筒井康隆の最新情報

筒井康隆 に関するニュース検索結果   111件

記事画像

筒井康隆氏「これからの人生はニュースを見て過ごす(笑い)」

日本で「死に方」の議論が過熱している。これまでタブー視されてきた「安楽死」の“解禁論”も叫ばれ始めた。作家・筒井康隆氏(82)が、月刊誌『SAPIO』(小学館刊)に寄稿した論考「日本でも早く安楽死法を通してもらうしかない」(2017.. 続きを読む

記事画像

筒井康隆vs長尾和宏対談 安楽死と尊厳死の違いとは

日本で「死に方」の議論が過熱している。これまでタブー視されてきた「安楽死」の“解禁論”も叫ばれ始めた。作家・筒井康隆氏(82)が、月刊誌『SAPIO』(小学館刊)に寄稿した論考「日本でも早く安楽死法を通してもらうしかない」(2017.. 続きを読む

記事画像

安楽死望む筒井康隆氏、日本尊厳死協会の長尾和宏氏と対談

日本で「死に方」の議論が過熱している。これまでタブー視されてきた「安楽死」の“解禁論”も叫ばれ始めた。作家・筒井康隆氏(82)が、月刊誌『SAPIO』(小学館刊)に寄稿した論考「日本でも早く安楽死法を通してもらうしかない」(2017.. 続きを読む

記事画像

【著者に訊け】木下昌輝氏 『敵の名は、宮本武蔵』

【著者に訊け】木下昌輝氏/『敵の名は、宮本武蔵』/KADOKAWA/1600円+税二刀流、とはいっても、あの大谷クンではない。その元祖代名詞的存在、宮本武蔵玄信、幼名弁助が、本書の主人公たちの、さらに敵役という趣向である。木下昌輝著.. 続きを読む

記事画像

昔から作品に触れるときは、ストーリー以上に時間や空間、身体性などを追う ------アノヒトの読書遍歴:清水節さん(前編)

編集者、映画評論家、クリエイティブディレクターとして活動している清水節さん。映画情報サイト「シネマトゥデイ」でコラムや映画評論、映画誌「FLIX」などでコラム執筆を行うなど、映画に関する企画・編集・執筆・批評・出演活動をして.. 続きを読む

記事画像

安楽死について知ることは自らの「逝き方」を考える第一歩

80歳になる知り合いの老人がぽつりとこう口にした──「俺は本当はもう安楽死したいんだよね」切羽詰まった表情ではない。しかし冗談めいた口調でもない。昨年、老人はがんの摘出手術を受けた。手術自体は成功したが、術後の体力低下は著し.. 続きを読む

記事画像

筒井康隆氏「日本でも早く安楽死法案通してもらいたい」

「安楽死で逝きたい」。橋田壽賀子氏が文藝春秋(2016年12月号)で公言して以降、「尊厳ある死」を巡る議論が喧しい。今年83歳を迎える作家・筒井康隆氏はどう考えるか。* * * 認知症になって家族に迷惑をかけ長く生きるよりは早く.. 続きを読む

記事画像

「時をかける少女」福岡でリバイバル上映決定 コラボカフェ&オフィシャルショップもオープン

(C)「時をかける少女」製作委員会 2006 細田守監督の劇場アニメ「時をかける少女」が、福岡でリバイバル上映されることがわかった。ユナイテッド・シネマキャナルシティ13で、2月18~24日の一週間限定で上映される。同作は、筒井康隆氏.. 続きを読む

記事画像

福岡の人気劇団が4都市ツアーを開催中!

'05年の旗揚げからずっと、ワンシチュエーションコメディーを展開してきた福岡の劇団・万能グローブ ガラパゴスダイナモスが'16年12月から年をまたいで4都市ツアーを開催中。初めての熊本、ホームの福岡を経て、1月7日(土)より.. 続きを読む

記事画像

プロデューサーが語る『時をかける少女』10周年への想い“10年間、ありがとうございました”

細田守監督による劇場版アニメ「時をかける少女』が、2006年に公開されてから10周年を迎えた。これを記念して、大阪のシネマート心斎橋では11月26日から12月2日(金)まで、同作のデジタルニューマスター版がリバイバル上映される。初日に.. 続きを読む

記事画像

【アニメコラム】アニメライターによる2016年秋アニメ中間レビュー

2016年秋の新作アニメの総数は、あにぽた調べによると75本。脳トレで鍛えたワーキングメモリーも悲鳴を上げる大ボリュームだ。さらに分割2クールという人間の記憶力を過信した放送スケジュールや、突如挟まる総集編および特番によって、.. 続きを読む

記事画像

【“時かけ”10周年記念連載 第4回】筒井康隆「本当に孝行娘」 時を超えて愛される作品へ

今年で公開から10周年を迎えた映画『時をかける少女』(06)。東名阪でのリバイバル上映やアニバーサリーBOX発売などで盛り上がる“時かけ”、その制作の裏側に迫るミニトークショーが7月23日に行われた。トークの内容をお届けする連載第4回(.. 続きを読む

記事画像

【“時かけ”10周年記念連載 第3回】貞本義行をホテルに軟禁!?キャラデザ苦労話

今年で公開から10周年を迎えた映画『時をかける少女』(06)。東名阪でのリバイバル上映やアニバーサリーBOX発売などで盛り上がる“時かけ”、その制作の裏側に迫るミニトークショーが7月23日に行われた。トークの内容をお届けする連載第3回.. 続きを読む

記事画像

【“時かけ”10周年記念連載 第2回】紆余曲折!現代版『時をかける少女』誕生秘話

今年で公開から10周年を迎えた映画『時をかける少女』(06)。東名阪でのリバイバル上映やアニバーサリーBOX発売などで盛り上がる“時かけ”、その制作の裏側に迫るミニトークショーが7月23日に行われた。トークの内容をお届けする連載第2回.. 続きを読む

記事画像

“中の人”に聞く!『時をかける少女』10th Anniversary Blu-ray BOXの魅力と「今だから言える10年前の話」

今年2016年7月15日に公開から10年を迎えた細田守監督の『時をかける少女』。11月25(金)には「10th Anniversary BOX(Blu-ray)」が発売される。今回は特別企画として、同作の製作に関わり、現在は株式会社KADOKAWAの代表取締役専務である井.. 続きを読む

記事画像

『時かけ』スタッフ語る細田守監督のバイタリティ「画が表現している」

筒井康隆の同名小説をアニメ化した『時をかける少女』が2006年に公開されてから10周年を迎えた。それを記念した、10th Anniversary BOX(ブルーレイ)が11月25日(金)に発売される。発売日を前に11月11日、テアトル新宿で同作のリバイバル上.. 続きを読む

記事画像

人気作家たちは永遠の敵「〆切」にどう苦しみ、どう対応したのか? 逃亡、言い訳、謝罪、逆ギレ、開き直り...

「仕事」とは〆切や納期との戦いであり、それはどんな職種でも同じことなのだが、数ある仕事のなかでも特にその戦いが壮絶なもののひとつが作家である。そんな作家たち約90名が綴った〆切破りの言い訳を集めた『〆切本』(左右社)が最近.. 続きを読む

記事画像

黒猫と、吉祥寺のアンダーグラウンドな古本屋。この組合せもう完璧!

以前、この連載で取り上げた吉祥寺で、たまたま出会った古本屋「すうさい堂」。店主こだわりの選書は、ディープ、この世の闇を感じるものが多い。そんな店の趣に似合いすぎる黒猫が一匹。看板猫「ヂル」だ。▲吉祥寺の駅から歩いて5分程度.. 続きを読む

記事画像

第7回「山田風太郎賞」受賞作は塩田武士『罪の声』に決定!

過去一年間で「最も面白い」と評価されたエンタテインメント小説に贈る文学賞、「山田風太郎賞」の選考会が2016年10月21日(金)に行われ、選考委員である奥泉光、京極夏彦、筒井康隆、林真理子、夢枕獏の審査により、第7回候補作品の中.. 続きを読む

記事画像

「ゼーガペインADP」、下田正美監督インタビュー【予習編】

2006年に全26話がテレビ放送された、サンライズのロボット・アニメ「ゼーガペイン」。 当初はDVDの売り上げもかんばしくなかったが、ファン投票によって、放送から4年後にBlu-ray化が実現。10年目となる今年、ついにテレビ版の映像に新規.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。