田中絹代の最新情報

田中絹代 に関するニュース検索結果   28件

記事画像

『君の名は。』『シン・ゴジラ』らヒットの立役者が集結

2月15日、第71回毎日映画コンクール表彰式が行われ、ヒット作続出だった2016年の映画界を盛り上げた人々が多数出席した。登場したのは、『君の名は。』の新海誠監督、『この世界の片隅に』ののん、『セトウツミ』の中条あやみ、『シン・.. 続きを読む

記事画像

小芝風花、香川京子から引き継がれたバトンに感動!「こういう女優になりたい」

映画『天使のいる図書館』の初日舞台挨拶が2月18日にシネマート新宿で開催され、小芝風花、香川京子、森本レオ、ウエダアツシ監督が登壇。小芝が大先輩の女優、香川とのエピソードを明かし、「私もこういう女優になりたい!」と未来を見.. 続きを読む

記事画像

松原智恵子、女優56年目で「田中絹代賞」 「悪い役もやってみたい」とさらなる意欲を語る

「第71回毎日映画コンクール 表彰式」が15日、神奈川県川崎市で行われ、田中絹代賞を受賞した松原智恵子が登壇した。大女優・田中絹代さんの名前が付いた栄誉ある賞に、松原も「とてもうれしく思います」と感激。映画『ゆずの葉ゆれて』.. 続きを読む

記事画像

中条あやみ、演技での“新人賞”に感涙 海外進出も視野「イッツ・マイ・ドリーム」

「第71回毎日映画コンクール 表彰式」が15日、神奈川県川崎市で行われ、映画『セトウツミ』の演技で「スポニチグランプリ新人賞」に選ばれた中条あやみが登壇した。受賞の盾を手に、中条は「今月20歳になったのですが、この場を借りて、.. 続きを読む

記事画像

“リケジョ”市川実日子「九官鳥のように…」 『シン・ゴジラ』が3冠、毎日映画コンクール

「第71回毎日映画コンクール 表彰式」が15日、神奈川県川崎市で行われ、「日本映画大賞」を昨年大ヒットした『シン・ゴジラ』が受賞。代表して本作を手掛けた樋口真嗣監督が登壇した。手のひらを上に向けた“ゴジラポーズ”で登場した樋口.. 続きを読む

記事画像

毎日映画コンクール、大賞は『シン・ゴジラ』 アニメーション映画も健闘

1946年に開催されて以来、今回で71回目の「毎日映画コンクール」の受賞作品・受賞者が19日に発表され、日本映画大賞に『シン・ゴジラ』、日本映画優秀賞には『この世界の片隅に』が、アニメーション映画賞には『君の名は。』が受賞した。.. 続きを読む

記事画像

【冬休み映画2016-2017】映画館に入りびたり! この冬イチオシ特集上映

『溝口健二&増村保造映画祭 変貌する女たち』溝口健二、増村保造という昭和を代表する巨匠の映画を、女優に焦点を当て42本を厳選、一挙上映する大レトロスペクティブ。師弟関係にもあった2人は、ともに徹底した美学を持って女性を描き.. 続きを読む

記事画像

「この人に撮られたら一流」 早田雄二氏と名女優達の逸話

この人に撮られたら一流──戦前から戦後の復興期にかけて、女優たちの間でそういわれた名カメラマンがいた。大正時代に創立された映画世界社(当初は蒲田雑誌社)の専門誌『映画ファン』などで表紙やグラビアを撮り続けた早田雄二である。.. 続きを読む

記事画像

戦時中のAKB!? 兵士たちの心の支えだった「慰問雑誌」に見るアイドルの原点

毎日のようにメディアに登場し、ファンたちを虜にする「アイドル」。彼女たちのことを想い、グラビアが掲載された雑誌や関連商品を買い漁っているファンの姿に眉をひそめる人もいるだろう。しかし、アイドルへの愛情が辛い毎日を支える励.. 続きを読む

記事画像

「シン・ゴジラ」石原さとみを余計なお世話だが全力で擁護する

7月29(金)に公開されてから2週連続で全国映画動員ランキング1位となった「シン・ゴジラ」(庵野秀明総監督、樋口真嗣監督/東宝)がすこぶる評判がいい。とにかく面白い! 凄い! と口こみの勢い激しく、リピーターも後を絶たない(.. 続きを読む

記事画像

独身のヒロインの暗示か?「とと姉ちゃん」と小津安二郎映画の関係

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK 総合 月~土 朝8時~、BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~)第18週「常子、ホットケーキを作る」第108話 8月6日(土)放送より。 脚本:西田征史 演出:岡田健昭和25年(1950年)。キッチン.. 続きを読む

記事画像

ももクロ「喜びを全身で表現しました」 TSUTAYA映画ファン賞を受賞

「第70回毎日映画コンクール 表彰式」が16日、神奈川県川崎市で行われ、TSUTAYA映画ファン賞の日本映画部門を受賞した『幕が上がる』(本広克行監督)に主演したももいろクローバーZ(百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木.. 続きを読む

記事画像

綾瀬はるか&長澤まさみ“姉妹”で受賞 長澤「映画ではエロスを担当しました!」

「第70回毎日映画コンクール 表彰式」が16日、神奈川県川崎市で行われ、受賞者の綾瀬はるか、長澤まさみ、野田洋次郎、塚本晋也監督ほかが登壇した。女優主演賞は『海街diary』(是枝裕和監督)でしっかりものの長女を演じた綾瀬に、助.. 続きを読む

記事画像

野田洋次郎、初演技で新人賞を受賞 失敗しても「俺のせいでねーなと思って…」

「第70回毎日映画コンクール 表彰式」が16日、神奈川県川崎市で行われ、受賞者の綾瀬はるか、長澤まさみ、野田洋次郎、藤野涼子、塚本晋也監督ほかが登壇した。普段は4人組のロックバンドRADWIMPSでボーカルを務めている野田は『トイレ.. 続きを読む

記事画像

【東京国際映画祭】映画監督も羨む”才能”を厳選! 必ず観たい日本映画10本【2015年】

10月22日にいよいよスタートする「第28回東京国際映画祭」。今回は、特にグローバルな視野を持った日本映画を発信しようという傾向がみられます。その中から、特に注目の作品を新旧問わずピックアップしてみました。■監督の個性が光る“コ.. 続きを読む

記事画像

夏帆が“お墓参り”をする番組、掃苔人として故人の人物像に迫る。

女優の夏帆(24歳)が著名人の墓参りをする番組――。そんなドキュメンタリー番組「掃苔のすすめ ~お墓を巡る物語~」が、10月17日より3週にわたってWOWOWで放送される。「掃苔のすすめ」は、俳優、映画監督、文筆家などの墓参りを通じて.. 続きを読む

記事画像

夏帆「私らしいお墓を建ててもらうことに憧れる」

WOWOWプライムにて、10月17日(土)から3週にわたって俳優、映画監督、文筆家などの墓参りを通じて、故人の知られざる人物像を推察・検証していくドキュメンタリー番組「掃苔(そうたい)のすすめ~お墓を巡る物語~」(昼1:00-1:50)が放送さ.. 続きを読む

記事画像

戦争が終わったあとのもう一つの惨劇を描くノンフィクション

第二次大戦は1945年に終わるのだが、終わってすぐに平和が訪れたわけではない。混乱、飢餓、復讐の殺戮。新たな戦争というべき惨事が世界各地で起きた。  オランダ生まれ、アメリカで活躍する歴史家、イアン・ブルマの『廃墟の零年1945.. 続きを読む

記事画像

高須克弥 激やせアイドルに苦言「急激な体重減は汚くなる」

高須クリニック・高須克弥先生の連載がスタート。今回は特別編で、最近話題の「激やせアイドル、激太りアイドル」について伺いました。――モーニング娘。’15の鈴木香音が、2か月で12kg、A.B.C-Z橋本良亮が1か月半で15kgやせるなど、激やせ.. 続きを読む

記事画像

【著者に訊け】『「私の履歴書」──昭和の先達に学ぶ生き方』

【著者に訊け】石田修大氏/『「私の履歴書」──昭和の先達に学ぶ生き方』/朝日新書/780円+税  社内では「裏の看板企画」と、暗に呼ばれているとか。昭和31年の第1回、鈴木茂三郎(当時社会党委員長)以来、連載59年目に入った日本経.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。