萩本欽一の最新情報

萩本欽一 に関するニュース検索結果   151件

記事画像

最低視聴率と最高配信数の矛盾にあえぐ"月9" - 30年の歴史と未来を読み解く

●視聴率30%台も連発20日の放送で月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)が終了した。同作は「月9史上最低視聴率の更新」がたびたびネットニュースに取り上げられ、全話平均も6.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)のワース.. 続きを読む

記事画像

欽ちゃんが引退を考えた瞬間とは!? 長野五輪の司会を振り返る

萩本欽一が、2月17日(金)19時から放送される『ドラマちっくニュース~ドラマを見ればニュースがわかる!』(日本テレビ系)内のコーナー「世にも奇妙な昔話」に登場することがわかった。同番組は、「世にあふれるニュース番組や新聞で.. 続きを読む

記事画像

萩本欽一「おヒョイさんは僕が一番尊敬する芸能人」

1月25日、「おヒョイさん」の愛称で親しまれた俳優・藤村俊二さんが心不全のため死去した。藤村さんは振付師として活動したのち、ドラマやバラエティーなどで俳優やタレントして幅広く活躍。体調不良で、2015年10月に担当していた『ぶら.. 続きを読む

記事画像

欽ちゃんが独自の“テレビ論”を披露!

ことし創刊35周年を迎える週刊ザテレビジョンでは、これを記念して、テレビ界に多大な功績を残したトップクリエーターたちのインタビュー連載「テレビの開拓者たち」がスタート。週刊ザテレビジョン2月1日(水)発売号掲載の第2回には、’80.. 続きを読む

記事画像

『山田孝之のカンヌ映画祭』第4話 理不尽な要求が「大手映画会社・東宝」の“本音”をあぶり出す!?

どこまでが本気なのか、俳優・山田孝之が突如プロデューサーとなりカンヌ映画祭受賞をめざすと言いだした。モデルとなる実在の猟奇殺人鬼役に、いきなり芦田愛菜を連れてきて度肝を抜き、監督を任せたはずの山下敦弘を振り回す。前回、映.. 続きを読む

記事画像

春風亭昇太が「テレビ界を制圧する日」

パッと見は気弱な独身メガネ落語家。しかし、彼には人を魅了する魔力と、とてつもない才能が潜んでいた――。列島に、ひと足早く春が訪れた。落語家・春風亭昇太(57)が八面六臂の活躍を見せているのだ。昨年5月、日曜夕方の国民的番組『.. 続きを読む

記事画像

欽ちゃん&香取慎吾『仮装大賞』はるな愛が「鼻でめっちゃホリデー」

萩本欽一と香取慎吾が司会を務める特別番組『欽ちゃん&香取慎吾の第94回全日本仮装大賞』(日本テレビ系)が、1月21日(土)19時から放送される。一般の視聴者がひとつの作品をゼロから作り上げて披露する『仮装大賞』。第94回は、応募.. 続きを読む

記事画像

“野球女子”も稲村亜美に奪われ……「真剣交際」強調でもビッチ感定着の片岡安祐美、芸能界に居場所ナシ!?

萩本欽一が創設したクラブ野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」で選手兼任監督を務める片岡安祐美が、5歳年下の元プロ野球選手で、現在はラーメン店店主の小林公太さんと真剣交際していることが7日付のスポーツニッポンで報じられた。20.. 続きを読む

記事画像

歌うま家族が集結&司会の東MAXは愛娘と進行!?

BSフジでは、’17年1月2日(月)に「新春スペシャル!オールスター家族対抗歌合戦」(夜7:00-9:55)を放送。萩本欽一が司会を務めた「オールスター家族対抗歌合戦」('72年~’86年、フジテレビ系)が30年ぶりに特番として復活した2回目の放.. 続きを読む

記事画像

宴会芸の定番「野球拳」 本来の姿は負けても脱がない

宴会芸の代名詞「野球拳」には、意外な歴史があった──。多くの人がイメージするのは、「野球~す~るなら~」の掛け声で始まり、「アウト! セーフ! よよいのよい」でジャンケン、そして負けたほうが1枚ずつ服を脱いでいくゲームでは.. 続きを読む

記事画像

創立70年の浅草ロック座 VRでは感じられぬリアルの迫力

岩戸の奥に隠れた天照大神を誘い出すため、裸になって踊った天鈿女命(あめのうずめのみこと)──神話を持ち出すまでもなく、元来日本人はストリップに寛大である。興行としてのストリップが誕生した経緯は諸説あるが、戦後間もない日本国.. 続きを読む

記事画像

関根勤&小堺一機“サイコロ”ものまねライブを披露

関根勤と小堺一機が、12月5日放送の『SMAP×SMAP15分拡大スペシャル』(フジテレビ系列、毎週月曜22:00~)の人気コーナー「ビストロSMAP」にゲスト出演。小堺が32年に渡りMCを務めた『ごきげんよう』でお馴染みのサイコロを使った“ものま.. 続きを読む

記事画像

PPAPの元ネタは荒井注!?「昭和の爆笑ギャグ」プレイバック

若い頃、涙を流して笑った名作ギャグ。今でも、あのフレーズを聞けば、青春の日々がよみがえってくる!2016年初冬、最も熱いギャグは、ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」だろう。ガラの悪そうな金ピカの衣装でリズムネ.. 続きを読む

記事画像

褒めないジャニー氏に「YOU!良かったよ」と言われた逸材

今年でデビュー30周年を迎えた元CHA-CHA木野正人(47)。現在は地元・静岡を拠点にダンスアーティストとして活動中だ。10月16日には、静岡県藤枝市の『クリスタル』でライブを行なった。1986年に少年隊の『STRIPE BLUE』のバックダンサー.. 続きを読む

記事画像

紅白歌合戦の紅組司会者を巡って有働由美子アナと高畑充希が一騎打ち

今年の大みそかの『NHK紅白歌合戦』の紅組司会をめぐり、NHKの有働由美子アナウンサー(47)と、同局で朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主役を演じた女優の高畑充希(24)が、火花を散らしているという。「10月6日付のスポーツ紙で.. 続きを読む

記事画像

『踊る大捜査線』君塚良一監督が語る、テレビの現状を描いた“喜劇”とは?

大ヒットシリーズ『踊る大捜査線』を手掛けた君塚良一の監督最新作『グッドモーニングショー』が、10月8日より全国公開。このほど君塚監督にインタビューを行い、朝のワイドショーを舞台に描いたコメディ作品に込められたテーマや、今の.. 続きを読む

記事画像

中井貴一、テレビ業界の裏側から感じる“開き直り”の意味とは?

10月8日より全国公開される映画『グッドモーニングショー』で主演を務める俳優の中井貴一にインタビュー。初挑戦となるキャスター役への取り組み方や、テレビ業界の裏側を描いた作品のテーマなどについて語っていただいた。本作は、『踊.. 続きを読む

記事画像

てれびのスキマ×太田省一特別対談「芸人はなぜ、“最強”になったのか?」

日テレ『スッキリ!!』加藤浩次、フジ『ノンストップ!』設楽統、あるいは、日テレ『Going! Sports&News』上田晋也など、いまや芸人が情報番組やスポーツ番組の“顔”を務めることは珍しくなくなった。テレビだけではない。政治、文学、芸.. 続きを読む

記事画像

イジリー岡田「片岡鶴太郎は最悪」下ネタ嫌いを告白

9月22日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に、イジリー岡田(52)が出演。「高速ベロ」など、下ネタ芸人の印象が強いが、本当は下ネタが嫌いだった、と告白する場面があった。番組中盤、「本当は下ネタが大嫌いなイジリー」と.. 続きを読む

記事画像

イジリー岡田が「下ネタ嫌い」を告白 意外に深い「仕事の流儀」

(画像は公式プロフィールのスクリーンショット)若者たちに絶大な人気を誇ったお色気番組『ギルガメッシュないと』(テレビ東京系)のレポーターとしてブレイクしたイジリー岡田。AV女優のお宅訪問や寝起きドッキリなどが有名で、現在で.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。