マツコ「才能あるかも…」 現役アイドルの“セルフ整形”にドン引き超え感心

fumumu


マツコ・デラックス

3日放送の『アウトデラックス』(フジテレビ系)に、「自分で整形をした」と主張するアイドル・「あああミンチカツになったちさてぃお」さんが登場。

一重がコンプレックスだったことから針で瞼に傷をつけ、“二重整形”を行ったことを告白し、スタジオを騒然とさせました。

■独特な名前は「恥ずかしい」


現役大学生のネットアイドル・ちさてぃおさん。番組冒頭から独特な芸名は「恥ずかしいから言いたくない」ことから、「ちさとって呼んでください」と自己紹介を行い、MCの山里亮太さんらから「なんで!?」とツッコミを受けるパンチの効いた一幕を見せていました。

なんでも、ミスiDで「あ」ってつけたら一番上に名前がくるんじゃないか、そして名前が長ければ二行になって目立つのではないかと思ったことから、「あああミンチカツになったちさてぃお」名義でエントリーしたことを明かしています。


関連記事:人気YouTuberコウイチ&まこち、動画作りの裏側明かす 登録者数伸ばすコツは…

■セルフ整形の真相


そんな彼女は「なんか切って二重にした」と、セルフ整形を行った猛者。元々一重だった為アイプチで二重を作っていたものの、高校の校則が厳しかった為「アイプチみたいに折り込めるようにすればいいんだ」という思いからメスではなく、針で二重幅を作ったとのこと。「あ、痛かったかな?」という程度に切っただけだと振り返り、その後アイプチで癖をつけて二重を定着させたと話しています。

「膿とか血豆できたらアイプチみたいに折り込めるじゃないですか」と衝撃的な発言をしたちさてぃおさんに対し、マツコさんは「いや、切っただけじゃぱかって割れるだけじゃん」と動揺。

この日ゲストとして出演していたアイドル・戦慄かなのさんも「(二重手術は)切った後に縫うんですよ。普通はバイ菌が入ってうまくいかないと思う…」と、驚きの表情を見せました。

現在も病院でお直しすることなく、自然な二重をキープしている様です。

■近日目頭もセルフ切開 コロナ禍で思い立って…


更に、コロナ自粛中「目頭を広げたい」と思ったちさてぃおさんは、「部屋にあった眉毛用のハサミでぴーっ」と目頭に傷を入れたことも告白。

痛み止めなどは「痛くない」という理由から一切服用しておらず、こちらも見事成功したと報告しています。カメラに映ったちさてぃおさんの目元は確かに自然で、とても“セルフ整形”をしたとは思えない仕上がりとなっていました。

こうしたとんでもない告白に対し、矢部浩之さんは「昭和世代からすると…気合入ってんな…」とドン引きを通り越して感心。マツコさんからも「ある意味(整形の)才能あるかもよ…」という称賛が送らています。

少年院出身で壮絶な人生を送ってきた戦慄さんをも驚かせたちさてぃおさん、今後彼女はどのような方向に進んでいくのでしょうか。
ある意味楽しみな人材かもしれません。

・合わせて読みたい→有吉弘行、アイプチやヒアルロン酸注入に挑戦 アフター画像にツッコミが殺到

(文/fumumu編集部・AKO)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ