「72+41=10013」は正解?学校教育が子どもの個性と多様性を奪っている

日刊SPA!

 突然だが、あなたは次の2つの問題を見て「どっちを先に子どもに教えるべき」だと思うか?

①「ひゃくじゅうさん」と聞いて数字で書く

②「72+41」の足し算の答えを出す

正解はともに「113」だが、恐らく、多くの人は①と考えるのではないだろうか。「三桁の数字が書けないのに三桁の足し算の答えが出せるはずがない」と考えるからだ。しかし、ある子どもの解答用紙を見てほしい。

解答欄を見ると「72+41」の答えに「100」と「13」を並べて「10013(ひゃくじゅうさん)」と書いている。そう、この子どもは②はできるのに①はできなかったのだ。

「つまり、言語処理能力や文字を書く能力と計算処理能力は、基本的に別物と考えないといけないのです。この子はいつも親御さんからから出される足し算、引き算の問題を口頭で答えて、ゲームとして遊んでいたそうです。しかし、いざノートに書こうとすると3桁の数字の書き方をまだ覚えられていないので、書けない。これがもし学校のテストなら、答えを理解しているに不正解になるでしょう」

そう話すのは、発達障害特性が見られる子どもたちの学習支援に長く携わっている、臨床心理士の村中直人氏だ。こうした例は決して珍しくなく、多くの子どもたちが直面する困難に気づいた彼は今、「ラーニング・ダイバーシティ(学びの多様性)」という概念を強く提唱している。

◆子どもたちの学び方は、一人ひとりが個性的で多様

「私たちは2008年から『あすはな先生』という事業を通じて、発達障害圏の子どもたちを含む多様なニーズのある子どもたちの学習支援をしています。発達障害というのは、言うなれば“個性が人一倍強く出る子たち”で、みんな特別な教育ニーズを抱えています。

先ほどお伝えした算数を解いた子もその一人でした。そういった子らと接しているうちに、『子どもたちの学び方は、一人ひとりが個性的で多様だ』と気づいたんです」

例えば、発達障害の一つである学習障害(LD)のある子どものなかには、問題を頭のなかでは理解していても「書くこと」ができないケースがある。答えの書き方を誤ってしまったり、書きながら解く過程でミスをしたりしてしまうのだ。

村中氏が出会ったある中学生は、数学の問題を「文脈を読み解く」ことで解いていた。「鉛筆を1人5本ずつ配ると20本余り、6本ずつ配ると15本足りない。このときの生徒の人数を求めなさい」という問題を、計算式を使わずに問題文から答えを予測して解いていたという。

「この子は方程式を使わないのに、正解を出せるんです。『どうやっているの?』と聞いてみれば『答えを予測して代入している』と言う。まず『余りの数が15~20本なので答え大きいな、だいたい35人ぐらいじゃないかな』と考えて、そこから代入して、合わなかったら次の数を入れて……と、暗算で確かめているそうです。

学校の公教育ならば式が書けないのでダメです。しかし、それでも答えはちゃんと出せるし、解いていくうちに予測精度が上がっていくからボンボン答えられるようになっていくと。彼は『俺、式を書いたほうがミスるねん』と言っていました」

◆「ラーニング・ダイバーシティ」という概念の誕生

こうした経験から、村中氏は「子どもたち一人ひとりのニーズに合わせた教育が、これからの時代には必要になる」と、強く感じるようになったという。

「これからの時代を生きる子どもたちには『ラーニング・ダイバーシティ』の視点が必要だと思っています。これはラーニング(学び)とダイバーシティ(多様性)を組み合わせて私が作った造語なんですが、大きく『学びの機会の多様性』(いつ、どこで、誰と)と『学びの方法の多様性』(何を、どのように)の2つに分けて考えることができると思います。

今の学校教育では『機会』は、いつどこで生まれたかによってほとんど決まってしまう。『方法』も、基本的には『このやり方で解きなさい』と指定されます。『ひゃくじゅうさん』と聞いて『113』と三桁で書けない子どもは、公教育ではそもそも『72+41』を解かせてもらえません。この子の計算能力は、今の教育課程では見いだせないのです」

ラーニング・ダイバーシティは、いわゆる「天才」や「障害児」だけに限った概念ではなく「あらゆる子どもたちにとって大切である」と、村中氏は強調する。

「いわゆる天才の事例と思われるかもしれませんが、多くの子どもと接してきた感覚としては、こういう子は少なくないです。現状では、『式をちゃんと作りなさい』が最優先で、考え方の工夫が尊重されない。方法ばかりにこだわっていたら、冒頭のような子は算数が嫌いになってしまうでしょう。そして、このラーニング・ダイバーシティという考え方は、これからの時代にどんな子どもにも必要になると思っています」

◆学校からはみ出してしまう子どもが急増している

村中氏がそう思った背景には、日本の公教育が直面しているさまざまな問題がある。今、少子化が進んでいる一方で「特別支援学級」の生徒数が年々増え続けているのをご存じだろうか。

「子どもの母数は減っているのに、特別支援学級の子どもの数は10年間で2倍以上に膨れ上がっています。また、文部科学省の調査では、通常学級のなかだけでも4.5%の子どもが学習面で著しい困難を抱えていることがわかりました。

さらに“9歳の壁(子どもが小学4年生あたりを境に人間関係や勉強でつまずきやすくなること)”の問題もあるので、高学年では「著しい困難」を抱えている子どもたちが10%近い可能性もあります。これだけの子どもが学習に困難を抱えるのに、これらすべてを『障害』と言うべきでしょうか?」

そこで村中氏は、子ども側よりも「教育側の問題」だと目線を変えたという。「もちろん狭義の学習障害の子どもたちはいます。ですが多くの子どもが教育側の問題の犠牲者になってしまっている、という方向で紐解いたほうが実態に近いのではないか」と考えたのだ。

また、特別支援学級の生徒だけでなく、少子化の中で不登校児も増え続けている。

「不登校というと、一般的にはいじめや先生とうまくいかないなど、人間関係がイメージされます。しかし日本財団の調査によると、最も多い要因は『疲れる』『朝起きられない』といった内容なのですが、『授業がよくわからない・ついていけない』という理由もかなり多い。人間関係よりもむしろ学びに関わる要因が強いのです」

2019年には英BBCがローマ字表記で“futoko”とつけて日本の不登校について報道した。村中氏によれば、BBCの記事では「あまりの人数の増加に、人々はこれは生徒たち自身の問題ではなく学校システムの問題なのではないかと問いかけ始めています」と、指摘されているという。さらに10代の自殺において最大の原因となっているのは「学校」だ。学びの問題は、命に関わる問題とも言える。

◆公教育に「当てはまらない子ども」をどうすればいいのか

村中氏によれば、「日本の基本的な教育システムは明治に構築されてから100年以上変わっていない」そうだ。つまり、先生が黒板の前に立ち生徒が並んで座って教えを受ける、という構図だ。

「細かい部分はいろいろ変わっていますが、『同年齢集団全員が同一の基準・方法で画一的な教育を受ける』という方法はずっと変わっていない。かつては一人の教師が短時間で大人数に知識や技能を授けるというのが最もイノベーティブなシステムでしたが、今はかつての100年分の変化が10年で起きるような変化の激しい時代です。子どもを取り巻く環境がまったく違うし、公教育のシステムは時代に合わなくなってきています。

だから『このやり方が正しい』と教わる公教育を窮屈に感じる子どもが増えているのではないかと思うのです。これは先生個人の能力や資質の問題ではなく、教育システムの問題です。今の教育システムにアジャストできない子どもたちは、特別支援学級、つまり『障害のある子』とみなされることが増えます。

教室のなかに多様性や柔軟性が乏しいと、そこからちょっとでも遅れたりはみ出すことで『特別支援教育』という特別な枠組みしか受け入れ先がなくなってしまうのです」

また、別の角度からもこの問題を見ることができる。「周りよりも勉強が進んでいる子どもたち」の存在だ。

「そういった子どもは、教室では“ただの暇な時間”として過ごしていて、塾や家で自分に合った勉強をしています。では、教室のコンテンツに合った子どもたちはどれだけいるのか。比率はどんどん減っているということになります。これまで通り『年齢とコンテンツの結びつき』を絶対としていいのでしょうか。

冒頭でもお伝えしましたが、数的処理能力と言語処理能力は基本的に別の能力です。数的に理解できていても、言語でそれを表現できないこともある。大人が勝手に『言葉で説明できないことは理解していない』と決めつけてはいけません。残念ながら、今の教育は言葉の能力に寄り過ぎている傾向があります」

では、これからの変化の激しい時代に、学校教育はどのような変化を遂げなければいけないのだろうか。

「すべての子に合ったやり方なんてありません。それならば多様性を尊重して『どれでもいいよ』と言ってあげたほうがいい。子どもは自分にあったやり方を自然にしようとするんです。邪魔しないであげれば本人が考えるし、結果として合っていればいい。自然に出てくるものを尊重して、『教えをもたらす』のではなく『邪魔をやめよう』と、まずは考えを変えることから始めるべきでしょう」

大人たちの世界ではダイバーシティの考え方が頻繁に議論に挙がる。では、子どもたちの世界はどうなのか。ラーニング・ダイバーシティ実現に向けて、価値観のアップデートが今、求められている。

村中直人

臨床心理士。一般社団法人「子ども・青少年育成支援協会」理事、株式会社「クリップオン・リレーションズ」取締役。脳・神経由来の異文化相互理解という視点で2008年から発達障害支援に携わり、発達障害サポーター’sスクールの事業責任者として指導者の育成にも力を入れている。HP村中直人の雑記帳、Twitter@naoto_muranaka

<取材・文/遠藤光太>

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ