週刊朝日の最新情報

週刊朝日 に関するニュース検索結果   209件

前川前次官が田崎史郎、山口敬之、読売、NHKら安倍応援団を批判!安倍政権によるメディアの私物化は、民主主義を殺すと

前川前次官が田崎史郎、山口敬之、読売、NHKら安倍応援団を批判!安倍政権によるメディアの私物化は、民主主義を殺すと

「総理自ら先頭に立って、説明責任を果たしていただきたい」──本日、日本記者クラブ主催の記者会見に出席した前文科省事務次官の前川喜平氏は、毅然と安倍首相の姿勢を問いただした。きょうの記者会見の開催については、萩生田光一官房副.. 続きを読む

Facebookが禍の元?安倍昭恵夫人“一押し”ミュージシャンが淫行逮捕!

Facebookが禍の元?安倍昭恵夫人“一押し”ミュージシャンが淫行逮捕!

小出恵介の淫行報道が冷めやらぬ6月14日に、同じく未成年への淫行の疑いで逮捕されたボーカルユニット「LE VELVETS」(ル ヴェルヴェッツ)のメンバー・黒川拓哉容疑者。逮捕容疑は昨年9月、川崎市内のホテルで当時15歳の中学3年生女子.. 続きを読む

前川前次官が「官邸から内閣府の天下り隠蔽を指示された」と証言! 文科省だけ天下り摘発は加計問題抵抗官僚への報復

前川前次官が「官邸から内閣府の天下り隠蔽を指示された」と証言! 文科省だけ天下り摘発は加計問題抵抗官僚への報復

「総理のご意向」文書を"本物"と証言して以降も、さまざまなメディアで数多くの証言を続ける前川喜平・前文科事務次官だが、さらなる衝撃的証言が飛び出した。それは、前川氏が事務次官を辞任するきっかけとなった「文科省天下り」に関す.. 続きを読む

「クイズの女王」宮崎美子がバッシングされる意外な理由

「クイズの女王」宮崎美子がバッシングされる意外な理由

宮崎美子のイメージといえば、やはり“クイズの女王”。「熊本大学法学部の出身で、中高時から成績優秀。伝説のクイズ番組『クイズダービー』でレギュラー解答者を務め、それ以後も『タイムショック』『Qさま!!』『熱血!平成教育学院』.. 続きを読む

たかみな×AERA初の女性編集長が語る、理想の働き方

たかみな×AERA初の女性編集長が語る、理想の働き方

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。6月13日(火)の放送では元「AERA」編集長で、現在はBUSINESS INSIDER JAPAN統括編集長の浜田敬子さんが登場。女性の生き方、働き方につい.. 続きを読む

櫻井よしこ、竹田恒泰が森友学園からもらった金は? 籠池前理事長が極右文化人の「高額講演料」を暴露! 

櫻井よしこ、竹田恒泰が森友学園からもらった金は? 籠池前理事長が極右文化人の「高額講演料」を暴露! 

加計学園問題にメディアの注目が集まり、最近、報道が下火になっている感のある森友学園問題だが、今週、興味深い証言が出てきた。森友学園問題追及を牽引した著述家・菅野完氏が「週刊朝日」(朝日新聞出版)6月16日号に寄稿。そのなか.. 続きを読む

滝沢秀明「週刊朝日」表紙登場 撮り下ろし満載

滝沢秀明「週刊朝日」表紙登場 撮り下ろし満載

滝沢秀明が、「週刊朝日」2017年6月23日号(6月13日発売・朝日新聞出版)に登場する。端整な顔立ちと洗練された佇まい。35歳になってますます魅力を増した滝沢を、週刊朝日が撮り下ろし。白いソファーにもたれてまどろむ姿、ピンクの薔薇.. 続きを読む

小原正子の夫婦エピソードはなぜ笑えない? “モラハラ夫”と“認められたい妻”の構図

小原正子の夫婦エピソードはなぜ笑えない? “モラハラ夫”と“認められたい妻”の構図

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。<今回の芸能人> 「好きな女やから、こんだけ直してあげよう思うんちゃ.. 続きを読む

世界的デザイナー佐藤オオキが語る「笑っていいとも!」の似顔絵コーナーの舞台裏

世界的デザイナー佐藤オオキが語る「笑っていいとも!」の似顔絵コーナーの舞台裏

クリエイティブ系のお仕事をされている方なら、知らない方はいないと思います。日本を代表するデザインオフィス「nendo」を率いる佐藤オオキ様。デザイナーとして活躍する佐藤オオキ様はなんと!常時、約400もの案件を同時進行させている.. 続きを読む

乃木坂46秋元真夏&高山一実「週刊朝日」表紙初登場、インタビューもたっぷり

乃木坂46秋元真夏&高山一実「週刊朝日」表紙初登場、インタビューもたっぷり

乃木坂46の人気メンバー、“まなったん”こと秋元真夏と、“かずみん”こと高山一実が、朝日新聞出版発行の「週刊朝日」2017年6月16日号(6月6日発売)の表紙とグラビア、インタビューに初登場することが分かった。清楚な美少女ぶりで、アイ.. 続きを読む

実は平成世代に人気。『昭和酒場』はディープな大人の出会いの場

実は平成世代に人気。『昭和酒場』はディープな大人の出会いの場

トシちゃんこと、田原俊彦さんが11年ぶりにメジャー復帰するとニュースになりました。他にも最近、桜田淳子さんの一夜限りの復帰や、昨年末には中森明菜さんのディナーショーなど、昭和のスターがちょっと世の中を騒がしています。バブル.. 続きを読む

朝日新聞東京本社『今から始める 妊活女子の漢方レッスン』開催

朝日新聞東京本社『今から始める 妊活女子の漢方レッスン』開催

妊活についてそれぞれの分野の専門家が講演朝日新聞出版は、週刊朝日MOOK「心とからだを整える 本格漢方2017(3月28日発売)」の出版を記念して「妊活」をテーマとした漢方講演会『今から始める 妊活女子の漢方レッスン』を朝日新聞東京本.. 続きを読む

阿川佐和子が結婚発表も作家タブーでふれられない「相手との不倫関係」! そんななか当の阿川が手記で...

阿川佐和子が結婚発表も作家タブーでふれられない「相手との不倫関係」! そんななか当の阿川が手記で...

エッセイストでテレビの司会としてもお馴染みの阿川佐和子が17日、元大学教授の男性と結婚したことが、所属事務所から発表された。これまで数々のお見合い失敗談を開陳するなど、"結婚できない独身キャラ"を前面に出してきた阿川の熟年結.. 続きを読む

『ゴジラ対ヘドラ』坂野義光監督の死を悼む...貫いた原発と戦争への怒り、「ゴジラ映画でも自衛隊のドンパチは描かない」

『ゴジラ対ヘドラ』坂野義光監督の死を悼む...貫いた原発と戦争への怒り、「ゴジラ映画でも自衛隊のドンパチは描かない」

●シリーズ屈指の異色作『ゴジラ対ヘドラ』に込められたメッセージ今月7日、1971年公開『ゴジラ対ヘドラ』の監督・脚本や、2014年公開ギャレス・エドワーズ監督によるハリウッドリメイク版『GODZILLA ゴジラ』のエグゼクティブプロデュー.. 続きを読む

室井佑月が共産党・小池晃に説教!?「共産党はネットの使い方が下手すぎ」「ネトサポに対抗する組織つくれ」

室井佑月が共産党・小池晃に説教!?「共産党はネットの使い方が下手すぎ」「ネトサポに対抗する組織つくれ」

日本共産党書記局長・小池晃参院議員を迎えてお送りしている室井佑月の連載対談「アベを倒したい!」。前編では、森友問題はもちろん、安倍政権による北朝鮮危機の政治利用や共謀罪強行、2020年新憲法施行宣言の批判で意気投合、「安倍首.. 続きを読む

“重婚ストーカー”中川俊直議員に橋本マナミが示した「ある興味」とは

“重婚ストーカー”中川俊直議員に橋本マナミが示した「ある興味」とは

本音トークが支持を集めるTOKYO MXの情報番組「バラいろダンディ」。夜のワイドショーとして主婦層にも人気だが、4月27日の放送では、レギュラー出演者の橋本マナミが「意味深発言」を繰り出して注目を集めている。問題発言があったのが.. 続きを読む

【注意】エスカレートする『鬼嫁』問題…プロが教えるタイプ別鬼嫁対策

【注意】エスカレートする『鬼嫁』問題…プロが教えるタイプ別鬼嫁対策

あるテレビドラマの中に出てくる『鬼嫁』が火をつけたのか?今、ネットや雑誌で『都道府県別鬼嫁ランキング』が話題になっているのをご存知ですか? 週刊朝日 2017-02-14 発売号 Fujisan.co.jpよりそんな『鬼嫁』に対してどう接したら良.. 続きを読む

アンジャッシュ渡部建との新居は“地元”秋田に!? 佐々木希、仕事量セーブで「スローライフ」移行か

アンジャッシュ渡部建との新居は“地元”秋田に!? 佐々木希、仕事量セーブで「スローライフ」移行か

お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建と結婚した女優の佐々木希が、近い将来、仕事をセーブして出身の秋田県に戻るのではないかというウワサがある。ファッション誌の編集者によると「彼女は以前からスローライフ願望があって、何年か前.. 続きを読む

「ひよっこ」23話「笑っちゃおう」は人生の叫びだ

「ひよっこ」23話「笑っちゃおう」は人生の叫びだ

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月~土 朝8時~、BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~)第4週「旅立ちのとき」第23回 4月28日(金)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:黒崎博23話はこんな話いよいよ、東京に出発する前日、み.. 続きを読む

「24時間戦えますか。」は“ブラック”だったのか?リゲインと栄養ドリンクの時代

「24時間戦えますか。」は“ブラック”だったのか?リゲインと栄養ドリンクの時代

「アスパラエース」で、やり抜いてますか。こんばんは、バブル時代研究家のDJGBです。残業時間の上限規制、プレミアムフライデー、テレワーク、最低時給1500円…“働き方改革”に関するニュースを耳にすることが増えています。こうした話題.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。