【全国映画動員ランキング 1~10位】亀梨和也主演のホラー映画や『ドラえもん』が好調!(8/29-8/30)

ウレぴあ総研



■全国映画動員ランキング発表!(8/29-8/30)

興行通信社が2020年8月29日、30日の全国映画動員ランキングを発表しました。

KAT-TUNの亀梨和也が主演を務めたホラー映画や、人気作家・住野よるの原作を吉沢亮主演で映画化した青春ドラマなどが新たにランクインしたほか、公開7週目の『今日から俺は!!劇場版』にも注目です。

■10位『弱虫ペダル』

週刊少年チャンピオンで連載中の人気同名漫画を、三木康一郎監督がKing & Princeの永瀬廉の主演で実写映画化した『弱虫ペダル』は先週8位から10位に。

アニメ好きの高校生がひょんなことから自転車競技部に入部し、仲間たちと共に自転車レースに挑む姿を描きます。共演はTVドラマ『今日から俺は!!』の伊藤健太郎や『キングダム』の橋本環奈ら。

■9位『思い、思われ、ふり、ふられ〈実写〉』

咲坂伊緒の人気漫画を豪華キャストで映画化した『思い、思われ、ふり、ふられ〈実写〉』は先週7位から9位に。

『ストロボ・エッジ』や『アオハライド』で知られる咲坂伊緒の同名漫画を、三木孝浩監督が浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二らで実写化。同じマンションに住む高校生4人の、すれ違う思いと抱え込んだ秘密が複雑に絡み合う様が描かれます。

また、アニメーション&実写での連動W映画化プロジェクトとして、9月18日(金)からはアニメーション映画『思い、思われ、ふり、ふられ』が公開されます。

■8位『青くて痛くて脆い』

住野よる原作、吉沢亮と杉咲花共演の青春サスペンスドラマが初登場8位にランクインです。

デビュー作『君の膵臓をたべたい』が大ベストセラーになり、“キミスイブーム”を巻き起こした作家、住野よるの原作を映画化した本作は、大切な仲間と居場所を失った青年の復讐劇が描かれます。共演は、岡山天音、松本穂香、清水尋也ほか。監督は狩山俊輔が務めています。

■7位『コンフィデンスマンJP プリンセス編』

公開6週目に入った『コンフィデンスマンJP~』は先週6位から7位に。

世界有数の大富豪の莫大な遺産をめぐり、お馴染みのダー子、ボクちゃん、リチャードの詐欺師トリオが、華麗なコンゲームを仕掛けていく様を描きます。マレーシアのランカウイ島での海外ロケや、豪華ゲストの出演など見どころが満載です。

■6位『劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]III.spring song』

手にした者の願いを叶える願望機“聖杯”を巡り、魔術師"マスター"と英霊"サーヴァント"が戦いを繰り広げる人気ビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』を基にした、劇場アニメ3部作の完結編です。

前作『…lost butterfly』に続く物語で、“聖杯戦争”の顛末を描きます。監督を務めたのは前2作も手がけた須藤友徳監督です。

■5位『2分の1の魔法』

『モンスターズ・ユニバーシティ』のダン・スキャンロン監督が、自身の体験を基に作り上げたディズニー&ピクサー作品『2分の1の魔法』は先週4位から5位に。

主人公イアンの声は、『スパイダーマン』シリーズのトム・ホランド。兄のバーリー役は『ジュラシック・ワールド』シリーズのクリス・プラットが担当しています。日本語吹替キャストは、イアン役を志尊淳、兄バーリー役を城田優が演じます。

■4位『今日から俺は!!劇場版』

公開7週目の『今日から俺は!!劇場版』は先週5位から順位をあげて4位にランクアップです。

卑怯者だが仲間思いの三橋と、曲がったことは許せない正義感の強い伊藤のツッパリコンビの活躍が映画ならではのスケールで描かれます。

時は1980年代。転校を機に“ツッパリ”デビューした三橋は、トゲトゲ頭の伊藤とコンビを組んで不良を返り討ちにする日々を送っていました。そんなふたりが3年になったある日、極悪高校として有名な北根壊の番長が開久高校で妙な商売を始めたと耳にして……

■3位『糸』

中島みゆきの名曲『糸』をモチーフにしたラブストーリー『糸』は先週1位から3位に。

これが3度目の共演になる菅田将暉と小松菜奈が主演を、瀬々敬久が監督を務め、平成元年生まれの男女ふたりの18年間にわたる運命的な愛の軌跡を映し出します。共演は榮倉奈々、斎藤工、山本美月ほか。

■2位『映画ドラえもん のび太の新恐竜』

公開4週目の『映画ドラえもん のび太の新恐竜』は先週と変わらず2位をキープです。

今作は、ドラえもんとのび太が双子の恐竜に出会い、冒険を繰り広げるオリジナルストーリーです。『映画ドラえもん』シリーズ史上最大のヒットを記録した『映画ドラえもん のび太の宝島』でタッグを組んだ、今井一暁が監督を務め、川村元気が脚本を担当しています。

■1位『事故物件 恐い間取り』

“事故物件住みます芸人”松原タニシのベストセラーを映画化した『事故物件 恐い間取り』(全国335館)が初登場で首位を飾りました。

KAT-TUNの亀梨和也が、ホラーの巨匠・中田秀夫監督とタッグを組み、テレビ出演と引き換えに、事故物件に住めと無茶ぶりされる売れない芸人・山野ヤマメ(亀梨)を演じます。

かつて殺人事件のあった物件に引っ越してきた山野ヤマメ。そこは、一見普通の部屋だが、撮影すると映像に白いものが写り込み、音声が乱れるなどの怪奇現象も起こり……

■全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ 8/29-8/30)

1位『事故物件 恐い間取り』

2位『映画ドラえもん のび太の新恐竜』

3位『糸』

4位『今日から俺は!!劇場版』

5位『2分の1の魔法』

6位『劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]III.spring song』

7位『コンフィデンスマンJP プリンセス編』

8位『青くて痛くて脆い』

9位『思い、思われ、ふり、ふられ〈実写〉』

10位『弱虫ペダル』

今週末は『行き止まりの世界に生まれて』『宇宙でいちばんあかるい屋根』『映画 きかんしゃトーマス チャオ!とんでうたってディスカバリー!!』『人数の町』などが封切られます。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ