高良健吾の最新情報

高良健吾 に関するニュース検索結果   519件

フジ『コード・ブルー』が奇跡の16%超え! 月9ドラマ存続に光明か

フジ『コード・ブルー』が奇跡の16%超え! 月9ドラマ存続に光明か

消滅危機のフジ月9ドラマに、一筋の光明が差し込んだ。山下智久主演『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』の初回が17日、30分拡大で放送され、16.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率を獲得し.. 続きを読む

デリヘル嬢を体当たりで熱演「簡単なことなんてなかった」女優・瀧内公美の葛藤に迫る<インタビュー>

デリヘル嬢を体当たりで熱演「簡単なことなんてなかった」女優・瀧内公美の葛藤に迫る<インタビュー>

【瀧内公美/モデルプレス=7月15日】7月15日に初日公開を迎えた映画『彼女の人生は間違いじゃない』で主演を務める女優の瀧内公美(たきうちくみ/27)が、インタビューに応じた。◆東日本大震災後の福島県が舞台同作は『ヴァイブレータ.. 続きを読む

「本当の高良健吾さんがわからない」瀧内公美さんとお互いの印象は?

「本当の高良健吾さんがわからない」瀧内公美さんとお互いの印象は?

アラサーにもなると、誰もが人には言えないような思いのひとつやふたつを抱えながら生きているもの。そこで今回は、悩める女子たちにオススメの話題作をご紹介します。その作品とは……。■ 自分の居場所を求めてもがく人々を描いた『彼女の.. 続きを読む

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(7月13日付)

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(7月13日付)

ガジェット通信です。『Yahoo!映画』さんより情報提供いただいて 7月13日付のユーザーが選ぶ「今週末見たい映画ランキング」をお届けします。本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映.. 続きを読む

斎藤工が「移動映画館」プロジェクトにかける骨太な男気

斎藤工が「移動映画館」プロジェクトにかける骨太な男気

公開中の映画「昼顔」でも相変わらずのフェロモンをふりまいている斎藤工。昨年末にはお笑い芸人・サンシャイン池崎のネタを完コピ披露してお笑いもイケることを証明したが、今回で5回目となる移動映画館プロジェクト「cinema bird」の発.. 続きを読む

週末だけ風俗で働く彼女が手に入れたものは何? 震災風俗嬢の日常『彼女の人生は間違いじゃない』

週末だけ風俗で働く彼女が手に入れたものは何? 震災風俗嬢の日常『彼女の人生は間違いじゃない』

福島の仮設住宅で暮らしているみゆきには、本名とは別にもうひとつの名前がある。普段のみゆきは地元の市役所に勤めているが、週末は深夜バスに乗って上京し、YUKIという名のデリヘル嬢として働いている。震災以降、仮設住宅に父親と2人.. 続きを読む

齊藤工、被災地に“お祭り”届ける 高良健吾も駆けつける

齊藤工、被災地に“お祭り”届ける 高良健吾も駆けつける

【齊藤工/モデルプレス=6月26日】俳優で映画監督としても活躍する齊藤工が発案した「cinema bird(移動映画館)」プロジェクトの第5弾となる「cinema bird in 熊本2017」が、25日に熊本県山鹿市にある、重要文化財の八千代座で行われた.. 続きを読む

坊主が似合ってこそ本当のイケメン? 「薄毛も一緒」との反論も

坊主が似合ってこそ本当のイケメン? 「薄毛も一緒」との反論も

((C)ぱくたそ)髪型によって、見た目の印象がかなり変化する。垢抜けない男性も少し髪型を変えるだけで、かっこよく見えるから不思議な話だ。しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,342名に「男性の髪型について」の調査を実施。「.. 続きを読む

永野芽郁も輩出! “朝ドラヒロイン”とリンクする2つのドラマ

永野芽郁も輩出! “朝ドラヒロイン”とリンクする2つのドラマ

来年4月スタートの連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15、NHK総合ほか)のヒロインが、若手注目女優の永野芽郁(ながの・めい)に決定。応募者2366人の中から、ヒロインオーディション初参加ながら見事ヒロイン・楡野鈴.. 続きを読む

新星・瀧内公美を高良健吾が誤解「すごく闇が深い人だと思った」

新星・瀧内公美を高良健吾が誤解「すごく闇が深い人だと思った」

『ヴァイブレータ』(03)や『さよなら歌舞伎町』(15)の廣木隆一監督が、自身の処女小説を映画化した『彼女の人生は間違いじゃない』(7月15日公開)の完成披露試写会が、6月12日にヒューマントラストシネマ渋谷で開催。瀧内公美、光石研、高.. 続きを読む

【カンピロバクター食中毒に要注意】日本の行政機関ツイートまとめ(6/9)

【カンピロバクター食中毒に要注意】日本の行政機関ツイートまとめ(6/9)

【外食でのカンピロバクター食中毒に要注意!】飲食店で鶏刺しや鶏生レバーを食べたことによるカンピロバクター食中毒が多発しています。よく加熱された鶏肉料理を選んで楽しい外食にしましょう。詳しくはこちら→https://t.co/M2tJQstVIN.. 続きを読む

くまモンも表彰式に登場 映画『うつくしいひと』が“九州魅力発掘大賞”特別賞

くまモンも表彰式に登場 映画『うつくしいひと』が“九州魅力発掘大賞”特別賞

熊本県出身の行定勲監督をはじめ熊本にゆかりのある俳優・著名人や地域活性化に取り組む人々によるプロジェクトで完成した映画『うつくしいひと』(2016年公開)がこのたび“第2回九州魅力発掘大賞”の特別賞を受賞した。5月30日、JR九州が.. 続きを読む

高良健吾、初音映莉子を後ろから抱きしめ…『月と雷』大人の色香漂うポスター解禁

高良健吾、初音映莉子を後ろから抱きしめ…『月と雷』大人の色香漂うポスター解禁

10月7日より全国順次公開を迎える映画『月と雷』から、ポスタービジュアルが解禁となった。大人の色香が漂うビジュアルには、不思議な空気が漂う中で、高良健吾が初音映莉子を後ろから抱きしめる姿が収められている。【関連】「高良健吾.. 続きを読む

瀧内公美主演『彼女の人生は間違いじゃない』、全ての人の想いを代弁…胸打つ予告解禁

瀧内公美主演『彼女の人生は間違いじゃない』、全ての人の想いを代弁…胸打つ予告解禁

『さよなら歌舞伎町』『ヴァイブレータ』などを手掛けてきた廣木隆一監督が、自身の処女小説を実写化した映画『彼女の人生は間違いじゃない』(7月15日全国公開)の本予告とポスタービジュアルが解禁された。【関連】映画『彼女の人生は.. 続きを読む

廣木隆一監督最新作、主演に瀧内公美を抜擢!

廣木隆一監督最新作、主演に瀧内公美を抜擢!

次々と話題作を生み出す廣木隆一監督が“どうしても映画化したかった”とまで思い入れる新作映画「彼女の人生は間違いじゃない」が7月15日に公開されることがわかった。主演は、映画「日本で一番悪い奴ら」('16年)などで知られる女.. 続きを読む

廣木隆一監督、自身の処女小説を初映画化! 主演・瀧内公美が難役を体当たりで挑む

廣木隆一監督、自身の処女小説を初映画化! 主演・瀧内公美が難役を体当たりで挑む

映画『さよなら歌舞伎町』『ヴィブレータ』など、居場所を求める大人たちの衝突や恋愛模様を描いてきた廣木隆一監督が、自身の処女小説『彼女の人生は間違いじゃない』を念願の映画化。主演は『日本で一番悪い奴ら』の瀧内公美が務め、高.. 続きを読む

松田翔太、亡き父の友人たちと有意義な時間を過ごす

松田翔太、亡き父の友人たちと有意義な時間を過ごす

俳優の松田翔太が4月18日、父・松田優作の親友や、人気俳優らが集った会合の様子を紹介。そのあまりに豪華すぎる顔ぶれが、ネット上で大きな話題となっている。 At shimokitazawa Tokyo. 静河と健吾と大木さんと下北。 有意義な時間.. 続きを読む

高良健吾と行定勲監督が、熊本復興の映画に込めた思いを告白

高良健吾と行定勲監督が、熊本復興の映画に込めた思いを告白

2016年4月14日に発生した熊本大地震から1年経った4月14日、熊本出身の行定勲監督が熊本でロケを行った映画『うつくしいひと』(16)の続編『うつくしいひと サバ?』(今夏公開)の東京上映会が、TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催された。囲み.. 続きを読む

4月クールの「フジ月9」「TBS日曜劇場」は成功か破綻か…バカリズムのOLドラマも注目

4月クールの「フジ月9」「TBS日曜劇場」は成功か破綻か…バカリズムのOLドラマも注目

4月に入り、いよいよ春の連続ドラマがスタートする。前クールは『A LIFE~愛する人~』(TBS系)で浅野忠信が存在感を見せつけ、『カルテット』(TBS系)にて高橋一生ブームが巻き起こり、『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)では三浦翔平が.. 続きを読む

『べっぴんさん』全話平均20.3%! 「印象に残らない朝ドラ」と最悪の評価だった理由

『べっぴんさん』全話平均20.3%! 「印象に残らない朝ドラ」と最悪の評価だった理由

ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週2回(火・金曜日)お届けします!『べっぴんさん』(NHK総合/月~土、午前8時) 戦後の焼け野原の中、坂東すみれ(芳根.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。