ビッグ・シーフのエイドリアン・レンカー、10月にソロ・アルバム2作を同時リリースへ

Billboard JAPAN



2019年に移籍したレーベル〈4AD〉から『U.F.O.F.』と『Two Hands』を連続リリースし、【グラミー賞】にもノミネートされたUSインディーの至宝ビッグ・シーフ。そのバンドの声を司る紅一点エイドリアン・レンカーが2つのソロ・アルバム『songs』 と『instrumentals』を2020年10月23日に同時リリースする。

先行シングルとして公開された「anything」は、柔らかなフィンガー・ ピッキングに支えられたレンカーの魅力的な歌声が、暑い太陽、ジューシーなマンゴー、クリスマスの夜に喧嘩 する家族、木の輪など、様々な思い出と美しいイメージが描写した深くて切ないラブ・ソングとなっている。

本作品はビッグ・シーフのワールド・ツアーがコロナ禍により中断された3月初旬に、レンカーが米マサチューセッツの山小屋へ移住し、「まるでアコースティック・ギターの中にいるような感じがした。そこで音が鳴り響くのを聴くことができて私は深い喜びを感じたの」と語る通り、その空間への深いシンパシーからレコーディングを開始。大量のテープ・マシン、バイノーラル録音用のダミー・ヘッド、山ほどのXLRケーブルを集め、エンジニアのフィリップ・ワインローブの協力のもと、デジタル・プロセスを経ずに、100%アナログ機材のみで録音されている。

『songs』は9曲をその場で書き下ろし、今回公開された「anything」を含む全13曲を収録した弾き語りの歌ものアルバムで、『instrumentals』は「music for indigo」と「mostly chimes」という長尺のインスト曲から成り、レコーディング中に1日の始まりと終わりに日課として取り組んでいたアコースティック・ギターの即興演奏をコラージュした内容でアンビエントからポスト・クラシカル領域でも鳴り響く滋味深く静謐なフォーク・サウンドを展開している。また、アルバムを華やかに飾る水彩画のアートワークはレンカーの祖母であるダイアン・リーが手掛けている。

エイドリアン・レンカー最新作『songs』 と『instrumentals』のCD/LP版は『songs and instrumentals』として2枚組の作品として発売され、日本盤CDには解説および歌詞対訳を封入 し、ボーナス・トラックとして『songs』に「red leaves, falling」が追加収録される。

◎リリース情報
アルバム『songs and instrumentals』
2020/10/23 RELEASE

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ