菅原文太の最新情報

菅原文太 に関するニュース検索結果   114件

天才テリー伊藤対談「谷 隼人」(4)一味違う健さんも観たかったんです

天才テリー伊藤対談「谷 隼人」(4)一味違う健さんも観たかったんです

テリー もう一つ、僕が健さんに対して不満があったのは、以前、松方弘樹さんから「健さんは長ゼリフが大嫌いだった」と聞いたことがあるんですよ。共演して、健さんに長ゼリフがあると「お前、ここからここまで(代わりに)言ってくれ」.. 続きを読む

美輪明宏が古き良き時代のシャンソンの魅力を語る! 名曲の数々が堪能できる音楽会『美輪明宏の世界』がこの秋開幕

美輪明宏が古き良き時代のシャンソンの魅力を語る! 名曲の数々が堪能できる音楽会『美輪明宏の世界』がこの秋開幕

毎年のように開催している恒例の美輪明宏の音楽会が今年は心機一転、『美輪明宏の世界~シャンソンとおしゃべり~』にタイトルを改め、新たなプログラムで登場する。“古き良き時代のシャンソン”の名曲の数々が、「1曲ごとに、まるで映画.. 続きを読む

【テレビの開拓者たち / 西田二郎】未来のテレビに必要なのは“間違える勇気”

【テレビの開拓者たち / 西田二郎】未来のテレビに必要なのは“間違える勇気”

大胆なリニューアルを繰り返し、20年以上を経た現在も新鮮な面白さを届け続けているダウンタウンの代表番組のひとつ『ダウンタウンDX』('93年~日本テレビ系)をはじめ、伝説の“視聴率に挑戦”企画などで知られる「EXテレビ」('9.. 続きを読む

一晩で2000万!? 東映スターの「豪快伝説」

一晩で2000万!? 東映スターの「豪快伝説」

6月6日に、昨年他界した俳優・松方弘樹の「お別れの会」が都内で行われた。生前の松方は酒豪などの数々の逸話を残したが、それは「東映」という映画会社の伝統を継承したものでもあった。世の男たちがシビれ、憧れた東映スターたちの衝撃.. 続きを読む

『オワリカラ・タカハシヒョウリのサブカル風来坊!!』 バーザムの真実に迫る&岡本英郎全仕事史インタビュー後編

『オワリカラ・タカハシヒョウリのサブカル風来坊!!』 バーザムの真実に迫る&岡本英郎全仕事史インタビュー後編

ロックバンド『オワリカラ』のタカハシヒョウリによる連載企画『オワリカラ・タカハシヒョウリのサブカル風来坊!!』。毎回タカハシ氏が風来坊のごとく、サブカルにまつわる様々な場所へ行き、人に会っていきます。第十回となる今回は、.. 続きを読む

小学生が吉永小百合を知らなくても、あき竹城は熟知しているワケ

小学生が吉永小百合を知らなくても、あき竹城は熟知しているワケ

「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)や「炎の体育会TV」(TBS系)、「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)などに出演しているタレントのあき竹城。このほかにも、バラエティーの“おばさん枠”として欠かせない存在.. 続きを読む

明石家さんまら大物芸人が山口組幹部と密接交際の過去発掘

明石家さんまら大物芸人が山口組幹部と密接交際の過去発掘

山口組分裂のニュースが巷を騒がせているが、かつて、明石家さんま(61)や間寛平(67)といった、そうそうたる芸人たちが、山口組と深い交流をしていたことを物語る写真の数々が発掘され、話題を呼んでいる。これらの写真が掲載されてい.. 続きを読む

「ゴールデン街」最古参マスターが述懐する59年(3)「酒と会話で憂さを晴らす」

「ゴールデン街」最古参マスターが述懐する59年(3)「酒と会話で憂さを晴らす」

ゴールデン街は、その雰囲気に引かれ、多くの著名な作家、ジャーナリスト、編集者といった文筆業関係者だけでなく、映画監督や劇団の演出家、男優、女優、モデルなどが通った。常連客だった中上健次氏は芥川龍之介賞、佐木隆三氏は直木三.. 続きを読む

80代からが人生の黄金期だ「八名信夫」(1)80代にして初めての監督に

80代からが人生の黄金期だ「八名信夫」(1)80代にして初めての監督に

「旅番組のレポーターでお婆ちゃんたちにインタビュー。その中の一人に『ただ生きてたってしょうがないよ。人の役に立つ生き方をしなきゃいかん。それが長生きの秘訣だ』と言われたんです。自分を見透かされているようで、その時は堪えま.. 続きを読む

プロの書き手はここが違う「ネットにない情報の探し方」近藤正高×米光一成

プロの書き手はここが違う「ネットにない情報の探し方」近藤正高×米光一成

雑誌『テレビブロス』に「ウィキ直し!」というコーナーがある。Wikipediaのページをその本人に見せ、訂正や補足を自筆で書き込んでもらうのだが、毎回びっしりと訂正が書き込まれていて驚く。すぐに情報が手に入るネット検索だが、信憑.. 続きを読む

高倉健と菅原文太の“意味”を浮かび上がらせる『一故人』生きる指針に

高倉健と菅原文太の“意味”を浮かび上がらせる『一故人』生きる指針に

ここ数年、好きな人(著名人)が立て続けに死んでいく。私だけの感傷じゃないはずだ。2016年に限定しても、デヴィッド・ボウイ、プリンス、モハメッド・アリ、永六輔、千代の富士らがいなくなってしまった。「伝説が同じ時代を生きている.. 続きを読む

『SRサイタマノラッパー~マイクの細道~』第3話 ノスタルジーとの決別、新将軍としての旅立ち!

『SRサイタマノラッパー~マイクの細道~』第3話 ノスタルジーとの決別、新将軍としての旅立ち!

本州最北端の町・青森県大間で再会を果たしたIKKU(駒木根隆介)、TOM(水澤紳吾)、そしてMIGHTY(奥野瑛太)の3人は、伝説のラップグループ「SHO-GUNG」を再結成することに。第3話となる今回は、大間を後にして3人が“生ぬるい青春”リセ.. 続きを読む

故・鈴木則文監督 座右の銘は「下品こそ、この世の花」

故・鈴木則文監督 座右の銘は「下品こそ、この世の花」

「照明はまんべんなく当てて、人物に影は作らない。ピントも奥まで合わせて画面に深みを出さない。そのほうがどっちもバカに見えるだろ?」そう言って、東映の監督・鈴木則文は呵々大笑したという。芸術作品など糞くらえ、観客が喜んでナ.. 続きを読む

渡瀬恒彦を偲ぶなら「鉄砲玉の美学」がイチバン!

渡瀬恒彦を偲ぶなら「鉄砲玉の美学」がイチバン!

映画評論家・秋本鉄次が往年の名作傑作を探る『昔の映画が出ています』作品目『鉄砲玉の美学』ATG/1972年監督/中島貞夫出演/渡瀬恒彦、小池朝雄、杉本美樹ほか今年に入り、松方弘樹に続いて渡瀬恒彦も斃(たお)れた。ともに70代前半.. 続きを読む

「おんな城主 直虎」今川義元、死す(10年ぶり11回目)歴代大河ドラマ、この「桶狭間の戦い」が凄い

「おんな城主 直虎」今川義元、死す(10年ぶり11回目)歴代大河ドラマ、この「桶狭間の戦い」が凄い

今年に入ってから、日曜の夕方は「笑点」に続けて、NHKのBSプレミアムでの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の先行放送(総合テレビでの放送より早い、いわゆる「早虎」)を見るのが私の習慣となっていた。いずれの番組とも春風亭昇太が出.. 続きを読む

松方弘樹 大御所スターでありながら「可愛い後輩」だった

松方弘樹 大御所スターでありながら「可愛い後輩」だった

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、2017年1月21日に脳リンパ腫で亡くなった、故・松方弘樹さんが、かつて共演した大御所俳優について語った言葉をお届けする。* * * .. 続きを読む

ビートたけし「なぜオイラは凶悪犯を立て続けに演じたか」

ビートたけし「なぜオイラは凶悪犯を立て続けに演じたか」

映画監督として世界で名を馳せるビートたけし氏だが、「役者」としての評価も高い。『ソナチネ』『アウトレイジ』など自身の監督作に数多く主演しているほか、テレビドラマにもたびたび出演し強烈な存在感を残している。2017年中に放送予.. 続きを読む

文太、松方、千葉、梅宮ほか『仁義なき戦い』シビれる名言集

文太、松方、千葉、梅宮ほか『仁義なき戦い』シビれる名言集

1973年1月13日、映画『仁義なき戦い』(深作欣二監督)が公開され、圧倒的な人気を呼んだ。シリーズ5作品は公開から40年以上が経った今も、ソフト化作品の人気がまったく衰えていない。その最大の魅力は、脚本家・笠原和夫が書き、男盛り.. 続きを読む

松方弘樹、昭和スターの「意外な素顔」

松方弘樹、昭和スターの「意外な素顔」

1月21日、俳優の松方弘樹さんが脳リンパ腫のため亡くなった。享年74。「入院したのは昨年2月。腫瘍が脳幹に近かったため、摘出手術も難しく、抗がん剤と放射線治療で病気と闘っていました。入院当初は仕事に復帰する気満々で、“退院した.. 続きを読む

松方弘樹の追悼番組でも出せない……「ヤクザ映画」をめぐるテレビの厳しい現状とは

松方弘樹の追悼番組でも出せない……「ヤクザ映画」をめぐるテレビの厳しい現状とは

故・高倉健、菅原文太の訃報の際と同様、1月21日に脳リンパ腫のため亡くなった俳優・松方弘樹(享年74)の追悼番組においても、ヤクザ映画は徹底的に外されている。松方といえば『仁義なき戦い』シリーズはもちろん『北陸代理戦争』『県.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。