鶴田浩二の最新情報

鶴田浩二 に関するニュース検索結果   25件

記事画像

さあ一丁、ブワァーっと植木等だ!(2)1週間の睡眠時間は10時間

コメディアンの小松政夫は、全国トップの売り上げを誇る車のセールスマンだった。現在の金額で月収100万円は下らなかったが、その収入を捨てて、大好きな植木等の付き人になった。昭和39年、植木とクレージーの人気が頂点に達していた頃.. 続きを読む

記事画像

松方弘樹 大御所スターでありながら「可愛い後輩」だった

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、2017年1月21日に脳リンパ腫で亡くなった、故・松方弘樹さんが、かつて共演した大御所俳優について語った言葉をお届けする。* * * .. 続きを読む

記事画像

ビートたけし「松方さんは勝新さんや錦之介さんに連なる人」

1月23日に亡くなった俳優・松方弘樹さん(享年74)。かつて『元気が出るテレビ!!』などで共演したビートたけしは、松方さんの死に何を思うのか。新刊『テレビじゃ言えない』が話題のたけしが、テレビでは話せなかった松方さんとの思い出.. 続きを読む

記事画像

松平健 暴れん坊将軍はなぜ斬らずに「峰打ち」なのか

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、役者・松平健の代名詞ともなった時代劇シリーズ『暴れん坊将軍』の八代将軍・徳川吉宗に決まったころと、吉宗となったばかりのころの思い.. 続きを読む

記事画像

秋はアクティブに楽しもう!11月の和歌山旅行おすすめ20選はココ!

11月の旅行なら和歌山がオススメ!世界遺産の熊野古道をはじめ高野山、熊野本宮大社、和歌山城、那智の大滝など観光スポットがいっぱい!国の天然記念物である橋杭岩や千畳敷、忘帰洞、円月島、三段壁など大自然を楽しむのもひとつ。アド.. 続きを読む

記事画像

女性の「大好き!」満載の和歌山へ行く! イマ女子旅いくならココがオススメ20選!

歴史深い豊かな自然と、その恩恵をたっぷり受けた温泉やグルメが素敵な和歌山。数々の景勝地に足を運び、心地よい疲労を温泉で癒し、名産品で舌鼓を打つ。女子のハートわしづかみ、イイトコ取りの旅行プランに思わず胸が躍り出す!仲の良.. 続きを読む

記事画像

「真田丸」呂宋助左衛門登場を解く「黄金の日日」オマージュが熱い

7月17日に放送されたNHK大河ドラマ「真田丸」第28回(きょう13時5分より総合テレビで再放送あり)。先週の記事で書いたとおり、この回には往年の大河ドラマ「黄金の日日」(1978年)の主人公、松本幸四郎扮する貿易商・納屋助左衛門(通.. 続きを読む

記事画像

平成元年の梅雨空に旅立ったスター…今日は昭和の歌姫・美空ひばりさんの命日です

今から27年前の今日、6月24日は昭和の歌姫と呼ばれた美空ひばりさんの命日。もうお亡くなりになってから27年も経つのですね。彼女を知らない世代も年々増えているかもしれませんが彼女が残した名曲の数々はいまだに映画やドラマ・CMなど.. 続きを読む

記事画像

「ゆとりですがなにか」は2016年の「ふぞろいの林檎たち」なのか

この4~6月期のテレビドラマは「トットてれび」「重版出来!」など各局、目の離せなかった作品が多く、豊作の感があった。去る6月19日に最終回を迎えた「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系、日曜よる10時30分~)も今期の傑作のひとつ.. 続きを読む

記事画像

【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット50選~和歌山エリア~

きれいな海に歴史深い世界遺産も多数ある「和歌山」。「和歌山に旅行に行ってみたいけど…」という方に、じゃらん編集部選りすぐりのオススメスポット50選をご紹介します。世界遺産を訪れる旅や、熊野古道など日本の歴史を感じる和歌山エ.. 続きを読む

記事画像

【著者に訊け】のむらしんぼ氏『コロコロ創刊伝説』

【著者に訊け】のむらしんぼ氏/『コロコロ創刊伝説』/小学館/583円+税男の子なら、誰もが一度はあの分厚く、やや小ぶりな漫画誌を手にしたことがあるのではないか。創刊39年を迎えた伝説の少年誌『コロコロコミック』だ。この漫画に.. 続きを読む

記事画像

俺は釣りキチ松方弘樹だ、これが人生だ『松方弘樹の世界を釣った日々』

誰の心の中にもそれぞれの松方弘樹がいる。「仁義なき戦い」の坂井鉄也だよ、という人がいれば、「県警対組織暴力」の広谷賢次、という人もいるだろう。いやいやなんといっても「修羅の群れ」が、というあなた。そうだよね、若山富三郎・.. 続きを読む

記事画像

血の気が多かった高倉健 鶴田浩二との取っ組み合いで勝利

2014年に惜しまれつつ亡くなった高倉健と言えば、「口下手だが気は優しくて情に厚い」という、男の理想を具現化したような存在。ところがそんな“健さん”も、若かりし頃は血の気が多い一面もあった。先輩俳優の鶴田浩二とは、こんなやりと.. 続きを読む

記事画像

酒乱の三船敏郎を叩きのめし、石原裕次郎に詫びを入れさせた安藤昇という男

北の湖、原節子、水木しげる、野坂昭如……今年も年末にかけて各界の巨星の訃報が相次いだ。12月16日に亡くなった安藤昇もまた間違いなく「巨星」の一つであろう。しかし、安藤昇という人物がいったい何者なのか、ある世代から下の人々には.. 続きを読む

記事画像

映画俳優の序列は間違えたら揉めるもの 厄介なのはW主演

華やかな「銀幕」の裏には、俳優たちを格付ける明確な序列がある。浮き沈みの激しい人気商売ならではのシビアなしきたりを、映画批評家の前田有一氏が有名作品の事例を通して繙く。* * * 日本の映画界では、伝統的に俳優の序列が厳.. 続きを読む

記事画像

日本ロック史上最高のトリックスター、THE TIMERSの絶品『TIMERS』!

メンバー4人とも土木作業用ヘルメットを被り、手ぬぐいで鼻から下を覆った新左翼活動家のようなエキセントリック出で立ちで、徹頭徹尾、反体制のナンバーを演奏し続けたバンド、THE TIMERS。スタジオ録音盤は『TIMERS』1作品しか発表して.. 続きを読む

記事画像

【分裂騒動】山口組と芸能界を育てたカリスマ組長の実像

日本最大の暴力団、「山口組」分裂の激震が収まらない。「山口組には内紛、離脱、分裂等を繰り返して成長してきたその過程の中で、有能な多くの人材を失ってきた歴史の反省と学習があった。人は誰も学習能力がある。彼らはその体験者にも.. 続きを読む

記事画像

創設100年山口組が大分裂 「山一抗争」を超える報復合戦も

創設100年を迎えた山口組に亀裂が走った。司忍(本名・篠田建市)組長体制に反旗を翻した反主流派の傘下団体組長らが、袂を分かって新組織の結成に動いたのだ。  過去にも山口組には分裂に伴う激しい抗争があった。1984年、竹中正久・四.. 続きを読む

記事画像

浅丘ルリ子「私の履歴書」 小林旭に続く恋愛遍歴暴露するか

浅丘ルリ子(75)が7月1日から日本経済新聞に連載を始めた『私の履歴書』が関心を集めている。  読者をドキッとさせたのは、小林旭(76)との熱愛告白だった。小林は当時、浅丘の本名「信子」からとった〈ぶう〉というあだ名で呼んでい.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。