彼氏がプロポーズをしてくれない!決意させ、言葉を引き出す方法

ハウコレ



大好きな彼氏と結婚したいのに、なかなかプロポーズをしてくれない!と悩んでいる方も多いかと思います。

「本当は私のことを愛していないじゃないのか?」「結婚する気が全くないのではないか?」など、心配が尽きませんよね。

そこで今回は、彼氏がプロポーズをしてくれない場合に決意させ、言葉を引き出す方法をご紹介していきたいと思います。

■周囲の結婚状況について話をする
友達や同僚など、もしあなたの周囲で結婚した知人がいれば、その旨を彼氏に話しをしてみましょう。

ただ話をするのではなく、「羨ましい」という気持ちを表に出すことが大切です。

例えば「友達が2年付き合った彼氏と結婚してハワイへハネムーンに行ったんだって!いいよね、海外。羨ましいなぁ」という感じです。

こうすることで彼氏に結婚を意識させることができます。結婚した人が身近であればあるほど効果的です。

■将来ビジョンの話をする
日常会話の中で、将来のビジョンについて話しをすることで、彼氏に結婚を意識させることができます。

数年後はどうなっているんだろうね?こんな家に住みたいね?休日はいつもお出掛けしたいね!など、結婚という言葉を出す必要はありません。ふたりの将来ビジョンについて話しをするだけでOKです。

機会があれば、住宅展示場や分譲住宅の内覧会などに参加してみるとなお現実味が増し、プロポーズされるきっかけを作れるかもしれません。

大切なのは、非現実的な夢の話ではなく、具体的なビジョンです。

■両親に会ってもらう
彼氏に最も結婚を意識させる方法としておすすめなのが「両親に会わせる」ことです。あなたが本気で将来のことを考えているという意思を伝えることができます。

事前にあなたの両親に会っておくことで、結婚した後も上手に家族付き合いできるということを彼氏に感じさせるのです。

また逆に、彼氏の両親に会わせてもらうのも効果的です。ただ会うだけではなく、彼氏の両親と仲良く接し、将来的に幸せな家族を作れると思わせるのです。

■結婚の意思を直接確認する
上記3つの方法を実践しても、まだプロポーズされる気配が無い場合には、「将来はどうしたい?」「結婚願望はあるの?」など、結婚の意思を直接確認しましょう。

この時に、「私はあなたと結婚して幸せな家族を作りたいな」のように、あなたの意思をしっかり伝えると効果的です。

最初はさり気なくアピールし、それでも駄目ならストレートに聞いちゃいましょう。

■まとめ


人というのは、何か目的があって恋人関係を築くもの。その最終目的と言えるのが結婚です。

長く付き合っていればいるほど、お互いに結婚を意識するようになりますが、最近では自分から積極的にプロポーズをする男性が減ってきているようです。

自然の成り行きでそのままゴールイン!なんてケースが多いようですが、やっぱり女性によってプロポーズは憧れですよね?

もしあなたが大好きな彼氏がプロポーズをしてくれない!なんて時には、是非こちらでご紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ