覚醒剤の最新情報

覚醒剤 に関するニュース検索結果   437件

記事画像

わんこにBB弾60発、痛ましい姿に悲しみや怒り

わんこの体に、60発以上のBB弾や空気銃の弾が撃ち込まれたというニュースが伝えられている。米インディアナ州に暮らすヘイデンさんは、息子と一緒にイングリッシュ・マスティフのジャクソンを連れて散歩していた。その時、ふと体に穴が、.. 続きを読む

記事画像

清原和博 最大支援者の“自死”に涙の悔恨!(3)将来の不安を吐露した清原

「あの日は閉店後、朝4時過ぎまでスタッフと食事を共にしていました。泥酔こそしていましたが、股間を剃り上げたことを自慢するなど、ぶっ飛んだ調子で、周囲も『いつもどおりだ』と気にも留めていませんでした。しかし、帰宅後、連絡が.. 続きを読む

記事画像

清原和博 最大支援者の“自死”に涙の悔恨!(2)デッドボールのよけ方指南

「清原の支援者」といえば、証人として出廷し、「支えていきたい」と表舞台で表明したプロ野球評論家の佐々木主浩氏(49)が思い浮かぶ。だが、実際に寄り添っていたI氏とは、公判日まで面識すらなかったという。「『何かあったら何でも.. 続きを読む

記事画像

清原和博 最大支援者の“自死”に涙の悔恨!(1)見返りを求めないサポート

判決から1年がたってなお、厳しい薬物断ちの現実と、重い糖尿病との闘いがのしかかっている清原和博をさらなる試練が襲った。逮捕以降、多くの人たちに見捨てられていく中、物心ともに支え続けてくれた最大の支援者が突然みずから命を絶.. 続きを読む

記事画像

覚せい剤精製所で飼われていたニシキヘビが薬物依存症のためリハビリ施設に入院 / 更生に7カ月もかかる

人気海外ドラマ『ブレイキング・バッド』により、世界中に知られるところとなった薬物メタンフェタミンは、覚せい剤の一種で精製の際に有毒なガスが発生する。そんな、メタンフェタミンの精製所で飼われていた2メートルもあるニシキヘビ.. 続きを読む

記事画像

Aさんの急死で清原和博氏がいよいよヤバイ――。血糖値は即入院レベル、依存症治療も放棄

「いよいよ、ヤバイ状況になってきた」そうこぼすのは、芸能関係者だ。2016年6月に覚醒剤取締法違反で懲役2年6月(執行猶予4年)の有罪判決が確定した元プロ野球選手の清原和博氏が失意のドン底にいる。「後見人」「弟分」と呼ばれた男性.. 続きを読む

記事画像

自民党現役衆議院議員「薬物逮捕」Xデーの核心!(1)関係のあった女性の逮捕で…

森友学園問題で揺れる永田町が、自民党の国会議員の“シャブ逮捕”情報で激震している。新たな爆弾の炸裂で政権は窮地に陥るのか。火消し工作に躍起となる「画策」の全貌を全て書く!「西日本選出の自民党現職衆議院議員Xが、薬物の取締法.. 続きを読む

記事画像

「代謝を上げると痩せる」ってホント? 専門家に聞いてきました

代謝は上げられる、ただし…。「冬太り解消にこの運動」やら「○○を食べて痩せる!」やら、今の世の中ダイエットに関する広告とかニュース記事を見ない日はありません。その中でよく魔法の杖のように登場するのが、「代謝を上げる」的なフ.. 続きを読む

記事画像

相次ぐ薬物問題は氷山の一角!? 薬と性の切っても切り離せない関係とは?

2016年、世間を大きく騒がせた、著名人らの薬物問題。2月に元プロ野球選手の清原和博氏が覚醒剤で、6月に元俳優の高知東生氏も覚醒剤で、10月には元女優・高樹沙耶氏が大麻で逮捕されました。11月にはCHAGE and ASKAのASKA氏が覚醒剤で再.. 続きを読む

記事画像

C.W.ニコル実娘が“父は知らない”「転落人生」の闇真相を獄中告白

環境保護を訴える「ナチュラリスト」として知られる作家のC.W.ニコル氏(76)の愛娘であるニコル・亜莉紗被告(31)が、逮捕されたのは2月7日のこと。事件発覚から1カ月がたった今、新たな“疑惑”が浮上した。「亜莉紗さんは大阪の西成に.. 続きを読む

記事画像

星野源、今度は前科者役で主演 「最もだらしなくて好きになれない役」

人気沸騰中の星野源が、今夏放送のWOWOW「連続ドラマW プラージュ」に主演することが分かった。本作は、誉田哲也氏の小説をドラマ化した涙とユーモアにあふれたエンターテインメントミステリー。旅行代理店の営業マン貴生(星野)は32歳.. 続きを読む

記事画像

酒井法子、ファンミ開催も「テレビ復帰」遠い――元夫・高相祐一は「懲役1年の実刑判決」

歌手としてデビューして31年目を迎えた酒井法子(46)の新作アルバム『NORIKO BOX』が、3月15日に発売される。なんと、CD7枚にDVDが付いて1万9,940円。普通のアルバムの約6倍の値段だ。1カ月前の2月14日、酒井は自身の46回目の誕生日を.. 続きを読む

記事画像

敏いとう「俺が見てきた芸能界薬物汚染40年」の闇真相(3)清水健太郎は病気だから治らない

トシ坊(元フォーリーブス・江木俊夫)も一度、捕まってるよな。彼とは「トシ坊」「敏さん」という間柄。子分です。今でも電話ありますよ。トシ坊もカネに苦労してね。人を紹介したこともありましたけど、女の酒にクスリこっそり入れてた.. 続きを読む

記事画像

小倉優子は2位!これぞ「男運が悪い芸能人」気の毒ランキング

小倉優子が夫のカリスマ美容師・菊地勲と3月3日に離婚したことが話題になっています。夫の不倫疑惑に加え、“料理まずい発言”やキャバクラ通いに、ついに堪忍袋の緒が切れたようですね。小倉優子のように、元夫や彼氏に不倫されたり、モラ.. 続きを読む

記事画像

清水富美加のとばっちりを受けたロンブー淳の杞憂

(C)まいじつ清水富美加が2月17日、千眼美子の名義で告白本『全部、言っちゃうね。』(幸福の科学出版)を発売し、大きな反響を呼んだ。このことに関連して落ち込んでいたのが『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳だ。この日は昨年、覚せい.. 続きを読む

記事画像

楽天、覚せい剤取締法違反で逮捕の社員を懲戒解雇

楽天は21日、覚せい剤取締法違反と関税法違反の容疑で逮捕された社員・畑中邦夫容疑者を懲戒解雇にすると発表した。畑中容疑者は、覚醒剤を台湾から密輸入したとして、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)などの容疑で警視庁に逮捕された.. 続きを読む

記事画像

【必見】元薬物中毒者・田代まさし氏がネット生放送で激白 / おかえりなさいが「コカイン買いなさい」に聞こえる

プロ漫画家のインターネット生放送に、元薬物中毒者の田代まさし氏が出演し、大きな注目を集めている。現在、田代氏は薬物の恐ろしさを世間に伝える活動をしているという。今回は、漫画家が「覚醒剤の恐ろしさを視聴者に伝えたい」という.. 続きを読む

記事画像

元巨人・橋本清氏、デーブ大久保氏の居酒屋でバイト中

“所在不明”だった巨人OBの姿が、サラリーマンで賑わう東京・新橋の居酒屋で見られるようになったのは昨年の10月頃。常連客が興奮気味に言う。「ビックリしました! お店のTシャツを着たデカい中年男性が“生ビールです”って運んで来た。.. 続きを読む

記事画像

ASKA、執行猶予中にテレビ出演! 逮捕タレントに寛容になる“視聴率優先”主義の業界

歌手のASKA(58)が、警視庁に覚醒剤取締法違反(使用)で逮捕されたのは、昨年の11月だった。その直前、ASKAはブログに「先日、僕の方から被害届けを出したのです。被害の内容は、想像して下さい。すると、逆に疑われてしまいまして、尿.. 続きを読む

記事画像

「ブツは森に隠せ、猫は頼りにするな」麻薬取引の最新トレンドはトレジャーハンティング形式

さあ始めよう、人生を賭けたゲームを(...決して推奨はできないが)。ここ数年、ARG(Alternate Reality Game, 代替現実ゲーム)と呼ばれるリアル世界を舞台にしたゲームが世界的に流行している。日本国内では、2012年前後から謎を解きな.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。