清原果耶、桃井かおり、伊藤健太郎らのオフショットも 映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』メイキング映像&写真を公開

SPICE


9月4日(金)公開の映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』より、撮影現場の様子を収めた特別映像とメイキング写真が解禁された。

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』の主題歌。同映画は、作家・野中ともそ氏の同名小説を映画化したもので、14歳の女子中学生と、謎の老女“星ばあ”のひと夏の物語を描いたファンタジー作品。主人公の大石つばめを清原が演じ、星ばあ役で桃井かおりが共演。つばめが恋する大学生・亨役で伊藤健太郎、つばめの父役で吉岡秀隆、つばめの義母役で坂井真紀が出演。また、水野美紀、山中 崇、醍醐虎汰朗らがキャスティングされている。メガホンをとったのは、映画『新聞記者』の藤井道人監督。さらに、シンガーソングライター・Coccoが主題歌を書き下ろし、歌唱する主演の清原果耶のアーティストプロデュースも手がけている。


今回解禁されたのは、主演・清原果耶が歌う主題歌「今とあの頃の僕ら」とともに撮影時とその裏側の様子を収めた特別映像。藤井監督とコミュニケーションをとる清原・桃井それぞれの姿や、撮影の合間に伊藤らがカメラに向かってふざける様子などが収められており、リラックスしたムードの中で撮影が行われていたことをうかがわせる。




また、同時に公開されたメイキング写真では、清原が撮影中に雨が止むよう祈る様子や、醍醐とともに頭に氷を乗せて仲良く涼んでいる姿のほか、キックボードに乗りワイヤーで釣りあげられる桃井のアクションの裏側も明らかになっている。




メガホンをとった藤井監督は、撮影現場での清原の様子を「家のセットにあったメモ帳にこんなメッセージが書いてあったのを覚えています。きれいな字で“皆様いかがお過ごしでしょうか。お体に気をつけて、今日も頑張りましょう。つばめ”と。初の座長でしたが周囲に気を配ってくれてるなと嬉しくなりました」と語っている。また、桃井については、「桃井さんは監督もされるだけあって、次々とアイデアが沸くし、違う角度から見た感情の動きを教えてくれました。2人で星ばあの出演シーンをブラッシュアップしたので、セリフは完成稿から随分変わりました。星ばあというユニークな人物を人間的に立体化できたのは桃井さんのお陰です」と話す。さらに「3人で、また違う物語を撮りたいなと名残惜しい気持ちでクランクアップしたのを覚えています」とコメントしている。

『宇宙でいちばんあかるい屋根』は9月4日(金)全国公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ