菊地直子の最新情報

菊地直子 に関するニュース検索結果   15件

記事画像

差別、でっちあげ、抗争扇動、真相隠ぺい...犯罪・事件報道でマスコミが犯した"7つの大罪"

安倍政権による安保法制が大きな注目を浴び、近年にないほど政治的関心が高まった2015年。しかし一方で、凶悪な犯罪や悲惨な事件も相次いだ。特に目を引いたのが少年少女が被害者・加害者になるケースだ。メディアの報道も過熱したが、そ.. 続きを読む

記事画像

無罪菊地直子への補償金 最低でも123万円、満額で1538万円

11月27日、特別指名手配されていたオウム真理教・元信者の菊地直子被告(44才)に「無罪」が言い渡された。この判決に対し「怒りを感じる」と語気を強めるのは検察サイドだ。今後、検察が上告して最高裁で争われる可能性も残っているが、.. 続きを読む

記事画像

TOKYO[5weeks]TOPICS 11/21~12/27

Last 3weeks11月21日◆経団連が就活6月解禁決定◆日本相撲協会の北の湖敏満理事長が死去。62歳11月22日◆大阪府知事・大阪市長のダブル選で大阪維新が圧勝◆川崎Fの大久保が史上初の3年連続J1得点王◆大相撲九州場所で日馬富士が7度目のV11月2.. 続きを読む

記事画像

菊地直子無罪の理由 オウム信者取り調べ経験持つ弁護士解説

20年前の3月、地下鉄にサリンを撒いた集団は、同じ年の5月、都庁に爆弾を送りつけた。爆弾製造のための薬品を運んだ罪に問われたのは、“走る爆弾娘”の異名を持っていた元信者の44才女性。17年の逃亡生活を経た彼女に下された判決は、「無.. 続きを読む

記事画像

菊地直子被告と交際していたAさん「簡単には離れられない」

“走る爆弾娘”と異名をとったオウム真理教の元信者・菊地直子被告が11月27日、東京・小菅の東京拘置所から釈放された。薄いグレーのセーターにパンツ、サンダル姿で、ゆったりとルーズ感のある渋いピンク色のインナーを合わせていた。目深.. 続きを読む

記事画像

オウム真理教・菊地直子「無罪判決」でわかった井上死刑囚の嘘! 証言の背後に性愛への嫌悪と検察シナリオ

オウム真理教元信者・菊地直子氏の無罪判決に衝撃が走っている。一審では実刑判決だったものが、一転高裁で無罪。これだけでも当局にとって衝撃だが、しかし理由はそれだけではない。一審有罪の根拠となった教団幹部で死刑囚の井上嘉浩死.. 続きを読む

記事画像

【元オウム信者】菊地直子が逆転無罪に!

オウム真理教の元信者・菊地直子被告(43)に、東京高裁は無罪を言い渡­した。1審での懲役5年を覆した形になる。   画像出典:YouTube(ANNnewsCH) 菊地被告は1995年に東京都庁で起こった郵便物爆弾事件で、爆弾の原料を運んだとして、.. 続きを読む

記事画像

元オウム真理教・菊地直子被告に無罪判決

オウム真理教の元信者で、東京都庁郵便物爆破事件に関し殺人未遂幇助の罪で裁判が行なわれていた菊地直子被告(43歳)に、東京高裁で行なわれていた控訴審で無罪判決(1審では懲役5年)が言い渡されたことが報じられています。 ▼関連リ.. 続きを読む

記事画像

上祐史浩氏 麻原彰晃死刑執行後の「後追い自殺」発生を危惧

地下鉄サリン事件発生から20年。東京拘置所に収監されている教祖・麻原彰晃(松本智津夫・死刑囚)だが、「死刑執行のXデー」は着実に迫りつつある。一部の法務省関係者からは1995年5月16日に麻原を逮捕した節目の今年5月16日に、死刑執.. 続きを読む

記事画像

麻原彰晃 死刑執行のXデーとして逮捕日の5月16日説も浮上

地下鉄サリン事件発生から20年。東京拘置所に収監されている教祖・麻原彰晃(松本智津夫・死刑囚)だが、この4~5年、三女・アーチャリーも含め誰も面会できていないという。  現在の麻原の情報が秘匿される一方で、「死刑執行のXデー」.. 続きを読む

記事画像

【コラム 江川紹子】慰安婦と捏造

【1月14日、さくらフィナンシャルニュース=東京】■植村隆氏 文春と西岡教授を提訴元韓国人慰安婦の証言を紹介した記事について「捏造」と繰り返し非難を受け、名誉を傷つけられたなどとして、朝日新聞元記者の植村隆氏(北星学園大非常勤.. 続きを読む

記事画像

【コラム 江川紹子】共犯者供述の危うさ、日本版「司法取引」は新たな虚偽をうむ?

【11月25日、さくらフィナンシャルニュース=東京】■共犯者の自白で逮捕・起訴され無罪 やはり、共犯者供述は危うい…。「共犯者」の自白によって逮捕・起訴された男性を、無罪とする判決が出たと聞いて、そう再認識した。 報道によれば、.. 続きを読む

記事画像

【コラム 江川紹子】拘置所内の写真撮影が逃走や罪証隠滅の恐れ?----刑務官が弁護士を脅す「常識」とは

【11月10日、さくらフィナンシャルニュース=東京】■精神鑑定の請求に備えた撮影が咎められる 拘置所で弁護士との面会中の被告人が、目がうつろで焦点が定まらない。精神鑑定の請求など、今後の弁護活動に備えて、弁護士がその状況を撮影.. 続きを読む

記事画像

【コラム 江川紹子】藤井美濃加茂市長収賄容疑事件:俄然「やる気」の裁判長、またもや検察の権威失墜か

【10月27日、さくらフィナンシャルニュース=東京】■崩れゆく中林証言の信憑性収賄罪に問われた藤井浩人・美濃加茂市長の裁判(名古屋地裁刑事6部・鵜飼祐充裁判長)が、異例の展開を見せている。24日に行われた被告人質問で実質審理は終了.. 続きを読む

記事画像

元オウム菊地直子被告の「17年逃亡」は刑の重さにどう影響するのか

地下鉄サリン事件などに関与したとみられ、特別指名手配されながら、17年間逃亡し、2012年に逮捕された菊地直子被告。6月初旬に行われた裁判で、検察側は「17年間逃亡して社会に不安を与えた。刑事責任は重大だ。」と懲役7年を求刑しまし.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。