やめとけ……! トラボルタ演じるストーカーがスターの家に不法侵入『ファナティック ハリウッドの狂愛者』本編映像[ホラー通信]



いくら好きでも、それはダメ。

ジョン・トラボルタがストーカー化する映画オタクを演じる『ファナティック ハリウッドの狂愛者』が9月4日より公開。本編映像が解禁となった。

トラボルタが演じるのは、ハリウッドでパフォーマーとして活動しながらも、冴えない生活を送っているムース。映画オタクで、スター俳優ハンター・ダンバー(デヴォン・サワ)の大ファンである彼は、ダンバーからサインをもらうことを夢見ていた。しかし、念願のサイン会はムースの番の直前で終了。ダンバーにサインを懇願するも冷たくあしらわれ、傷心のムースは、改めてサインをもらうべく、そして「自分がどれほどあなたを好きか」を伝えるべく、ダンバーの自宅を突き止める――。



解禁となったのは、ダンバーの自宅に不法侵入したムースの行動の一部。抑えきれない想いを胸に抱いた“熱狂的なファン”という存在を、トラボルタが怪演しているシーンでもある。

ダンバーの留守中に侵入し、彼を待ち伏せていたムース。深夜に帰宅したダンバーがソファで居眠りしているのを確認し、そっと忍び寄る。彼のとなりに座り、その寝顔を見つめる瞳は、悪意ではなく憧れと興奮に満ちている。いつもスクリーンやDVDで観ていた存在が、いま、自分だけの目の前にいるのだ。ここでミーハー心を発揮し、寝ているダンバーとツーショットを撮ろうとするムース。スマホを手にダンバーに近づくと、あっ……。

動画が表示されない方はこちら

想いだけで突っ走り、冷静さが一切ないムースにハラハラさせられるシーンである。さらにエスカレートしていく彼の行く末は、映画本編でお確かめを。

『ファナティック ハリウッドの狂愛者』

9月4日(金)より全国ロードショー

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ