『四月は君の嘘』新川直司アニメ新プロジェクト『さよなら私のクラマー』始動!

『四月は君の嘘』の漫画家・新川直司が描く新たな青春ストーリー『さよなら私のクラマー』が、2021年4月に映画化&TVアニメ化されることが決定した。

サッカーを愛する少女・恩田希の青春をリアルに、鮮やかに描く本作。
2021年4月に全国ロードショーされる『映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ』は、希が男子サッカー部のなかで苦闘する中学生編。
同じく2021年4月より放送されるTVアニメ『さよなら私のクラマー』では、希が女子サッカーの頂点を目指す高校生編が映像化される。

アニメプロジェクト発表にあたり、プロジェクトビジュアルと映画化&TVアニメ化特報が公開された。
プロジェクトビジュアルでは中学男子サッカー部で苦闘する希、「仲間」とプレイする高校女子サッカー部での希、それぞれの姿がチームメイトとともに描かれている。
また、特報ではサッカーに賭ける少女・希の強いまなざしが、鮮やかで美しい映像によって表現されているので、公式HP等でチェックしてほしい。

>>>鮮やかで美しい映像の特報場面カットはこちら!

さらに、メインスタッフとキャストも発表され、監督は宅野誠起、脚本は高橋ナツコ、アニメーション制作はライデンフィルムが担当する。また、主人公・恩田希を演じるの島袋美由利からは、作品やキャラクターについての印象を語るコメントも届けられた。

島袋美由利(恩田 希役)コメント
【本作の印象について】
オーディションを受けさせていただくタイミングで初めて原作を読んだのですが、繊細な心理描写と絵の躍動感に惹かれ、夢中になってページをめくっていました。
たったひとつのものに自身の”青春”を懸ける強さと美しさ。どんな局面でも諦めることなく、成長することを止めない登場人物達の眩しさから目が離せなくなりました。
【キャラクターの印象と意気込み】
なんて真っ直ぐな子なんだろう、と思いました。一切手を抜かず努力を続けて、誰よりもサッカーを純粋に楽しみ、努力を惜しまない。そんな彼女の姿に、気付けばこちらも前向きな気持ちになっていました。絶対に恩田を演じたい!と思ってオーディションに臨んでいたので今は喜びと緊張で胸が張り裂けそうです。作品や恩田希から貰ったたくさんのパワーを少しでも恩田希としてお返し出来るようにがんばります。

映画『さよなら私のクラマー ファーストタッチ』
2021年4月 全国ロードショー
TVアニメ『さよなら私のクラマー』
2021年4月より放送開始

(C)新川直司・講談社/2021「映画 さよなら私のクラマー」製作委員会

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ