俳優・田中涼星インタビュー<後編>「本当はボケ担当!?”人生、笑いあれ”の精神で」

 

 

大好評のインタビュー企画『夢彼と同棲してみたら…』。
今週も人気俳優・田中涼星さんの<後編>です。
イケメン俳優とは裏腹の三枚目!?なプライベートを深掘りした前回から一転、今回は「俳優・田中涼星」に再びスポットを当てます!

 

※本インタビューは7月初旬に実施されたものであり、内容については当時のものです。本連載の中で語られる一部の舞台については、新型コロナウイルスの影響で掲載後に公演スケジュールや内容に変更が発生する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

過去記事はこちら!

<前編>

 

<中編>

 

 

 

めるも編集部(以下、めるも):後編の撮影は、ちょっぴり大人っぽいシチュエーションをご用意しました。

 

田中涼星さん(以下、田中さん):おおー!がんばります!

 

 

人と比べて落ち込んだ時期もあった

 

 

 

めるも:ここまでお話をうかがってきて、マイペースに好きなものを突き詰めて、人を楽しませることに喜びを感じる方なのかなと思ったんですが、ご自身では自分の性格をどう感じていらっしゃいますか?

 

田中さん:結構、小さなことを気にするタイプかも。この世界に入ってテニミュ(ミュージカル『テニスの王子様』)を卒業するあたりまでの2~3年は、それが最大限に発揮されてましたね。
「あの人はあんなこともできるのに、自分は全然ダメだ……」と勝手に思って、勝手に落ち込んでいた時期。

 

めるも:そんな時期が……。
その葛藤は、何をきっかけに乗り越えられたんですか?

 

田中さん:事務所の社長にずっと言われてたんです、「ほかの人は気にしなくていいよ」って。でも、気になってしまう。……頭ではわかっていても、心が追いつかなくて。

 

めるも:苦しいですね。

 

田中さん:そんなとき、る・ひまわりさんの舞台に出演させていただいて(17年『ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭』海野六郎 役)、一発芸をやったんですよ。
稽古場で、死にものぐるいで。ある人から見ればぜんぜん面白くない芸だったと思うんですけど、先輩方が評価してくださって、そこから少しずつ変わってきたと思います。自分をストレートにさらけ出すという感じを。

 

めるも:殻を破った感触が?

 

田中さん:ええ。
今思うと、世間で「イケメン俳優と呼ばれているから」という枠に縛られていたのかもしれませんね。カッコつけた振る舞いをしなくちゃいけないと思い込んでいて。でも、そうじゃなくて、もっと“自分”を出したほうがいいんだなって。

 

めるも:役を演じることと、自分を出すことのバランスが取れたのでしょうか。

 

田中さん:そうなんだと思います。
僕は「人生、笑いあれ」という人間なんです。だから自分が笑うことも好きだし、笑ってもらうことも好き。カッコつけてるだけじゃ、ダメだったんですね。

 

めるも:笑顔がさらなる笑顔の呼び水となるわけですね。

 

田中さん:だって幸せじゃないですか、笑ってると。
だからキャストやファンの皆さん、そんな好きな人たちとは、一緒に笑い合える関係でいたいんですよね。

 

 

 

3分でコンビ解散、次に目指すはバラエティ番組!?

 

 

めるも:外出自粛期間は、どんなことをされていましたか?

 

田中さん:結構いろいろやりました。
ギターの練習をしたりとか。ギターは前に(中編記事で)お話ししたように挫折しているので、また練習してみようかと。あとは英語の勉強と、ドラマや映画を観て、筋トレして。

 

めるも:やることがいっぱい詰まってましたね。

 

田中さん:「何もしなかったら終わっちゃう」って、あせりの気持ちですよね。自粛明けに後悔したくなくて、無駄な時間をすごさないように心がけていました。

 

めるも:まじめでストイックなお人柄を感じるエピソードです。

 

田中さん:朝までゲームしてる日もありましたけどね(笑)。で、翌日の昼に起きて、また予定していたことをこなす。 

 

 

めるも:リモート配信のお仕事も増えたかと思います。
ゲスト出演された『寝巻きで語らナイト』(『寝ないの!? 小山内三兄弟』のスピンオフ企画、以下「語らナイト」)の、一コーナーである「みんなの秘密を暴かナイト」を拝見して思ったのですが、田中さん、めちゃめちゃMCがうまくないですか?
“しっかり者の長男”タイプ、といいますか。

 

田中さん:たしかに僕は長男だし、どちらかというとツッコミタイプだと思って生きてきたんですけど、まわりに聞くと「いや、ボケだよ」って。

 

めるも:……。

 

田中さん:あれ?僕、やっぱりボケっぽいですか?
実は僕自身は意外だったんですが……(笑)。でも考えてみると、なにかしらボケて笑ってもらうのも好きなんですよね。
学生時代に一瞬、友人と漫才コンビを組んでみたこともありますし。

ためしにサンドウィッチマンさんのネタを完コピしてみたんですよ。でも、僕らがやると全然おもしろくなくて。
「ダメだ、解散!」って。3分でやめました(笑)。

めるも:短い夢だった(笑)。
あれ、そういえば語らナイトでも「お酒が入ると突然、漫才をしはじめてしまう」って鳥越裕貴さんがおっしゃってませんでしたっけ?

 

田中さん:(糸川)耀士郎くんとのやつですね!
あのときは酔っ払ってて、実は記憶が断片的にしかないんですけど、楽しかったなぁ。機会があるならもう一度、彼とコンビを組みたいなと思います。
あ、ファンイベントでコントを一緒にやってくれないかなぁ。

 

めるも:それはファンの皆さんも、ぜひ見たい!と思われるのではないでしょうか。
そういったお笑い好きな土壌があったからこそ、MC役がはまっていらしたんですね。
先輩である鳥越さんにも番組中に果敢に絡んでいかれて。

 

田中さん:先輩なので、最初はちょっと勇気が必要でしたけど。あとで怒られたらどうしようとか(笑)。

 

めるも:鳥越さんのいつもと違う一面を観られた貴重な回でした。

 

田中さん:そう思っていただけたなら、うれしいです。僕は捨て身でしたが。

 

めるも:そんなことを微塵も感じさせないほどでした。

あ、田中さんのフリップを出すタイミングがですね、とても手慣れてらっしゃるな、と。

 

 

 

田中さん:バラエティ番組が大好きで、ずっと自分でもやってみたかったから、めちゃくちゃウキウキしてました。実は普段からいろんな番組を観ながら、お笑い芸人さんの動きを勉強したりしていて。

 

めるも:探究心がすごすぎた!

一方で、語らナイト配信のリアルタイム、Twitter上では「最高の癒やし回」と評判でした。

 

田中さん:僕は爪あとを残そうと必死でしたけどね!

 

めるも:爪あと!(笑)

 

田中さん:はい。やるときは、やる。目指す頂上は『アメトーーク!』で。

 

めるも:完全に芸人さん目線(笑)。
そういえば、プロの芸人さんでさえ「リモート収録は会話のタイミングがむずかしい」とおっしゃるとか。
語らナイト中の間合いのとり方がお上手ですごく聞きやすかったです。

 

田中さん:「リモートのタイムラグをなくすには?」と考えたときに、相手が話し終わる瞬間に話しはじめるとちょうどいいのかなと。事前に色々と研究して。

 

めるも:そこもまた探求されてらっしゃる!
相手のお話を聞きながら、次の話題を考えているわけですね。

 

田中さん:そうです、そうです。台詞尻なら少し言葉が重なっても大丈夫なので。

 

めるも:とっても勉強になります。が、それをいざ実践するとなると、簡単にはいかなそうです。やはり、俳優さんの感性と瞬発力ですね。

 

田中さん:そうですか?「なるほどなるほどー」って、相づちで埋めちゃうこともありますけどね(笑)。

 

めるも:こちらが褒めると、必ずオチをつける田中さん。そういうサービス精神の旺盛さが、身近な方に「ボケ担当」と評される理由かもしれないですね。

 

―――

 

撮影中、スタッフ全員から何度も感嘆の声があふれるほどの、みずみずしい端麗さと、一方で蠱惑的な色気をあわせ持つ田中涼星さん。
その恵まれた容姿はもちろんだけれど、そこに甘んずることは決してなく、
勤勉でまっすぐ、ファンの皆さんのみならず撮影中には編集チームまでも心を配ってくださるその優しさ、内面の透明感と、数々の魅力を秘める方でした。

会えば会うほどに、話せば話すほどに、観劇すればするほどに、新たな魅力がさらに生まれ、よりいっそう彼から抜け出せなくなる、そんな俳優こそ、“田中涼星”。
今後の活躍と開花への期待がとまりません。

(そして、もう一つ。
ヘアメイクをするため、席につく際、脚が長すぎて思いっきりメイク台に膝をぶつけ、いい音をたてたというおちゃめな一面も、彼の魅力の一部だった!と、こっそりとファンの皆さんにお伝えしたい。笑)

これからもめるも編集部は、田中涼星さんのさらなる躍進を心より応援しております!
素敵な撮影をありがとうございました。

企画立案・編集:ナスエリカstudio KAORO)/ライター:小塚祐子/カメラ:大木慎太郎(fort)/ヘアメイク:辻有見子(BELLEZZA /衣裳協力:P.E.O.T.W AG

 

 

おまけショット

 

 

 

直筆サイン入りチェキをプレゼント!

 

 

田中涼星さんの直筆サイン入りチェキを抽選で3名様に。
「めるも」公式Twitterをフォローのうえ、指定TweetをRT、感想をリプライして、ご応募ください。

 

 

 

■田中さんの今後のスケジュール

NHK総合「うたコン」にて
刀剣男士 formation of 葵咲の出演決定!

・日程:2020年9月1日(火)19:57~20:42
※お住まいの地域のテレビ番組表をご確認ください
・詳細:https://www.nhk.jp/p/utacon/ts/1J9MXY5QX2/

MANKAI STAGE『A3!』~Four Seasons LIVE 2020~
・日程:2020年9月17日(木)~20日(日)
・場所:東京ガーデンシアター
・詳細:http://www.mankai-stage.jp/4seasonslive2020/

<オフィシャルファンクラブ詳細>
田中涼星Official Site(たなかりょうせい オフィシャルサイト)
URLhttps://tanaka-ryousei.com

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ