SMAP解散報道の最新情報

SMAP解散報道 に関するニュース検索結果   200件

木村拓哉、小出恵介の代役を「俺やりましょうか」とさんまに直談判した裏事情

木村拓哉、小出恵介の代役を「俺やりましょうか」とさんまに直談判した裏事情

17歳女性と不適切な関係を持ち、無期限活動停止中の小出恵介がメインで出演したドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」(Netflix)が、代役を立てて撮り直されることがわかった。この事態を受け、ある大物ジャニーズメンバーが名乗り.. 続きを読む

「スマステ」終了報道で改めて思う。木村拓哉は本当に裏切者だったのか?

「スマステ」終了報道で改めて思う。木村拓哉は本当に裏切者だったのか?

(C) hxdyl - Fotolia.com最近、SMAP報道がまた過熱を帯び出しています。それはジャニーズ事務所の契約期限の9月を迎えるにあたり、もし独立をする場合には、今月6月に事務所に意向を伝えるといわれているから。そんな中、ファンに衝撃.. 続きを読む

『スマステ』9月終了報道で香取慎吾の芸能界引退を案じる声

『スマステ』9月終了報道で香取慎吾の芸能界引退を案じる声

2017年6月15日に、香取慎吾(40)がMCを務める『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)が9月いっぱいで終了するということが報じられた。『SmaSTATION!!』は『スマステ』と略して呼ばれることが多く、2001年10月に放送が開始された日本や世界の.. 続きを読む

香取慎吾"隠し子"報道でわかったジャニーズ「結婚させない」圧力の非人道性! 裏切り者へのリーク攻撃も

香取慎吾"隠し子"報道でわかったジャニーズ「結婚させない」圧力の非人道性! 裏切り者へのリーク攻撃も

なんとも衝撃的な"文春砲"が飛び出した。昨日発売された「週刊文春」(文藝春秋)が伝えた、元SMAP・香取慎吾の"隠し子"疑惑のことだ。まず記事は、香取より2歳年上の恋人・A子さんとの関係を、交際が発覚した20年前の1997年から紹介。A.. 続きを読む

キムタクの名前に込められた「ある願い」とは

キムタクの名前に込められた「ある願い」とは

主演ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)が、今期の連続ドラマで平均視聴率トップを記録した木村拓哉。草なぎ剛の主演ドラマ『嘘の戦争』(フジテレビ系)も健闘したが、木村が大きくリードし“高視聴率男”の面目を保った。4月29日に.. 続きを読む

松本人志「大手芸能事務所のタブー化」批判にバーニング所属のウェンツが涙目! でも松本も吉本に守られているんじゃ...

松本人志「大手芸能事務所のタブー化」批判にバーニング所属のウェンツが涙目! でも松本も吉本に守られているんじゃ...

リテラでは保守化と権力側に立った発言を散々批判しているダウンタウンの松本人志。しかし、1月1日に放送された『ワイドナショー元旦SP』では、「バラエティ番組のワイドショー化」「テレビが抱えるジレンマ」について語る場面で、珍しく.. 続きを読む

嵐・松本潤だけじゃない?ジャニーズに”女性スキャンダル続出”の背景

嵐・松本潤だけじゃない?ジャニーズに”女性スキャンダル続出”の背景

アイドルは恋愛しない、なんて言葉はもう死語だろうか。不倫や薬物にまつわる騒ぎが頻繁に起きた2016年、SMAP解散に揺れたジャニーズは女性スキャンダルで世間を賑わせた。若手のHey! Say! JUMPからベテランの嵐にいたるまで、スキャンダ.. 続きを読む

今年の人気記事ベスト10(1/1~12/31)

今年の人気記事ベスト10(1/1~12/31)

今年(2016年)に、ViRATESで人気のあった記事ベスト10をご紹介させていただきます!   1.ナミに激似! グラドル・秋田知里のコスプレがセクシーすぎた   やば!今日猫の日じゃないか!今更ですが秋田知里(22)が2月22日をお知らせしま.. 続きを読む

第15回「2016テレビの記憶」

第15回「2016テレビの記憶」

最初に断っておくが、今回の記事は簡素なものである。僕の役目はいわばナビゲーター。主役はみなさん自身。そう、皆さん一人一人に今年1年――2016年のテレビ界を振り返ってほしいというのが、今回の主題である。この記事は、いわば、その.. 続きを読む

SMAP稲垣「中居との初ゴルフ」で感じた“偉大さ”

SMAP稲垣「中居との初ゴルフ」で感じた“偉大さ”

グループの解散をめぐり、2016年はSMAPの話題で揺れ動いた一年だった。メンバーに関する報道は不仲説などネガティブなものが多く、ファンたちは不安な気分にさせられた。しかしそんな中、実は中居正広と稲垣吾郎が仲良くプライベートでゴ.. 続きを読む

 SMAPの解散はアイドルの生前退位? 大人のためのSMAP論

SMAPの解散はアイドルの生前退位? 大人のためのSMAP論

2016年12月31日、とうとうSMAPが25年間の歴史に幕を閉じ、解散します。国民的アイドルでありながら、テレビの中では気取らない姿でバラエティーも数多くこなしてきたSMAP。もはや紹介する必要のないくらい当たり前のように私たちの日常に.. 続きを読む

「判定なんかどうでもいい」『SMAP×SMAP』でタモリがSMAPへ贈ったもの

「判定なんかどうでもいい」『SMAP×SMAP』でタモリがSMAPへ贈ったもの

「SMAPが空中分解になりかねない状態だと思いましたので、今日は自分たち5人がしっかり顔をそろえて、皆さんに報告することが何よりも大切だと思いましたので、本当に勝手だったのですが、このような時間をいただきました」今年1月18日、.. 続きを読む

『世界に一つだけの花』300万枚突破 “ものまねSMAP”へも「ありがとう」の声続々

『世界に一つだけの花』300万枚突破 “ものまねSMAP”へも「ありがとう」の声続々

SMAPの『世界に一つだけの花』が累計で売上数300万枚を突破した。お笑い芸人による“ものまねSMAP”もツイッターで「300万枚突破しましたね」と喜びをつぶやいたところ「ありがとうございます。本物SMAPにも届いていますように」「本当にう.. 続きを読む

2016年最も話題になったな~と思う「ニュース」ランキング

2016年最も話題になったな~と思う「ニュース」ランキング

今年ももうあと少しで終わりを迎えますが、皆さんは良い年を送る事ができましたか?振り返ってみれば色々な出来事があったと思いますが、世間を騒がせたニュースも非常に多い年だったかと思います。そこで今回は「2016年最も話題になった.. 続きを読む

日刊スポーツが有吉・夏目熱愛報道をおわび「事実と異なるところがありました。謹んで深くおわび申し上げます」

日刊スポーツが有吉・夏目熱愛報道をおわび「事実と異なるところがありました。謹んで深くおわび申し上げます」

今年の芸能界は、何かと話題が絶えない。年初のゲス不倫騒動に始まり、SMAP解散報道、ファンキー加藤W不倫や清原和博逮捕、高樹沙耶逮捕などなど。1年を通して大騒ぎとなった。そんななか、2016年8月に報じられたお笑い芸人の有吉弘行さ.. 続きを読む

激ヤセで倒れる寸前?SMAP解散前で木村拓哉の”心労”がピークに

激ヤセで倒れる寸前?SMAP解散前で木村拓哉の”心労”がピークに

解散まで残り2ヶ月を切ったSMAPの木村拓哉(43)が、ラジオでその複雑な胸中を吐露し、様々な憶測が飛び交っている。SMAPメンバーが交代でパーソナリティを務めるラジオ番組『おはようSMAP』(TOKYO FM)で10月28日放送回を担当した木村.. 続きを読む

井ノ原快彦が大事にする「香取慎吾からの贈り物」とは

井ノ原快彦が大事にする「香取慎吾からの贈り物」とは

今年の大みそかで解散するSMAPのメンバー香取慎吾。そんな香取の親友で同級生が、V6井ノ原快彦だ。歌番組に出演することがめっきり減った両グループが、現在公の場で“絡み”を見せることはない。香取は未婚、井ノ原は既婚だからか、私生活.. 続きを読む

タッキー&翼も分裂危機?まだまだ続くジャニーズの派閥問題

タッキー&翼も分裂危機?まだまだ続くジャニーズの派閥問題

SMAP解散騒動の裏で、ジャニーズ事務所の派閥問題はその後輩たちをも巻き込んでいる。『週刊文春』(文藝春秋)が10月20日号で、「タッキー&翼」の今井翼(35)が「SMAP解散はメリーさんのせいだ」と発言したことが話題となっている。こ.. 続きを読む

山下智久“熱愛”、山口達也“依存症”……SMAP解散報道で変わったジャニーズ記事

山下智久“熱愛”、山口達也“依存症”……SMAP解散報道で変わったジャニーズ記事

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!自民党が党総裁任期を連続3期9年に延長する方針を固めた。これで安倍首相が2018年9月.. 続きを読む

「SMAP自体は眼中にない」TBSが仕掛ける“中居バックアップ体制”の舞台裏

「SMAP自体は眼中にない」TBSが仕掛ける“中居バックアップ体制”の舞台裏

SMAP解散により、テレビ各局の冠番組の存続が不安視されている。しかし、TBSに限っては、来年以降も“安泰”なのだという。同局はSMAPが解散へ向かっていることをいち早く察知し、対策を取っていたようだ。「SMAP解散報道で名前が出てくる.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。