吉沢亮、恋人役・水谷果穂と見つめ合う、映画『さくら』場面写真解禁

dwango.jp news


11月13日(金)公開の映画『さくら』より、北村匠海、小松菜奈、吉沢亮、寺島しのぶ、永瀬正敏が演じた長谷川家の5人と、愛犬サクラを切り取った場面写真など計11枚が解禁された。



本日公開された場面写真では、玄関先でサクラと戯れる次男・薫(北村)と、長男・一(吉沢)と妹・美貴(小松)の姿をはじめ、一家がリビングに集まり、寺島、永瀬が演じる両親の神妙なやりとりを、兄弟妹とサクラが見つめているシーンなどが切り取られている。

また、本作が映画初出演となる欅坂46の小林由依演じる大友カオルの姿や、足をくじいた山谷花純演じる須々木原環に、同級生である薫が声をかける場面、水谷果穂演じる矢嶋優子が、恋人である一(ハジメ)と見つめあう2ショット写真などが解禁された。原作の描写に忠実に作られた犬小屋とともに映る笑顔のサクラの姿も必見だ。

また、本作のムビチケカードが9月18日(金)より発売されることも決定した。

原作は累計55万部を突破する直木賞作家・西加奈子の同名小説。登場するのは、サクラと名付けられた1匹の犬と5人の家族。そして、彼らにとって大切なひとたちだ。『三月のライオン』、『ストロベリーショートケイクス』など海外からも高い評価を受け、詩情溢れる作品を多数生み出してきた矢崎仁司監督のもと、長谷川家の兄弟妹を演じるのは北村匠海、小松菜奈、吉沢亮という人気、実力を兼ね備えた俳優陣。3人の母を寺島しのぶ、父を永瀬正敏が演じ、彼らと出会う女性キャラクターには、小林由依(欅坂46)、水谷果穂、山谷花純というフレッシュな顔ぶれがそろった。世界的に活躍するピアニスト、アダム・ジョージが劇中曲を担当し、今年“再生”した東京事変が書き下ろした主題歌『青のID』がエンディングを彩る。

<作品概要>

出演:北村匠海、小松菜奈、吉沢亮、小林由依(欅坂46)、水谷果穂、山谷花純、加藤雅也、趙珉和、寺島しのぶ、永瀬正敏

原作:西加奈子『さくら』(小学館刊)

監督:矢崎仁司 脚本:朝西真砂 音楽:アダム・ジョージ

主題歌:東京事変『青のID』(EMI Records/ユニバーサル ミュージック)

製作:「さくら」製作委員会 製作幹事:松竹 制作プロダクション:FREBARI

配給:松竹 宣伝協力:CAMDEN

特別協賛:D O K U S O映画館 日本ネットワークサービス 日立物流

(C)西加奈子/小学館 (C)2020「さくら」製作委員会

11月13日(金)全国公開

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ