藤山寛美の最新情報

藤山寛美 に関するニュース検索結果   11件

センスで生きてる俺は天才だって思ってるのって凄いダサい『笑いのカイブツ』ツチヤタカユキの覚醒

センスで生きてる俺は天才だって思ってるのって凄いダサい『笑いのカイブツ』ツチヤタカユキの覚醒

「たぶん、以前の僕が読んだら、絶対全否定すると思います」『笑いのカイブツ』を上梓した、ツチヤタカユキさんインタビューの後編です。1日2000個のボケを出し続けたことの副作用や、ツラい日々を支えた存在、そして、全てをさらけ出す.. 続きを読む

韓国で汚職を取り締まるために「おごり禁止法」が施行

韓国で汚職を取り締まるために「おごり禁止法」が施行

(C)Shutterstock韓国で“おごり”が禁止される。9月28日から施行された『不正請託及び金品授受の禁止関係法』のためだ。マスコミと私学教員を、この法律に含むかどうかに焦点が当てられていた。だが、審議した憲法裁判所は今年7月に合憲.. 続きを読む

「松本人志は後輩に1億円おごった!?」芸人たちの太っ腹伝説

「松本人志は後輩に1億円おごった!?」芸人たちの太っ腹伝説

ビヨンセのダンスモノマネ芸でブレイクし、ぽっちゃりファッション誌のモデルとしても活躍しているお笑いタレントの渡辺直美(28)は月収が数百万円あっても極端な散財癖があり、給料日前には常にすっからかん。基本、計画性がないため、.. 続きを読む

志村けん「『マンネリ』は俺にとっては悪い言葉じゃない」

志村けん「『マンネリ』は俺にとっては悪い言葉じゃない」

志村けん、66歳。言わずと知れたお笑い界の大御所である。『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)は今年で12年目の長寿番組。『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)は先日、30周年を迎えた。左団扇──と言うと語弊があるかもしれない.. 続きを読む

たこ焼きだけじゃない!美味しいモノだらけの大阪。新世界やあべのハルカスなど、新旧の観光スポットも盛りだくさん!

たこ焼きだけじゃない!美味しいモノだらけの大阪。新世界やあべのハルカスなど、新旧の観光スポットも盛りだくさん!

ディープな新世界のシンボル・通天閣やユニバーサルスタジオジャパン、海遊館をはじめ見どころ満載。特に日本有数の高層ビル・あべのハルカスは最新の観光スポット。また、天下統一を果たした豊臣秀吉が築城した大阪城擁する大阪城公園は.. 続きを読む

注目は“F1牛”。牛肉と焼肉に関するそうなんだ!情報

注目は“F1牛”。牛肉と焼肉に関するそうなんだ!情報

8月29日は焼肉の日だ。この記念日を活用し、何らかのキャンペーンを実施する焼肉屋もあることだろう。となると、我々はありがたくそのキャンペーンにのっかり、店に足を運べばいいだけだが、それだけではつまらない。ここはいくばくかの.. 続きを読む

藤山直美と渡辺いっけいが名作舞台『おもろい女』に挑む!会見では森光子への想いも

藤山直美と渡辺いっけいが名作舞台『おもろい女』に挑む!会見では森光子への想いも

昭和初期に活躍した実在の天才漫才師、ミス・ワカナと彼女に寄り添う玉松一郎の半生を描いた舞台『おもろい女』。ちょうど半世紀前の1965年にテレビドラマとして誕生した本作は、当時、森光子と藤山寛美が「ワカナ・一郎」を演じ、大好評.. 続きを読む

稀代の遊び人、藤山寛美の仕事術が詰まった名言とは

稀代の遊び人、藤山寛美の仕事術が詰まった名言とは

魂を揺さぶる言葉がある。人生に立ち止まったとき、新たな人生に挑むとき、心を奮い立たせる言葉がある。人生の逆境にあるときこそ、耳を傾けたい言葉がある。それは、ドン底から這い上がった傑物たちの、哲学が象徴された言葉、すなわち.. 続きを読む

藤山直美と渡辺いっけいが夫婦役に!『おもろい女』9年ぶりに復活!

藤山直美と渡辺いっけいが夫婦役に!『おもろい女』9年ぶりに復活!

2012年に亡くなった女優・森光子の舞台『放浪記』に次ぐ代表作の『おもろい女』が、9年ぶりに復活を果たすことになり、1月15日(金)製作発表会見が行われた。本作は、昭和初期に大活躍した実在の漫才師ミス・ワカナが、夫であり相方でも.. 続きを読む

藤山直美が感激! 上方の喜劇王・故藤山寛美いきつけの浅草の隠れた名店

藤山直美が感激! 上方の喜劇王・故藤山寛美いきつけの浅草の隠れた名店

8月1日放送の「ぴったんこカン★カン」(TBS系、毎週金曜夜7時56分)では、「藤山直美さんと行く 居酒屋もへじツアー」と題して、女優の藤山直美さんとアナウンサーの安住紳一郎さんが浅草にある「酔い虎」(東京都台東区)を訪れた。  .. 続きを読む

TBS
現代の大衆演劇ブームを語る 「劇団花車」姫京之助、姫錦之助インタビュー

現代の大衆演劇ブームを語る 「劇団花車」姫京之助、姫錦之助インタビュー

江戸時代以前にまでルーツを遡ることができ、見方によっては日本最古のエンターテイメントとも言える大衆演劇。 芝居、舞踊、歌謡などさまざまな演目でお客を楽しませ、お見送りでは親しく言葉を交わし握手や写真撮影にも応じるなど、近.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。