笑点の最新情報

笑点 に関するニュース検索結果   425件

記事画像

<藤原さくら、ポンキッキーズ収録現場潜入>初レギュラーに抜擢!相方・春風亭昇々「ぴょんぴょん飛んでるような女の子」

【藤原さくら・ポンキッキーズ/モデルプレス=3月28日】歌手で女優の藤原さくらが、4月2日より番組「ポンキッキーズ」(毎週日曜あさ8:00~、BSフジ)の進行役として番組レギュラーに抜擢。モデルプレスは、同じく進行役を務める落語家.. 続きを読む

記事画像

関西のスター月亭八光、東京ではほぼ「誰?」

落語家でタレントの月亭八光(39歳)が、3月22日に放送されたバラエティ番組「ナカイの窓」(日本テレビ系)に出演。関西では知らない人はいないと言われる超人気者の八光だが、番組MCの中居正広(44歳)に「顔も名前も全く知らない」と.. 続きを読む

記事画像

「生で見たいテレビ番組」ランキングを発表!日曜夜は強し?

(monkeybusinessimages/iStock/Thinkstock)ハードディスクレコーダーやブルーレイが普及し、画質を落とすことなく録画視聴するスタイルが当たり前になった。それでも、やはり「生で見たい」という番組もあるはず。しらべぇ編集部が全.. 続きを読む

記事画像

「笑点」三遊亭好楽が座布団10枚獲得!昇太司会後で初快挙

日本テレビの演芸番組「笑点」(日曜後5・30)が19日放送され、大喜利で落語家の三遊亭好楽(70)が座布団10枚を獲得。春風亭昇太(56)が司会を務めてから初となる快挙達成となった。 司会の昇太が景品について「番組の演芸時間に、笑.. 続きを読む

記事画像

泰葉が語る「笑点メンバーの意外な一面」とは

“爆笑王”として知られる初代林家三平(1925~1980)は、4人の子どもをのこした。長女・海老名美どり、次女・泰葉、長男・九代目林家正蔵、次男・二代目林家三平。錚々たる芸能一家の中でも、父の才能を最も色濃く受け継いだ、と評される.. 続きを読む

記事画像

体力に限界が来てそうだな~と思う芸能人ランキング

競争が激しい芸能界で長年活躍し続けている芸能人も少なくありません。しかし、世間からそろそろ体力の限界に近づいているのでは…と思われている人もいるようです。そこで今回は、体力に限界がきてそうな芸能人について探ってみました。1.. 続きを読む

記事画像

歌丸 引退検討…古舘に告白「お客さまに失礼なんじゃないか」

落語家の桂歌丸(80)が引退を検討していることが分かった。テレビ朝日の特別番組「古舘伊知郎ショー」(18日後8・58)で、フリーアナウンサーの古舘伊知郎(62)と対談し「(落語家を)やめようか迷っている」と告白した。今年1月に肺炎.. 続きを読む

記事画像

「おんな城主 直虎」今川義元、死す(10年ぶり11回目)歴代大河ドラマ、この「桶狭間の戦い」が凄い

今年に入ってから、日曜の夕方は「笑点」に続けて、NHKのBSプレミアムでの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の先行放送(総合テレビでの放送より早い、いわゆる「早虎」)を見るのが私の習慣となっていた。いずれの番組とも春風亭昇太が出.. 続きを読む

記事画像

子供に見せたくないテレビ番組は?定番の『ロンハー』と…

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)スマホの普及やコンテンツの多様化で、「テレビ離れが進んだ」とも言われるが、今でもリビングにテレビが置かれている家庭が多いだろう。家族で見ることも少なくないテレビ番組。しかし、中には「とて.. 続きを読む

記事画像

藤原紀香“大ボケ女優”目指して「エキスをちゅーちゅー吸いながら」

新橋演舞場にて6月より公開される「熱海五郎一座 新橋演舞場シリーズ第四弾 フルボディミステリー『消えた目撃者と悩ましい遺産』」の製作発表会に、座長の三宅裕司や、主演女優を務める藤原紀香らが登場した。毎年、新橋演舞場にて公演.. 続きを読む

記事画像

フジテレビ「負の連鎖」が止まらない“涙”内幕!(1)月9の企画がつまらなく断られた

80年代、「楽しくなければテレビじゃない」をスローガンに掲げ、ドラマやバラエティでヒットを連発したフジテレビ。それが今では「嫌いな局」の代表格となり、看板「月9ドラマ」は最低視聴率を更新と、負の連鎖が止まらない。放送されな.. 続きを読む

記事画像

ビートたけし「あの人気番組」を強烈批判

面白いだけでなく、視聴率も抜群。文句のつけようがない娯楽番組に、お笑いビッグ3の一人が喧嘩をふっかけた!国民的お笑い番組『笑点』(日本テレビ系)が、ますます絶好調だ。「稀勢の里が初優勝を飾り、横綱昇進を決めた大相撲初場所.. 続きを読む

記事画像

林家三平の「0枚フィニッシュ」は視聴者が注目している証拠

放送51年目を迎えた国民的長寿番組『笑点』(日本テレビ系)。昨年、新メンバーで再スタートしてからも絶好調は続いているが、今年に入って地上デジタル放送のメリットを十分に活かす画期的な「新システム」を導入した。だが、これが思わ.. 続きを読む

記事画像

笑点・林家三平がくらう公開処刑「0枚フィニッシュ」

放送51年目を迎えた国民的長寿番組『笑点』(日本テレビ系)。昨年、新メンバーで再スタートしてからも絶好調は続いているが、今年に入って地上デジタル放送のメリットを十分に活かす画期的な「新システム」を導入した。だが、これが思わ.. 続きを読む

記事画像

ある曜日が上位に集中!良質だと思うテレビ番組ランキング

いつからか「テレビ離れ」の言葉とともに、「テレビがつまらなくなった」と言われるようになった。たしかに、テレビを持たない若者が増え、次の日に学校や会社で話題になるほどの番組も少ない。一方で、Twitterのトレンドワードにテレビ.. 続きを読む

記事画像

日テレ、34週連続視聴率民放3冠を達成 - 90年代フジの最長記録抜く

日本テレビは、2月第4週(20~26日)で視聴率がゴールデン・プライム・全日の3冠を達成し、新記録となる34週連続の民放3冠を達成した。今回の記録は、昨年7月第1週(7月4~10日)から連続で記録しているもので、これまでは、フジテレビが1990.. 続きを読む

記事画像

日テレ対NHK対決 日テレは最終兵器「アイドルアナ」投入

3年連続視聴率三冠王の日本テレビの牙城にNHKが迫っている。2016年の全日(※朝6時から深夜24時までの間の平均視聴率)平均では0.9ポイント差と肉薄。視聴率競争とは無縁かと思われていたNHKだが、その差はわずかだ。NHKと日テレの“テレビ.. 続きを読む

記事画像

まだまだ続けて!終わってしまうと寂しいテレビ番組ランキング

かつては一家に一台どころか一部屋に一台とも言われ、人気の番組がたくさんあったテレビ。しかし、昔から人気のある番組でも、視聴率が落ちている番組は多い。さらに若者のテレビ離れは顕著で、テレビを持っていない暮らしをする人も増え.. 続きを読む

記事画像

桂歌丸「延命装置をつけるのは絶対やめようと妻と話した」

落語歴65年、御年80歳。桂歌丸の鼻から伸びたチューブはステージ後方にある酸素吸入器へと繋がれている。声にハリはあるがこの機材を用意しなければ、高座に上がれないこともまた事実だ。2006年に五代目三遊亭円楽の後を継いで『笑点』の.. 続きを読む

記事画像

落語家の時代劇悪役はなぜ怖いのか 春風亭昇太、小朝も

時代劇で落語家が演じる悪役ぶりが話題を集めている。NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』では、今川義元を演じる春風亭昇太が“怪演”と話題沸騰中。春風亭小朝もBS時代劇で演じる不気味な悪役で存在感を発揮している。彼らの“怖さ”の秘密.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。