江本孟紀の最新情報

江本孟紀 に関するニュース検索結果   123件

もはや老害? 大物OBたちの「巨人批判」

もはや老害? 大物OBたちの「巨人批判」

後輩たちを思えばこその“親心”でも度を越してしまえば大きなお世話。いささか過激で有名すぎる応援団はチームの勝利で黙らせるしかない!球団ワースト記録の13連敗以降もなかなか調子が上がらず、Bクラスを低迷する読売巨人軍。最大の原.. 続きを読む

「イチローVS大魔神」他、プロ野球“仮想対決”の結果は!?

「イチローVS大魔神」他、プロ野球“仮想対決”の結果は!?

セ・リーグとパ・リーグのチームが互いに激戦をくり広げるプロ野球交流戦が、大盛り上がりのうちに幕を閉じた。交流戦が2005年に開始されてからは、セ・パの「エース対主砲」という対決を頻繁に目にすることができるようになったが、それ.. 続きを読む

巨人、盟主復活へ「仰天の来季構想」

巨人、盟主復活へ「仰天の来季構想」

輝かしい伝統に13連敗という不名誉記録で泥を塗ったあげくに異例のGM交代劇へ。もう後がない名門球団の来季の構想とは?交流戦のさなか、13連敗という球団ワースト記録を更新した読売巨人軍に激震が走った。6月13日、不振の責任を取る形.. 続きを読む

好調・阪神、優勝への「最大の敵」

好調・阪神、優勝への「最大の敵」

タテ縞の若き戦士たちが、躍動し、“悲願のV”に突っ走るが、思わぬところに落とし穴が待ち構えている!?<12年ぶりVあるで~> デイリースポーツ紙の一面に景気のいい言葉が並ぶように、金本知憲監督率いる阪神の快進撃が止まらない。5月2.. 続きを読む

高知ファイティングドッグスはなぜマニー・ラミレスらの招聘に成功したのか? 梶田社長に聞いた

高知ファイティングドッグスはなぜマニー・ラミレスらの招聘に成功したのか? 梶田社長に聞いた

©sirabee.com野球ファンならご存知かもしれないが、高知県は春夏合わせて5回の甲子園優勝を誇る「野球県」だ。江本孟紀氏(元・プロ野球選手、現・野球解説者)や藤川球児投手(阪神タイガース)など、プロ野球選手も数多く輩出している.. 続きを読む

くすぶるTOKIO解散説②~「元凶」国分太一の勝手な振る舞い

くすぶるTOKIO解散説②~「元凶」国分太一の勝手な振る舞い

(C)まいじついま、『TOKIO』のなかで、周囲から浮いているのが国分太一で、それが解散説に拍車を掛けている。「国分というのは自分が目立つことにこだわります。しかし、疲れることは絶対に嫌がる。そのため、国分が自ら孤立していると.. 続きを読む

江本孟紀、暴言で現役引退…『しくじり先生』で明かされた“本当の理由”に驚き

江本孟紀、暴言で現役引退…『しくじり先生』で明かされた“本当の理由”に驚き

野球解説者の江本孟紀が、4月30日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系列、毎週日曜21:58~)に“上司にたてついて夢を諦めた先生”として登場。阪神時代に「ベンチがアホやから」と監督に暴言を吐き、現役引退をした.. 続きを読む

江本孟紀「ベンチがアホやから野球がでけへん!」引退後 34歳で無職無収入に

江本孟紀「ベンチがアホやから野球がでけへん!」引退後 34歳で無職無収入に

4月30日(日)放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に、元阪神タイガースの投手で野球解説者の江本孟紀が出演。「ベンチがアホやから野球がでけへん!」と暴言を吐き、ベンチに向かってグローブを投げつけ、阪神.. 続きを読む

大谷翔平「来季メジャーぶち壊し」5つの呪い

大谷翔平「来季メジャーぶち壊し」5つの呪い

順風満帆のはずだった野球人生に、初めての影が落ちる。球界の至宝は“試練”を跳ねのけ、チームとともに再びの栄冠と大願を成就できるか!?“球界の至宝”大谷翔平(22)と日本ハムファイターズが、試練の時を迎えている――。4月8日のオリック.. 続きを読む

新井、阿部、鳥谷ら、“おじさん選手”活躍それぞれの理由

新井、阿部、鳥谷ら、“おじさん選手”活躍それぞれの理由

散り際が美しい桜の季節が終わっても、いまだ「満開」の成績を残す男たちがいる。いずれも、“老境”にさしかかった選手たちである。今季のプロ野球の主役たちは、揃いも揃って「おじさん」ばかりだ。加齢とともに成績が残せなくなるのはス.. 続きを読む

故・松方弘樹と“絶縁19年”息子・仁科克基の思いにAKB横山由依も涙

故・松方弘樹と“絶縁19年”息子・仁科克基の思いにAKB横山由依も涙

4月23日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に、故・松方弘樹の息子である仁科克基が出演。父との絶縁について語った。子どもの頃は父の金を使いまくって、気楽に遊び呆けていたという克基。だが、高校時代に父母.. 続きを読む

大谷翔平 ケガで投げていないことをメジャーはプラス評価か

大谷翔平 ケガで投げていないことをメジャーはプラス評価か

日本ハムの指揮官・栗山英樹監督といえば、昨季は「1番・投手」で大谷翔平(22)を起用し、史上初の投手による先頭打者ホームランを演出するなど固定観念にとらわれない采配でファンを沸かせた。日本一という最高の結果も残した。栗山采.. 続きを読む

高慢すぎるTOKIOの「編集長」がBPO入り!あわや解散も

高慢すぎるTOKIOの「編集長」がBPO入り!あわや解散も

(C)まいじつ昨年来、ジャニーズ事務所所属のタレントに関する情報がかまびすしいなか、今度は『TOKIO』に解散説が出てきた。『SMAP』なきあと、TOKIOこそが看板となるべきグループのはずだが…。「ジャニーズ事務所は年功序列が厳しいで.. 続きを読む

江本孟紀、金村義明、岡田彰布がプロ野球順位予測に挑む

江本孟紀、金村義明、岡田彰布がプロ野球順位予測に挑む

プロ野球の順位予測は、いつものことながら難しい。名将・野村克也氏も「優勝は巨人。あとは……わからん」と苦笑いしながら答えるほどだ。その難問に、野球評論家の江本孟紀、金村義明、岡田彰布の3氏が挑んだ。「1位予想」の球団は、セ・.. 続きを読む

2017年プロ野球 筒香嘉智三冠王を予想する評論家

2017年プロ野球 筒香嘉智三冠王を予想する評論家

2017年プロ野球ペナントレースが幕を開けた。今年は、どんな大記録でファンをわかせる選手が出るのだろうか。野球評論家の金村義明氏は大谷翔平(22、日本ハム)を“打撃タイトルが狙える”と評したが、岡田彰布氏はDeNA・筒香嘉智(25)が.. 続きを読む

侍ジャパン 大谷抜きでも強かったです、ごめんなさい!

侍ジャパン 大谷抜きでも強かったです、ごめんなさい!

侍ジャパンの皆様へ。第4回WBCの激闘、お疲れさまでした。世界一奪還はなりませんでしたが、面白い試合ばかりでした。メジャーリーガー投手の不在、大谷翔平(22)の辞退、強化試合の惨敗……様々なメディアが本番前に不安を報じましたが、.. 続きを読む

妄想チーム「落ち武者ジャパン」外野に糸井嘉男、T.ローズら

妄想チーム「落ち武者ジャパン」外野に糸井嘉男、T.ローズら

熱戦が繰り広げられているWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)だが、今回の侍ジャパンは真面目でおとなしい。しかし、かつての日本プロ野球界には、「侍」の名に相応しい無頼たちがゴロゴロしていた。国際大会のような大舞台では.. 続きを読む

世界と戦うなら清原、黒ノリらで「落ち武者Japan」結成を

世界と戦うなら清原、黒ノリらで「落ち武者Japan」結成を

熱戦が繰り広げられているWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)だが、今回の侍ジャパンは真面目な分、おとなしく、侍というより“優等生ジャパン”といった趣だ。かつての日本プロ野球界には、「侍」の名にふさわしい無頼たちがゴロ.. 続きを読む

【プロ野球】堀北真希だけじゃない!? ダイビングキャッチに散った虎のスピードスターら、プロ野球界の電撃引退劇

【プロ野球】堀北真希だけじゃない!? ダイビングキャッチに散った虎のスピードスターら、プロ野球界の電撃引退劇

3月1日、女優の堀北真希が芸能界からの引退を発表した。トップ女優の突然の引退劇は世間を大きく騒がせた。この堀北真希の電撃引退のインパクトもさることながら、プロ野球の世界でも同等の、いや、それ以上の引退劇があったのはご存知だ.. 続きを読む

江本孟紀氏 プロ野球キャンプ絶好調報道「ええ加減にせぇ」

江本孟紀氏 プロ野球キャンプ絶好調報道「ええ加減にせぇ」

プロ野球のキャンプインから1か月。紅白試合が始まり、いよいよオープン戦へ向けて球界が盛り上がる一方で、スポーツ紙が“軌道修正”を始めるのもこの時期からだ。2月初旬に“絶好調”だったはずの選手がシーズン開幕時は一軍にいないことも.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。