『TOHO MUSICAL LAB.』オーディオコメンタリー収録レポート-『Happily Ever After』(生田絵梨花、海宝直人)編

SPICE



コロナ禍により3月から休館していたシアタークリエの再開第一弾として立ち上げられた新たなプロジェクト「TOHO MUSICAL LAB.」。2020年7月11日(土)に無観客・ライブ映像配信にて上演された本作品が、数量限定でBlu-rayリリース(10月7日(水)発売)される事となった。
収録されるのは『Happily Ever After』『CALL』の2作品。さらに特典として出演者によるオーディオコメンタリーが新たに収録される。この収録現場の模様をレポートする。
今回レポートするのは『Happily Ever After』だ。

収録スタジオでは既に海宝直人が別の取材でスタンバイ。そこに『THE MUSICAL CONCERT at IMPERIAL THEATRE』の公演を終えたばかりの生田絵梨花が合流して、収録がスタートした。

二人の話は舞台にまつわる話からまったく関係ない話まで笑い声と共にどこまでも広がっていた。製作発表時の歌唱披露の振り返り、生田演じるマリアの両親の話から脱線した「食後のお皿を重ねるのは許せる?許せない?」談義、さらにはステイホーム期間中に「料理の腕が上がった!」と海宝が胸を張って主張すると「私はその料理にさらに一つ(具が)多いものを作っていた!」と生田が応戦する一幕も。どんな話題であれ、語り合い笑いあう二人の声は、デュエットで披露した美声そのまま。聴いているだけで夢の世界に誘われるようだった。

収録後、二人に話を聴いた。

エアーでタッチ!
エアーでタッチ!

――収録お疲れさまでした。久しぶりに映像を見ながら語り合ってみていかがでしたか?喋り足りない事はありませんでしたか?

生田:結構喋りましたね(笑)。

海宝:喋ったねえ(笑)。

生田:今日の収録は元々のプランでは「映像を見ながら話をする」だったんですが、気が付いたら映像そっちのけで違う話をしてしまって!

海宝:いろいろとね。忘れていた事を話していたよね。上演が一回限りだったので、初日にして千秋楽。それが映像として残るのが不思議な感じですね。

生田:上演時間30分というのは演じていてもあっという間だったけど、観ていてもあっという間でしたね。という事は繰り返し観やすい作品かも! 普段だと大体2時間くらいの作品なので「さあ、観よう」って本腰を入れる必要があると思うんですが、これは30分だし、夢の中で巡り合う話。ちょっと心がほっとする時間が作れたらって思って作っていたので「ああ、ちょっと今日は疲れたな……夢の世界に入りたいな」って思った時にこの作品を観てもらえたら嬉しいですね。
生田絵梨花
生田絵梨花

――演出の根本宗子さんと初めてお仕事をしてみていかがでしたか?

海宝:何より楽しかったですね。作りたい舞台のビジョンや世界観が確立されている中で、役者たちから生み出されてくる発想やライブで生まれたものをチョイスしたり、役者が不安になった時にくっと手綱を引いてくれたり……役者としては根本さんとやっていて心地良い感覚でした。ふと疑問に思った事を口に出すと「それでOK」「それはちょっと違う」って答えがハッキリしていたし、またちょっとふざけてやってみた事について「それ、面白いですね。やってみましょう。やって見るからにはどうしてそうなったのか気持ちをすり合わせてみましょう」って一緒に考えてくれたし。大胆さと繊細さの両方を兼ね備えた人だなあと思いました。

生田:根本さんの作品ですが「こうやってほしい」という事は言われず「自由にやってほしい」というスタンスでした。で、やってみた事を根本さんが純粋に楽しんでくれている。心から笑ってくれたり、いいね、と採用してくれたり、反対に、しっくりこない事についても「こういう方法があるんじゃないか」ってイメージを共有してくれたり。根本さん自身も時間がない中ではありましたが「稽古をやり過ぎない」って事も考えてくれました。芝居を身体に入れる時は7時間とか根を詰めてやってはいましたが、いったん身体に入ってくる時期になると「考えすぎると逆に動かなくなるから」と言ってくださったりして……。その場で生み出される二人の共有できる感覚を大事にされる方だったなと。やる方も楽しんでできたのは根本さんの人柄によるんだろうなって思いました。

海宝直人
海宝直人

――ブルーレイでご覧くださる方にお二人からのオススメの観方や見どころを!

海宝:ブルーレイだから画質もすごくいいんだろうね!

生田:配信は期限があるので観れなくなる時があるけれどブルーレイならいつでも観る事ができるし!

海宝:配信時期にスマホでご覧になっていた方もブルーレイで心置きなく大画面で観ていただけるからね。いつでも戻して観れますしね。生田さんのあの一筋の涙が……とか!

生田:海宝さんのあのスキャットが!とか(笑)

――歌い終わった後の二人の「はあーっ」とかも(笑)!

生田:カーテンコールの「はあーっ」と最初の「はあーっ」の違いも観比べる事ができるし!

海宝:コマ送りでいろいろね。そして僕たちにとってはもう一つの作品『CALL』を観ていないので、そっちも観たいしね。

生田:そしてオーディオコメンタリーではインタビューではあまりしない話もしているからそこも楽しみにしていただきたいですね!
(左から)海宝直人、生田絵梨花
(左から)海宝直人、生田絵梨花

取材・文・撮影(一部)=こむらさき

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ