新川直司『さよなら私のクラマー』2021年4月映画&TVアニメ化 主演は島袋美由利

 新川直司によるサッカー漫画『さよなら私のクラマー』が、2021年4月に映画とテレビの両方でアニメ化されることが決定。アニメプロジェクトビジュアルと特報映像が解禁され、メインキャストを島袋美由利、若山詩音らが務めることが発表された。

本作は、アニメ、映画、舞台化もされた漫画『四月は君の嘘』で知られる新川直司が描く、新たな“部活”ストーリー。主人公の恩田希が男子サッカー部のなかで苦闘する中学生編が映画、女子サッカーの頂点を目指す高校生編がテレビアニメで映像化される。監督を宅野誠起、脚本を高橋ナツコが務め、ライデンフィルムがアニメーション制作を担当する。

キャストには、主人公・恩田希を島袋、希の親友・越前佐和を若山が演じるほか、男子サッカー部員の山田鉄二を内山昂輝、竹井薫を逢坂良太、希の弟・恩田順平を白石涼子、男子サッカー部監督の鮫島幸造を遊佐浩二、希に誘われたことをきっかけにサッカーを始めた谷安昭を土屋神葉がそれぞれ演じる。

アニメプロジェクトビジュアルは映画版とテレビアニメ版が並んで描かれており、映画版では空に手をかざす中学2年生の希、テレビアニメ版ではのチームメイトとともに手を掲げる高校1年生の希美が写されている。

特報映像は、強い眼差しの少女・恩田希のサッカーにかける青春の1ページが描かれたもの。「もし、あいつが引っ越してなかったら、昔みたいに一緒にサッカーしてたのかな」「私、大切な事を思い出したんだ」と話す希のキャラクターボイスも初解禁された。

希を演じる島袋は、「なんて真っ直ぐな子なんだろう」と希の印象を語り、「誰よりもサッカーを純粋に楽しみ、努力を惜しまない。そんな彼女の姿に、気付けばこちらも前向きな気持ちになっていました。絶対に恩田を演じたい! と思ってオーディションに臨んでいたので今は喜びと緊張で胸が張り裂けそうです」と心境を明かしている。

映画化・テレビアニメ化を記念したキャンペーンも実施。9月18日23時59分までに公式ツイッターアカウント(@cramer_pr)をフォローし、キャンペーンツイートをリツイートすると抽選で2名に島袋の直筆サイン入り色紙がプレゼントされる。

『映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ』は2021年4月全国公開。テレビアニメ『さよなら私のクラマー』は2021年4月より放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ