ちょ!? Appleじゃないって、そこまで恥ずかしい?

sec_iphone
Image: Apple Japan/YouTube

あらら。iPhoneじゃないってそういうことなんですか?(ワラワラ)

本日、Apple(アップル)が新しいテレビCM動画を公開しました。その内容をちょっとだけご紹介しますね。
privacy_apple01
Image: Apple Japan/YouTube

「ねえねえ。今日、離婚弁護士のサイト、8つみたよ!」
privacy_apple02
Image: Apple Japan/YouTube

「彼は苦手なんだけどww」
privacy_apple03
Image: Apple Japan/YouTube

「美顔器と補正下着を4枚買ったの!」
privacy_apple04
Image: Apple Japan/YouTube

「私のクレジットカード番号は…」

かいつまんで解説すると、「Appleの製品(つまりiPhone)を使っていないと、あなたの情報は世間の方々にダダ漏れなんですよ(笑)」ってことです。つまり、Appleはあなたのプライバシーを守っていますよ、というわけ。

具体的には、SafariではユーザーがどんなWebサイトを閲覧しているのか、その履歴をどこかに送信することはありませんし、メッセージアプリではメッセージの内容は当人同士しか見ることはできません。ヘルスケアアプリは、どの情報を保存するのか、誰がアクセスできるのかをユーザーが決定し、データはすべて暗号化されますし、Apple Payに登録したクレジットカード情報は強固なセキュリティで守られ、買い物履歴はユーザーだけに表示され、いつ何を買ったのかは自分だけにしか見られないようになっています。

これらのことは、今年のWWDC2020でもAppleが強調していました。リチャードがこちらの動画で解説しているように、GAFAによるデータの中央集権が問題視される中、「僕らはiPhoneユーザーのデータは集めていません」という主張にもなっているわけです。

逆に言えば、iPhone以外のスマートフォンではこの動画のようなことが起こっている可能性があるのかも…。どうなのかな!? 今一度、自分の情報管理について振り返ってみるきっかけにしてはいかがですか?



Source : Apple

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ