浜辺美波、20歳の誕生日は「愛がほしいですね!」 『ふりふら』共演者からプレゼントも

クランクイン!

 女優の浜辺美波が27日、現在公開中の映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の大ヒットと、29日に20歳を迎える浜辺の誕生日を祝うスペシャルトークイベントに出席。共演の北村匠海、福本莉子、赤楚衛二からサプライズでお祝いされたほか、20歳の抱負や子どもの頃の夢などを語った。

同作は、累計発行部数500万部を突破した漫画家・咲坂伊緒の同名少女漫画を実写化した作品。4人の高校生の男女の切なくすれ違う恋模様を描く青春ラブストーリーで、恋愛映画の名匠・三木孝浩監督が、映画『アオハライド』以来となる咲坂作品でメガホンを取る。

この日の会場は、事前にサプライズで北村、福本、赤楚が誕生日用の飾り付けを行っており、入場した浜辺は温かい出迎えに「え! ありがとうございます! センス凄いですね!」と驚き。この日MCを務めた北村から、“20歳の抱負”を聞かれた浜辺は「20歳になったらなんでもできちゃう! なんでもやってやろう!とウキウキです! 今からでも青春できるよ!っていろんな人から言われて、ちゃんとプライベートもお仕事も両方楽しみたいな!って思っています」とほほえんだ。

続いて、映画の公式SNSで募集した質問に答えるコーナーで、子どもの頃の夢を聞かれた浜辺は「歯医者さんかサーカスの人。サーカスの人は、“シルク・ドゥ・ソレイユ”を見て憧れて、歯医者さんは、虫歯がたくさんあったから(笑)」と理由も明かし、会場の笑いを誘った。そして、寄せられた質問で最も多かった「20歳の誕生日に何がほしいか」の質問に「愛がほしいですね!おめでとうってみんなに言っていただけて、誕生日を覚えてもらえるだけで幸せです!」と答えると、北村、福本、赤楚それぞれから誕生日プレゼントを受け取った。

「すごく嬉しい! 愛ですね、これは!」と感激している浜辺に、さらに北村はサプライズの手紙を贈り、「初めて出会った時はお互い10代で、中々コミュニケーションもとれずにいましたが、3年くらいたって3度の共演の中で成長していく美波ちゃんを嬉しく感じていました。これから青春をキラキラ走り抜けていくんじゃないかなと思っています。絶対幸せな未来が待っているし、楽しいこともいっぱい待っています。どうかこれからもこのまま真っ直ぐ素直に生きてください」と読みあげた。

盛大にお祝いされた浜辺は「誕生日っていいなぁ~。サプライズって少し気負ってしまうのだけど、この3人だとほんわか嬉しくって温かい気持ちになりました。最高なプレゼントをもらいました」と感謝の気持ちを述べた。最後に北村は「誕生日パーティーはしたことがなかったけれど、だれも頑張らずにいられる楽しい会でした」と振り返り、本作のヒットについては「映画も大変な時期の中で学生の方が多く見てくれているってことは、何かを救えたり勇気をあげられていたり、背中を押せているかもしれないと思うと嬉しいです」と語った。

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』は公開中。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ