ロッチ中岡、トレードマークの髪が「エライことに」 担当美容師から衝撃発言も

お笑いコンビ「ロッチ」の中岡創一と言えば、肩まで伸びたフワフワした髪の毛とメガネがトレードマークだ。その髪の毛についてこのほど中岡がラジオ番組で語った。中岡の髪を10年間切っている美容師とのエピソードではスタジオが大爆笑となったが、最近この髪型にピンチが迫っているという。

8月28日深夜放送のラジオ番組『三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE』(ニッポン放送)に、中岡創一がゲスト出演した。番組には「中岡のファンだという小学生の男の子が中岡の髪型をマネしたがっている」というメールがリスナーから寄せられた。和やかな笑顔の中岡は子供たちにも人気が高く、ロケ先で中岡を見ると喜ぶ子も少なくない。特に『キングオブコント2015』でロッチが披露した「試着室」のコントは大人たちも爆笑したが子供たちにも大ウケで、品川祐(品川庄司)の当時5歳の娘も中岡に夢中だったという。

子供がマネしたがっているという中岡の髪型を山下健二郎は「無造作なロン毛」と表現したが、中岡によると「3か月に1度揃えて切っているだけ」とのこと。しかしこれが美容師に意外な感情をもたらしているようだ。中岡は10年ぐらい同じ美容師に切ってもらっているが、特に要望したわけではないのに毎回個室に通されているそうで、山下が「へぇー! 著名人だから…」と感心した。中岡は「そう思うじゃないですか。でも相方のコカド君も同じ美容院なのに個室じゃない」と続けると、山下も「あれ、なんでだろ?」と首をひねった。そこで中岡が自分が個室で髪をカットされている理由を美容師に尋ねたところ「私が中岡君を切っているところを(他の人に)見られたくない」と言われたという。この衝撃的な理由に山下が「めっちゃ失礼やな!」と大笑いしながら怒ると、中岡も「特別扱いされていると思ったら全然違った」と肩を落とした。その美容師は出世していて、著名な女優などの髪も手がけているそうだが「(私が)中岡君を切っているというのは伏せたいの。髪を揃えているだけでテクニックを使っていない。テクニックを使っているなら私がやってるって言いたいけど…」と胸のうちを明かして「揃えているだけなので本当はお金もとりたくない」とも告げたそうだ。

さらに現在42歳の中岡が告白したのは、この髪型にピンチが迫ってきているという現実。「最近ちょっと薄くなってきている」という中岡は、5、6年前から髪が薄くなってきたそうだ。その時点でいったん薄毛の進行は見られなくなったのだが、「去年年末からちょっと来始めて。これを僕“第二波”と呼んでいる。第二波がエライことになっちゃって」と嘆いた。「女性は中岡は見てられへんというのに、薄くなったら見るに堪えなくなるんではないか」とルックスを心配し、「一生懸命マッサージをしている」「抜けていくのは辛い、悲しいですね」「今からやっておいた方がいい」と山下にもマッサージを勧めていた。

中岡創一の特徴となっている髪型とメガネは相方のコカドケンタロウがキャラ付けをするために提案したそうで、コカドのプロデュース力は確かなようだ。ちなみに今回のラジオ番組出演は、山下健二郎が中岡創一をゲストにリクエストして実現したもの。山下は「これを機に仲良くしたいです。中岡さんとフィーリング合うんですよね」と今後も親交を深めたいと希望していた。タレントの出川哲朗とも懇意にしている中岡だが、先輩や後輩、子供たちからも慕われているようで、もし薄毛になってもそれは変わらないだろう。

画像2枚目は『山下健二郎のZERO BASE 2020年8月29日付Twitter「【 #ken_zb 】本日もお聞きいただきありがとうございました!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ