自宅に浮浪者が侵入し生活 その原因に「幽霊よりヤバい」「自業自得」

fumumu

侵入者(IPGGutenbergUKLtd/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
28日に放送された『爆報!THEフライデー』(TBS系)に事故物件のスペシャリスト・大島てるさんが登場。

「事故物件より怖い隣人」エピソードについて語りました。

中でも注目されたのが、ホームレスに”寄生”されたというある女性の体験談。彼女のありえない行動に、ネットからは疑問の声が集まっています。

■オートロックマンション住まい


客室乗務員の安田さん(仮名)は、航空会社が社宅契約を結び、多くの同僚が住むオートロックマンションで暮らしていました。

彼女は仕事で一週間程家を空け帰宅したある日、まだ十分に残っていると思ったハンドソープがない、家具の配置が微妙に変わっているなどちょっとした異変を感じたそうですが、「ただの気のせいだ」と思うようにしていたそうです。


関連記事:不動産屋が困った…物件探しの前に決めておいてほしい5つのこと

■便座があがっている…


そして5日後、フライトを終えて家に帰ると、女性はあげるはずのない便座があがっていたことから「もしかして、だれか部屋に入った?」と恐怖を覚えた安田さん。

マンションはオートロックでセキュリティは十分だったはず…。奇妙なことに、何かが盗まれた形跡は全くなかったと言います。

■見知らぬ男が監視カメラに


恐怖のあまり部屋に監視カメラをつけて出かけることにした安田さんは3日後、映像に見知らぬ男が映り込んでいることに気づきます。

カメラを覗き込むドアップからはじまり、服を脱ぎ、家にある食べ物を食べ、安田さんのベッドで眠りにつく赤の他人に彼女はドン引き。

警察曰く、男性は泥棒でも変質者でもなくマンションの隣の公園で暮らしていた浮浪者。長期で家をあけることが多い客室乗務員のマンションであることを知り、配送業者にまぎれてオートロックを突破。たまたまカギをかけていなかった安田さんの部屋から合い鍵を盗み、食事、風呂、睡眠を目的に侵入を繰り返していたことがわかりました。

■増加する無施錠


VTRで事件を振り返った大島さんは、「皆さんも本当に注意してほしい」と視聴者に忠告。「オートロックの物件だと安心して玄関のカギをかけずにいる人が多い」と、身近な事件であることを説明しています。

放送前後のツイッターからは「オートロックマンションだからって部屋の鍵無施錠はありえない…」「他の住人が部屋を間違えて入ってきたら怖いから絶対鍵かけてた」「オートロックの人って無締まりするの?」といった驚きの声が殺到。「幽霊よりもヤバい」「宅配の人とか住人の人の跡つければ入れるのに…!」「逆にどういった神経したらそうなるんだ」等、無施錠に対する疑問が多数寄せられました。

これは自業自得と言っても過言ではない案件。どんな形態のマンションであれ、鍵は必ずかけるようにしたいものです。

・合わせて読みたい→一人暮らしの女子必見! 外干ししてもいいもの・しない方がいいもの

(文/fumumu編集部・AKO)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ