片岡鶴太郎の最新情報

片岡鶴太郎 に関するニュース検索結果   190件

記事画像

話題騒然!「やすらぎの郷」上川隆也ら“オールスター”ゲスト判明

石坂浩二を主役に浅丘ルリ子、八千草薫、加賀まりこら日本を代表する大スターが顔をそろえ、昼の帯ドラマとしては驚異的なキャストの集結で話題を呼ぶ「帯ドラマ劇場 やすらぎの郷」(毎週月~金曜昼0.30-0:50、テレビ朝日系)より、新た.. 続きを読む

記事画像

『やすらぎの郷』に片岡鶴太郎・上川隆也・神木隆之介・清野菜名・向井理ら出演

俳優の石坂浩二が主演するテレビ朝日系ドラマ『やすらぎの郷』(毎週月~金曜12:30~12:50)に、片岡鶴太郎、上川隆也、神木隆之介、清野菜名、津川雅彦、冨士眞奈美、向井理らがゲスト出演する。同ドラマは、脚本家の倉本聰氏とテレ朝がタ.. 続きを読む

記事画像

倉本作品だから実現!昼ドラマ「やすらぎの郷」に豪華ゲスト続々

倉本聰氏(82)の脚本、石坂浩二(75)、浅丘ルリ子(76)、八千草薫(86)、加賀まりこ(73)ら豪華出演者で話題を集めているテレビ朝日のドラマ「やすらぎの郷」(月~金、後0・30)に、今後、豪華ゲストが続々と登場することになった.. 続きを読む

記事画像

牛尾刑事・片岡鶴太郎 セリフが多いのに寡黙な男の演じ方

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、片岡鶴太郎が「終着駅」シリーズで主人公の牛尾正直刑事を演じるにあたって監督から言われたこと、そして監督の演出イズムをどのように理.. 続きを読む

記事画像

片岡鶴太郎 『軍師官兵衛』で鼻を赤く塗った理由

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、モノマネ芸人としてキャリアをスタートした片岡鶴太郎が役者の道も歩むようになり、時代劇に出演するようになったときのことを語った言葉.. 続きを読む

記事画像

片岡鶴太郎 『座頭市』出演で勝新太郎から学んだこと

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、モノマネで知られるお笑い芸人として売れっ子になった片岡鶴太郎が、大林宣彦監督作品で映画に初出演したときのことを語った言葉をお届け.. 続きを読む

記事画像

窪田正孝&北村一輝、小田和正・長渕剛を熱唱!? NHKドラマでボディーガード役

4月8日午後8時15分からスタートするNHKのドラマ「4号警備」(全7回)の記者会見が東京都内で開かれ出演者の窪田正孝、北村一輝、阿部純子が登壇した。会見の中で窪田は激しいアクションシーンについて「肉体労働なので苦労しますが、いい.. 続きを読む

記事画像

憧れの桜名所 高遠の桜は4月中旬見頃

都内の桜は次々と花芽がほころんで、目に映る景色がどんどん春めいてきています。4月の上旬に見ごろとなる桜の名所が多い中、長野県では3月下旬も朝晩氷点下まで冷え込む日が多く、本格的な桜シーズンは4月中旬です。「天下第一の桜」と.. 続きを読む

記事画像

片岡鶴太郎が考えるモノマネと芝居、その共通点と違い

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、数々のモノマネで知られるお笑い芸人としてキャリアをスタートし、今では役者としても活躍する片岡鶴太郎が語った、モノマネと芝居につい.. 続きを読む

記事画像

さんまとしのぶは「現場でイチャイチャ」池上季実子『男女7人』秘話を語る

3月5日放送の『ウチくる!?』(フジテレビ系)に女優の池上季実子(58)が出演。1986年に放送された伝説のドラマ『男女7人夏物語』(TBS系)の秘話を明かした。池上はメインゲストである女優の賀来千香子(55)の友人として出演し、仲むつ.. 続きを読む

記事画像

「正気の沙汰じゃない」テレ朝、“激戦区”日曜朝に「2時間サスペンス」放送で絶体絶命?

1977年7月から放送開始し、約40年にわたって「2時間ドラマ」枠として視聴者に親しまれてきたテレビ朝日系の『土曜ワイド劇場』の“看板”が、3月をもって消えることが決まった。同局は昨年4月に「土曜ワイド劇場」を「土曜プライム」と名称.. 続きを読む

記事画像

石田ひかり、西田ひかると久々の再会 2ショットに「“リー&ルー”コンビ懐かしい!」

女優の石田ひかりが、1990年代にアイドル歌手として活躍していた西田ひかると何十年ぶりに再会したことをSNSで報告している。石田もアイドル歌手として活動していた時期があり、2人は10代の頃にバラエティ番組でレギュラーを務めていた。.. 続きを読む

記事画像

窪田正孝&北村一輝がNHKドラマでボディガードに!

4月8日(土)夜8時15分から、窪田正孝と北村一輝が出演する土曜ドラマ「4号警備」(NHK総合)がスタートすることが発表された。タイトルの“4号警備”は、警備業務の一つで“身辺警備”を意味する。窪田と北村は、民間の警備会社に勤務する警備員.. 続きを読む

記事画像

元SMAPの香取慎吾が新年に立てた「3つの誓い」

(C)まいじつジャニーズ事務所との契約が切れる9月で芸能界を引退が囁かれるも、一転して明るい表情を見せているのが元『SMAP』の香取慎吾(39)だ。「定期的にSMAPの“育ての親”である元マネジャーのI氏と連絡を取っており、仕事のアド.. 続きを読む

記事画像

サイゾーウーマンが勝手に表彰!! 2016年“タレントの衝撃的1枚”画像集

ブログやTwitter、インスタグラムなどのSNSに日夜アップされる芸能人のプライベート写真。たった1枚の写真がきっかけとなり、好感度がアップしたり、大炎上したりなど、その影響力は計り知れない。2016年は、浜崎あゆみがインスタグラム.. 続きを読む

記事画像

話題作だけが映画じゃない 年末年始お勧めの2016年公開邦画3本

2016年も多くの映画が公開され、『君の名は。』『シン・ゴジラ』『この世界の片隅に』など映画館離れと言われる中でも、大きな話題になった作品は少なくない。近年では個性的な作品が増えことで、邦画もさまざまなアプローチが生まれ、超.. 続きを読む

記事画像

世間にガタガタいわれる筋合いはねえ! 最後まで「デカダンス」要素が見当たらなかった『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』/最終話レビュー

第4話から追ってきた『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』(テレビ東京系)もいよいよ最終回となった。まずはこれまでのデカダンスの足跡を足早に振り返ってみよう。熱血ドラマ『漢!刑事泣き虫』に憧れ刑事となった辰屋すみれ(中村蒼)だ.. 続きを読む

記事画像

片岡鶴太郎演じる熱血刑事に憧れた男と憎んだ男『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』/第11話レビュー

『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』(テレビ東京)も残すところあと2回だ。これまでデカダンスが巻き込まれてきた数多のトラブルが、大手芸能事務所ライトニングボルト会長の進堂栄一(升毅)、俳優の吉光全(片岡鶴太郎)、警視庁特殊芸.. 続きを読む

記事画像

事の真相が判明。すべては薬物流通の罪を背負わされ自殺した父の敵討ちのためだった/『刑事ダンス』第10話レビュー

前回、全ての黒幕が裕也(大東駿介)であることを示唆するシーンで終わった『潜入捜査・刑事ダンス』(テレビ東京)。今回は期待通り畳み掛けるように真相が明かされた。数多のトラブルに巻き込まれながらもそれらを乗り越え、人気を確立.. 続きを読む

記事画像

PPAPの元ネタは荒井注!?「昭和の爆笑ギャグ」プレイバック

若い頃、涙を流して笑った名作ギャグ。今でも、あのフレーズを聞けば、青春の日々がよみがえってくる!2016年初冬、最も熱いギャグは、ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」だろう。ガラの悪そうな金ピカの衣装でリズムネ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。