の相手に安らぎを求める歌詞が、マライアの現状と重なっている」「『The Roof』はジーター氏のことを歌った曲なのではないか?」とファンの間で憶測が飛び交うことになった。その憶測についてマライアはこの20数年間固く口を閉ざしてきたが、今回のインタビューのなかでその事実をあっさりと認める発言を口にしたのだった。

「もちろん覚えているわ! あの瞬間を忘れるなんて絶対にできないもの。」

楽曲のタイトルにもなっている「ビルの屋上」での思い出をそのように語ったマライアは、

「超真剣交際だったとか、知的な刺激を受けたとか、そういう関係ではなかったけれど、素晴らしい時間だったことは確かよ。」

「(ジーター氏との出会いが)規制に縛られた“Sing Sing”での生活に終止符を打つ後押しをしてくれたの。」

と続けた。ちなみに“Sing Sing”とはニューヨークにある「シンシン刑務所(Sing Sing Correctional Facility)」のことで、マライアは過剰な束縛を強いる元ソニーミュージック会長トミー・モトーラ氏との窮屈な結婚生活をそう例えている。

さらに「あなたと一夜を過ごすためなら、その体を隣で感じていられるのなら、私はこの人生を犠牲にしたって構わない」と情熱的な思いをぶつけた歌詞が印象的なもう1つの楽曲『My All』についても、やはりジーター氏のことを思って作った曲であることを認めており、同曲の歌詞は実際にジーター氏とプエルトリコで一夜を過ごすためにリスクを冒した体験を綴ったものであることを明かしたマライアであった。

そんな大恋愛を経験したマライアとジーター氏だったが交際は長くは続かず、2人は1998年に破局を迎えている。マライアは同年にモトーラ氏との離婚が成立、その後の華やかな恋愛遍歴は周知の通りだ。現在は10歳年下の元夫ニック・キャノンとの間に授かった男女の双子モロッカンくんとモンローちゃん(9)のママとして多忙な日々を過ごす傍ら、ダンサーのブライアン・タナカ氏とも順調な交際が続いている。一方でジーター氏は2014年に現役を引退し、2016年に16歳年下の美人モデル、ハンナ・デーヴィスと結婚した。現在は2人の女の子のパパとして幸せな日々を過ごしている。

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ