長嶋茂雄の最新情報

長嶋茂雄 に関するニュース検索結果   363件

覚醒・大田泰示は吉岡雄二の再来?【二宮清純のスポーツコラム】

覚醒・大田泰示は吉岡雄二の再来?【二宮清純のスポーツコラム】

巨人時代、通算8シーズンで、わずか9本のホームランしか記録していなかった男が、北海道日本ハムに移籍した今季は、5月24日時点で早くも5本である。スポーツ紙には「開花」や「覚醒」といった見出しが躍る。言うまでもなく大田泰示のこと.. 続きを読む

「トップガン」続編決定、思い出した20年以上前の1面見出し

「トップガン」続編決定、思い出した20年以上前の1面見出し

あの「トップガン」の続編が製作されることになった。1986年に公開された米映画。全世界で大ヒットし、日本でも、ケニー・ロギンスが歌った主題歌「デンジャー・ゾーン」のヒットとともに社会現象になった。 主演したトム・クルーズはこ.. 続きを読む

「松井秀喜は、長嶋茂雄の唯一の理解者」一茂が秘話明かす

「松井秀喜は、長嶋茂雄の唯一の理解者」一茂が秘話明かす

5月15日放送の「しゃべくり007 2時間SP」(日テレ系)に、偉大な父、長嶋茂雄、石原慎太郎を持つ、長嶋一茂、石原良純が登場。石原慎太郎の息子であり、“昭和の大俳優”石原裕次郎の甥でもある良純は、俳優として活動するようになった際、.. 続きを読む

東京五輪「侍ジャパンは原辰徳監督」で金メダル?

東京五輪「侍ジャパンは原辰徳監督」で金メダル?

3年後に迫る国民的イベントで金メダルを獲るべく白羽の矢が立てられたのはあの名将。だがその思いは揺れに揺れている!!ペナントレース開幕から1か月以上が過ぎたプロ野球。セは広島、パは楽天がロケットスタートに成功した形となった。「.. 続きを読む

巨人V9の「意外な功労者」【二宮清純のスポーツコラム】

巨人V9の「意外な功労者」【二宮清純のスポーツコラム】

懐かしい名前がスポーツ紙の一面に登場した。「エースのジョー」と呼ばれた元巨人の城之内邦雄である。巨人の菅野智之が5月9日の阪神戦(東京ドーム)で完封勝ちを演じれば4連続となり、1965年の城之内の記録に並ぶというものだった。日.. 続きを読む

広岡達朗氏が清宮幸太郎に苦言「あの体つきではダメだ」

広岡達朗氏が清宮幸太郎に苦言「あの体つきではダメだ」

早くも今秋のドラ1指名に踏み切る球団の名前まで報じられた早稲田実業の怪物・清宮幸太郎(17)。あまりの注目度に春季東京大会決勝は異例の神宮球場ナイター開催となり、清宮は試合の終盤に2打席連続ホームランを放って話題をさらった。.. 続きを読む

2日ゴールデン放送の地上波巨人戦中継に物議…「役割を終えた」との声も

2日ゴールデン放送の地上波巨人戦中継に物議…「役割を終えた」との声も

(画像は日本テレビ公式サイトのスクリーンショット)2日の、日本テレビはゴールデンタイム(19時から20時54分)にプロ野球中継『読売ジャイアンツ対横浜DeNAベイスターズ』戦を放送。『火曜サプライズ』や『踊るさんま御殿』は休止とな.. 続きを読む

ビートたけしの金言集「前座として落語をサプライズ披露」

ビートたけしの金言集「前座として落語をサプライズ披露」

あくまで前座として、立川談春さんの独演会に落語を披露すべく17時半に国立演芸場に入られた殿は、畳の楽屋にあぐらをかく形で腰を下ろすと、「マクラで何話すか?」と、わたくしに問うてきたのです。「殿、やっぱり“浅草のターザン”とか.. 続きを読む

有吉、小嶋陽菜の写真集を“Hな本”扱い 櫻井翔も「お尻が見えちゃってる」

有吉、小嶋陽菜の写真集を“Hな本”扱い 櫻井翔も「お尻が見えちゃってる」

4月27日(木)放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に吉田沙保里と小嶋陽菜が登場。吉田はTwitterのフォロワー激減について相談し、フォロワー数ランキングで国内1位の有吉と女性有名人3位の小嶋がアドバイス。また、レスリング日本代表.. 続きを読む

【極秘】糸井重里氏がプロデュースした人気RPG「MOTHER」の知られざる秘密

【極秘】糸井重里氏がプロデュースした人気RPG「MOTHER」の知られざる秘密

ぽえ~ん! 皆さんはコピーライターなどとして活躍する糸井重里氏が手掛けたRPG「MOTHER」のことをご存知でしょうか。1989年にファミリーコンピュータで第1作が発売されて以来、トータルで3作品しか発表されていませんが、国内外に根強い.. 続きを読む

ぶっちゃけ引退後の方が活躍してね!?と思う元スポーツ選手ランキング

ぶっちゃけ引退後の方が活躍してね!?と思う元スポーツ選手ランキング

バラエティ番組をはじめ、コメンテーターやはたまた飲食店の経営など、各分野で「元スポーツ選手」が多数活躍しています。中には現役時代より躍進しているのでは?と思える人もいるようです。そこで今回は「ぶっちゃけ引退後の方が活躍し.. 続きを読む

【プロ野球】あわや初登板ノーヒットノーランのルーキー・加藤拓也。慶応義塾大出身の先輩名投手に続けるか!?

【プロ野球】あわや初登板ノーヒットノーランのルーキー・加藤拓也。慶応義塾大出身の先輩名投手に続けるか!?

4月7日の広島対ヤクルト。プロ初先発となった広島のドラフト1位ルーキー・加藤拓也が初勝利を挙げた。序盤から好投を見せる加藤はヤクルト打線を封じ込め、8回が終わって被安打ゼロ。「プロ初先発でノーヒットノーランを達成するのでは…….. 続きを読む

4番打者「勝敗を背負う」帝王学【二宮清純コラム】

4番打者「勝敗を背負う」帝王学【二宮清純コラム】

長嶋茂雄は名コピーライターでもあった。引退試合で飛び出した「我が巨人軍は永久に不滅です」はプロ野球ファンのみならず、多くの国民の記憶に深く刻み込まれている。2度目の監督時代の1996年には「メークドラマ」なる造語で選手たちを.. 続きを読む

天才テリー伊藤対談「高木豊」(4)松坂は今年、何勝できそうですか?

天才テリー伊藤対談「高木豊」(4)松坂は今年、何勝できそうですか?

テリー 今年もやっぱり、注目選手は大谷になっちゃうと思うんですが、高木さんから見て、どうですか?去年は10勝でしたけど、今年も2桁いきます?高木 体さえ万全なら、何の心配もないでしょうね。ピッチャーに専念すれば恐らく20勝、.. 続きを読む

中畑清さんの『仕事と上手く向き合う方法』が目からウロコ! 「やったミスは必ず生きる」「プレッシャーは幸せなこと」

中畑清さんの『仕事と上手く向き合う方法』が目からウロコ! 「やったミスは必ず生きる」「プレッシャーは幸せなこと」

2017年も早いもので新年度を迎えた。この春からスーツを着て働き始めた新社会人は、戸惑いながらも会社に慣れようと奮闘中。教える側も彼らを一人前にできるよう、丁寧に接していることだろう。ただ、社会の大海原では何かと苦労があるも.. 続きを読む

第19回「王者日テレの歴史」(後編)

第19回「王者日テレの歴史」(後編)

刺客は後ろからやってきた。1970年代、東京キー局は「2強2弱1番外地」と呼ばれ、長らく日テレはTBSに次ぐ2位の座に安住していた。ところが80年代に入り、様相が一変する。競馬でいうところの――突如、後ろから“まくられた”のだ。フジテレ.. 続きを読む

侍JAPAN新監督 本命・原、稲葉に古田、星野や中畑の名も

侍JAPAN新監督 本命・原、稲葉に古田、星野や中畑の名も

すでに退任を公言している侍ジャパン・小久保裕紀監督の後任人事をめぐって、熱い火花が散っている。スポーツ紙記者の話。「次のWBC監督は2020年の東京五輪監督を兼ねる可能性が高い。金メダル奪取が至上命題なので監督としての手腕が求.. 続きを読む

【プロ野球】今年の巨人は逆大穴? 優勝奪還に黄信号。オープン戦“最下位”の理由は?

【プロ野球】今年の巨人は逆大穴? 優勝奪還に黄信号。オープン戦“最下位”の理由は?

5勝14敗。オフにはFAで陽岱鋼、森福允彦、山口俊の3人を獲得するなど、大型補強を敢行した巨人だが、オープン戦ではまったく奮わなかった。巨人が優勝すれば景気がよくなる――、かどうかはさておき、キャンプ前からファン、評論家の間では.. 続きを読む

プロ野球開幕!野球ファンの特徴は「ギャンブルとツイッターが好き」

プロ野球開幕!野球ファンの特徴は「ギャンブルとツイッターが好き」

(Chad Mcdermott/iStock/Thinkstock)今年もプロ野球が開幕した。野球ファンには、待ちに待ったシーズン到来だろう。しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,363名に聞いたところ、全体の30.5%が「自分は野球ファンだ」と回答した。こ.. 続きを読む

【プロ野球】1975年4月3日に生まれた二人。高橋由伸と上原浩治のライバル物語

【プロ野球】1975年4月3日に生まれた二人。高橋由伸と上原浩治のライバル物語

1975年4月3日。今から42年前の今日、二人の偉大な野球人がこの世に生を受けた。高橋由伸と上原浩治。同じ日に生まれ、1997年ドラフト1位で巨人に入団した由伸。1998年ドラフト1位で巨人に入団した上原。元チームメイトであり、同じ日に生.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。